2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

初めての伊勢神宮

 【30//2015】

前回のつづき。

14年ぶりに降り立った宇治山田駅からバスに乗ってやって来たのは
初訪問の伊勢神宮であります。



入口といえばずばりこの宇治橋ですね。
この鳥居も一昨年の式年遷宮に合わせ綺麗に建て替えられました。
伊勢神宮の風景といえば最初のここであります。
DSC02822_convert_20150614084433.jpg



長さ101.8mの五十鈴川に架けられた橋は神宮に繋がる橋で
穏やかな流れを見ながら神苑(しんえん)へ向かいます。
DSC02823_convert_20150614084504.jpg



砂利道に入ると植松が迎えてくれまして広々とした道を
歩いていきます。
時の流れがここに入るとゆったりとしたような感じがしてきまして
それまでの急速さを忘れるような感じでした。
DSC02825_convert_20150614084847.jpg



宇治橋を渡り10分五十鈴川の流れを間近で見ることが出来る
お手洗い場(みたらし)にたどり着きました。
目の前の清流の風景に癒され正宮へ再び向かうことに。
DSC02827_convert_20150614084905.jpg



途中神楽殿がありお守りを受けられますがそれは
参拝後にとっておくことにしましてさらに森の深い所に向かいますが
周りの緑と木々の美しさにうっとりしながら先に向かいました。
DSC02830_convert_20150614084942.jpg



歩くこと20分程で古殿地にやってきました。
この正宮がおくにありますが撮影できるのはここまでです。
俺もこの画を撮りお参りをしました。
ここも木が新しくなって綺麗な印象を受けましたが
20年に1度行ってて次は2033年に完了のようですね。
この厳かな雰囲気を味わえたのが一番の収穫でした。
DSC02831_convert_20150614084959.jpg



お参り後神楽殿で御守りを購入し宇治橋に戻る途中
ある場所の小屋の中でギャラリーが出来ててみなさん写真に収めてましたが
中を見ると白く馬がいました。
馬と聞くと茶色か黒のイメージが強いですが
名前を見ると空勇号という名がついています。
DSC02834_convert_20150614085143.jpg
DSC02835_convert_20150614085200.jpg



滞在時間は大よそ45分でしたが参拝をし入口の宇治橋を渡り
いつの日かわからない再訪問する時までの御別れを伝え後にしました。
DSC02836_convert_20150614085254.jpg



このまま次に行くのは面白くないのでおはらい町にやってきました。
土曜日とあって人がいっぱいでした。
DSC02842_convert_20150614085323.jpg



下町っぽい風情あるお店を見ながらおかげ横丁に辿り着きました。
DSC02847_convert_20150614085348.jpg



ここは伊勢名物の一つである「赤福」本店です。
建物は明治時代から130年にわたって守り続けてきたのですが
年季の入りといい良い味出してる建物といった感じがして
店内から五十鈴川伊勢志摩で標高の高い朝熊山を望むことが出来ます。
そして忘れてはいけないのが水曜どうでしょうで
2011年の原付の旅の早食い対決が記憶に新しいですが
実はレギュラー放送時代の「サイコロ4」でここに来てます。
長野県の大町市からレンタカー借り夜通しで走り
ここまでやってきてお伊勢さんでお参りしたのは放送されましたね。
1993年の前回の式年遷宮から4年後の97年秋
先代の鳥居が建ってる時に訪問されたので
今となっては貴重な画を見れる機会かもしれません。
DSC02848_convert_20150614085625.jpg


横丁内には昔ながらの建物が立ち並んでますが
一角の店は洋風の建物が建っててカフェが営業してます。
DSC02857_convert_20150614085639.jpg



横丁の一角には風鈴がつけられてました。
この翌週は非常に熱く最高気温30℃以上記録し5月後半なのに
早くも真夏日を迎えてしまったのは記憶に新しい所です。
それにしても異常気象が続く中まさか30℃超えとは
おてんとさんもせっかちすぎまっせ(笑)
DSC02856_convert_20150614085709.jpg


時間の関係で外宮をスルーし内宮だけの訪問でしたが
外宮はまたの機会にしたいと思います。
おかげ横丁近くのバス停からバスに乗り次の場所にむかいました。




2015年も今日で半分終わります。思えば年末年始の北海道から
北陸線ラストラン・現在公開中の春の近鉄3部作・さわりで紹介した
東京(近日公開予定)と去年に比べ3月以降はややペースを
落としてるのかなと感じながら旅をしてました。
下半期も楽しい旅できたらなと思いながら次回の更新お楽しみに。


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 伊勢志摩

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 三重県 伊勢志摩 伊勢神宮 五十鈴川

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

>初訪問の伊勢神宮であります。

三重県民からすれば、日本全国の人は
1回位はお伊勢さんに来てるのだろう、と
思っていましたが、とんでもないあ思い上がりでしたね。
まぁ、立地が悪いですよね。内宮は特に。
交通手段が三交バスしか無い訳で…

おかげ横丁はまだ、20年位しか経っていませんが、
県内じゃ、結構上位に入るスポットですね。
赤福は雰囲気作りが上手いと思います。

>長野県の大町市からレンタカー借り夜通しで走り
>ここまでやってきてお伊勢さんでお参りしたのは放送されました
>ね。

名物は要らないよ!!!と叫ぶミスター…
それから10年以上も経て、交換条件があったとはいえ、
原付日本列島制覇で、一箱泣きそうになりながら食べる
ミスターを見て、三重県民として、申し訳ない気持ちになり
ました。
せめて、伊勢せきやの鮑の姿煮とかなら良かったんですけどね。

Posted at 23:06:01 2015/06/30 by KZ-1

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

こんばんは。

これ本当で自分で言うのも痛いくらいでした(苦笑)

外宮は宇治山田か伊勢市から歩いていけない距離ではありませんが
内宮は三交バスで行くしかないのである程度仕方なかったですね。

赤福本店の建物の雰囲気が素敵でとてもいい味出してました。

宇治橋前で名物は要らないと叫んでましたが10数年後に
原付日本列島制覇でまさか鬼食いするなんて思ってませんでしたが
あのシーンは大爆笑してしまいますね。

Posted at 00:45:40 2015/07/02 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks