2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

北陸本線ラストラン旅 新幹線乗継ぎ越後湯沢へ

 【23//2015】

2月14日

1月旅から4週間後のこの週末ダイヤ改正前最後の旅として
北陸本線ラストラン旅をしました。


いつものように5時39分発の一番の浜松行きに乗り
6時18分発のこだま702号で東に行きます。
この時期の朝6時は夜明け前の時間帯でした。
今の時期はもう明るくなってると思いますが冬の後半も
完全に明るくなるのは少し先なのかなと思いました。
DSC01611_convert_20150326003912.jpg


8時ちょうどに東京駅に着きまして正月旅以来
東日本の新幹線ホームにやってきました。
500系東海道無き後のホームは本当に見向きもしないというのが
俺の心境で速攻でこっちに来たのです。
DSC01620_convert_20150326005341.jpg


これから乗るのはMaxときのようですが今回は
いつもとパターンを変えて長野行きのあさま561号に乗ります。
去年先行デビューしたE7系がお相手であります。
場所的に微妙な画になりましたがお許し下さい(ごめんなさい)
DSC01619_convert_20150326005523.jpg


上野を出ると高架区間に入り途中ロッテのファーム球場である
浦和球場のネット後ろには富士山が見えました。
東北新幹線から富士山を見たのは初めてですが首都圏の
どまんなかでこんな風景が見れるなんて俺も信じられませんでした。
DSC01636_convert_20150326010549.jpg


この日の車内は東京からかなりの乗車があり
指定席は完売してました。
内装も明るい中に落ち着きのある雰囲気かなと思いました。
このことを考えると東海道新幹線がいかに単調で
あくびが出るような状況かがわかります。
DSC01630_convert_20150326005547.jpg


乗車時間は50分ほどで高崎に着き9:21発の上越新幹線
列車が来るまで自由に撮影することに。
DSC01650_convert_20150326010612.jpg


東京駅ではいい画が撮れなかったのでもう一度と思い
ここで良いのが撮れました。
近年の変てこな顔でなくシンプルな形状が採用されたことは
いいことですし青い色を入れたことで鼻の長さは短くなったものの
どことなく500系の面影を残してるように見えます。
しかしこの車両がこれから乗るほくほく線や北陸線半分に
引導を渡してしまうのは皮肉なことであり複雑な気持ちでした。
DSC01648_convert_20150326010703.jpg


コンコース一角には黒いだるまが設置されてました。
高崎もだるまが有名ですがこれで思い出されるのは
水曜どうでしょうの原付東日本制覇で起きた
「だるま屋ウィリー事件」ですね(爆)
あのシーンはどうでしょう祭りの名場面部門で堂々1位になった
語り継がれてくことでしょう。
DSC01656_convert_20150326011559.jpg


おおよそ30分後Maxときがやってきました。
隣のホームにはE2系が停まってましたが東北系が
E5系が増備されてこっちに転属される車両がこの何年かで
増えてきた証拠ですがMax号もうかうかしてられませんね。
DSC01657_convert_20150326011624.jpg


高崎出た時も青空でしたがここから長大トンネルが
連続する区間に入ります。
上越新幹線がどれだけ難工事をして乗り越えてきたかが
わかる瞬間に立ち会いながら上毛高原駅近辺の風景は
一転しまして白銀の世界が広がってました。
群馬県でも水上やこの先にある谷川岳はこんな景色だったのでしょうか。
個人的に上毛高原駅もいつか訪問してみたいですがいつのことか・・・。
DSC01658_convert_20150326011840.jpg



上毛高原を過ぎると22キロある大清水トンネルを過ぎ
越後湯沢駅に着きます。
ここではたくさんの乗客が降りました。そうです。
ちょうどこの時期はスキーシーズンの真っ最中で土曜の
行楽日にあたったので人混みを避けるため数分間ここにいました。
DSC01659_convert_20150326011905.jpg


新幹線ホーム越しの風景をみてもまさしく
トンネルを出たらそこは雪国であったという表現が
ストライクど真ん中に命中してるようですね。
DSC01660_convert_20150326012655.jpg



ホームの一角では配線員の人達が積もった雪を
除雪してました。越後湯沢の雪の量は半端ないですが
晴天の東京からここに来ると全く違う世界に来たなと感じます。
DSC01674_convert_20150326014246.jpg



別の場所から見ても雪の壁にその向こうの山もきれいに
見ることが出来て幸先のいい幕開けは出来たんだろうと思いました。
がこの数10分後に天候が激変しますがこれは次回お伝えしたいと思います。
DSC01679_convert_20150326015136.jpg



水上方面のこの表情はちょうど1年前と同じような
雪量でしたはこの時は降る前でしたのでホームが
雪壁状態になってたとはいえこの先が見れたのでよかったです。
DSC01680_convert_20150326015526.jpg


2月ラストラン旅は写真枚数最長更新の超大作ありで
ここから金沢でフィナーレをを迎える瞬間まで
どうぞお付き合いください。


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 上越新幹線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks