2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

南海電車の小旅-2 南海本線 浜寺公園駅

 【17//2015】

前回のつづき。


難波駅から列車を乗り継ぎ浜寺公園駅にやってきました。
いろんな方がここに行かれたのを
ブログなどを通じ知ったのでいつか行きたいと思ってましたが
今回実現しました。
DSC02639_convert_20150604011053.jpg


2面4線のホームがありますが難波方面は変則的なレイアウトで
4番のりばは営業列車が来ないときはロープで立ち入りを制限されてます。
それにしても難波側のホームの長さはどことなく京阪淀屋橋のような
雰囲気を出してるように見えますね・・・。
去年お盆に訪問しましたがあそこもホームに入らなくなるとロープで
入場制限がかかります。
DSC02647_convert_20150604014843.jpg
DSC02652_convert_20150604020759.jpg



駅舎がある側のホームに列車がやってきました。
ここから見ても駅舎と思われる赤い屋根のインパクトが
強い駅であることが伺えます。
DSC02645_convert_20150604024528.jpg



和歌山市方面のホームの造りと言い
待合室のこった建物といい丸い飾り枠を見ると何となくですが
レトロな雰囲気を残してるのかなと・・。
ガラスの光とりを見ても今の味気ない造りにはない
何かが感じられますね。
DSC02640_convert_20150604024323.jpg
DSC02642_convert_20150604040625.jpg



なんば側にある桜の木は緑の葉が生えてきたのもありましたが
きれいな桜が咲いてる気がありました。
前日思ったより散ってて残念だった吉野山散策の分を少しだけ
取り返すことが出来たかなと・・・?
DSC02648_convert_20150604030101.jpg



駅舎のあるホームとは地下道で結ばれてますが
隣のホームに来たら木造の支柱が建ってまして
昔あった鉄道駅の源流を見てるようでした。
この反対側に臨時で使われてた木造ラッチの改札がありまして
かつて夏場の時期に海水浴客用の臨時改札として使われたのを聞きました。
DSC02655_convert_20150604041834.jpg



自動改札が2台しか設置されてませんが床がきれいに改装されたのを
除けば出来た時の雰囲気を残してるように見えますね。
DSC02657_convert_20150604032826.jpg




1907年に建てられた東京駅駅舎を設計した辰野金吾が
木造の洋風式駅舎が建ってます。
実はこれ彼が初めて設計に関わった記念の駅舎で現在も
こうして残ってますが高架化や橋上化によりどこでも見るか
JR東海チックな面白くない駅に変わってく中至宝ともいえる
私鉄最古の駅舎が1日も長く残ってほしいですが・・・。
DSC02662_convert_20150604033253.jpg
DSC02658_convert_20150604032844.jpg
DSC02656_convert_20150604031626.jpg



駅舎隣にある看板は堺市が推し進めてる立体交差事業です。
ただし用地確保が難航してるため当初予定より大幅遅れる見込みで
シールか何かで平成40年の文字が貼ってあります。
果たして浜寺公園駅の運命は如何に・・・。
DSC02663_convert_20150604033338.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 南海

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 南海 堺市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。