2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

北陸本線ラストラン-1 直江津~頚城トンネル

 【29//2015】

前回のつづき。


直江津駅にやってきて撮影し昼ご飯食べ終わり
いよいよラストラン旅の始まりを迎えようとしてました。


2000年に橋上駅化された時に登場した駅舎です。
豪華客船「飛鳥」をモチーフにしましたが優等列車の縮小により
今後どうなるか不安でありますが鉄道の町と言われ
長らく北陸線・信越線のジャンクションだったのが10キロ南にある
上越妙高駅に奪われ第二の小諸駅にならないか懸念されます。
DSC01736_convert_20150402013529.jpg


13:12発の普通列車にこれから揺られますがJRから分離され
この駅で金沢の行先が見れなくなったのは
本当に痛恨の極みでありこれこそ3セク移行の負の部分です。
DSC01739_convert_20150402023129.jpg


待ち構えていたのは単色の413系でした。
これ見た瞬間いきなりこれはないわ!(笑)と思いました。
兎にも角にも4週間前の朝は吹雪いてる中ホームに
北陸色が停まってたのが印象に残りこの時は
曇りながらも天気はちょっと回復に向かってた時でした。
DSC01740_convert_20150402013550.jpg


ホームからJR式の直江津駅名標ももしかしたら
これで見納めとなるのではと思いながら列車に乗り
最後の旅開始です。
DSC01743_convert_20150402015018.jpg


1月に県境から上越市内のホテルに向かうまで
強烈な吹雪に見舞われながら旅した信越本線と分かれ
湯殿トンネルへ向かいます。
DSC01744_convert_20150402015324.jpg



名物のえげつない轟音響かせトンネル出たら
日本海が出迎えてくれまして波はやや荒いものの
前月より幾分穏やかでした。
DSC01746_convert_20150402015627.jpg



谷浜駅出て直後は国道8号線と並走しながら
日本海の荒波とともに列車は西へ1駅づつ停まってくと
同時にカウントダウンが始まっていたのかと思いました。
DSC01748_convert_20150402015731.jpg



1年前訪問した有間川駅の駅名表には
JRのロゴが無くトキ鉄移行後もロゴだけ変えてこのまま
使うのではとこの場で推測出来ました。
DSC01754_convert_20150402015800.jpg



新幹線駅と同じホームレイアウトを持った名立駅のバックに
北陸自動車道高架橋が見えました。
この駅は両端がトンネルに挟まれてる駅であります。
DSC01755_convert_20150402015821.jpg



名立駅を出てすぐ11キロある頸城トンネルの中を通過中です。
北陸本線名物の一つであるえげつない轟音とMT54モーターの
ジャムセッションもこの旅で聞き納めです。
そこまでして全線複線の大幹線の北陸線を新幹線のために分離する必要あるのかと
今回の旅レポでは執拗なまでに言い尽くしてやりたい気持ちが
出まくりですが長い目で見ていただけば幸いであります。
DSC01756_convert_20150402015839.jpg


つづく


ランキング参加しています。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 日本海縦貫線 北陸本線

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。