2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

近鉄鳥羽駅

 【06//2015】

前回のつづき。


五十鈴川から途中朝熊で下車しここにやってきました。
高3の夏休みで来て以来約15年振りの訪問であります。
あの時は賢島から磯部駅を訪問し名古屋に帰る前に小雨が降る中
立ち寄ったのを記憶してます。
DSC02928_convert_20150625025313.jpg



ホームの様子は2面4線で隣のホーム左側で
しまかぜが賢島に回送されるまでの一瞬だけお休みしてました。
隣の参宮線はキハ11がぽつんと停まってたのが羨ましい位の
賑わいで伊勢志摩の代表駅の一つであります。
DSC02931_convert_20150625025344.jpg



ホーム内を散策しててJRで見かける機会が無くなってきた
長椅子がいくつか設置されてて昔ながらの鉄道風景もここに残ってました。
DSC02947_convert_20150625025427.jpg



ホームの行先案内表は近鉄では少数派のLED式ですが
なんとフルカラータイプのが設置されてます。
かつて2005年位に近鉄京都駅のホームでこれと同じのを見ましたが
こちらも数年前に液晶式に更新されました。
近鉄さんはLEDと相性が悪いのかわかりませんが・・・。
DSC02938_convert_20150625030515.jpg



さぁ列車撮影のご紹介と行きますかみなさん。
隣のホームには鳥羽で折り返しの上本町行きが停車中でした。
よく考えてみると朝名古屋からから宇治山田で見たのと同じ編成だったのを
記憶してます。
伊勢志摩方面特急の半分はここで折り返しますが近年の利用者減で
ここでの折り返し風景がこれから先もっと減らないことを祈りたいですが
出来たら通年で見たいものですね。
DSC02948_convert_20150625030746.jpg



隣のホームでは京都行き特急の端2両が停まってました。
これはこの後賢島から来る列車に繋いで向かうため待ってたのです。
反対に長大編成で来た場合賢島行きが前4両か6両で後ろの何両かが
切り離されたりするので一瞬賑やかになる瞬間を待ってるようでした。
DSC02962_convert_20150625030534.jpg



そしてこの日は伊勢市から賢島までの観光列車「つどい」も
運行されてました。
シャッタースピードの関係で電光掲示が切れてしまいましたが・・・
案内には貸切と表示されています。
しまかぜがあまりにも人気がありすぎて手が出ませんが
こっちは観光列車料金300円出せばいいので
手が出やすい列車かもしれませんね。
DSC02957_convert_20150625030927.jpg



ここは乗車口を風を感じることが出来るように改造されてます。
このデザインを見て一昨年春東海エリアから引退した117系が晩年
飯田線や御殿場線などで「そよ風トレイン」で走ってたのを
思い出します。しかし僅か2年ちょっとで引退させたのは
正直疑問ですがJR東海にしては珍しくイベント列車をやったなと
思いながらもこの現在でも運転してほしい列車に上がります。
とても好評であるので2016年3月まで延長運転されるそうです。
DSC02958_convert_20150625030940.jpg



改札前に上がってきまして伊勢市から賢島のスポットを
紹介してますが目の前の真珠はミキモトさん初めこの地方の
名産のひとつに上がることは有名ですね。
DSC02939_convert_20150625030956.jpg



改札は自動化されてなくて有人ラッチが並んでます。
この数はこの春北陸新幹線が開通した金沢駅を彷彿とさせます。
それにしても大手私鉄でここまで有人ラッチが設置されたまま駅って
ずいぶんと減ってしまいましたね。
DSC02940_convert_20150625031013.jpg



待合室には椅子が並んでてそこには鳥羽を訪れた
観光客がいて賑わいを見せてました。
奥にはうどん屋がありますがこの地方の名物の伊勢うどんの
縦長の暖簾が立ってて目を引きました。
DSC02942_convert_20150625031046.jpg


立派な建物の橋上駅舎の入口で
JR参宮線との共通駅でありますが近鉄側の方はバスターミナルも
整備され目の前には国道42号線が敷かれてます。
隣接する参宮線の閑散さから見ると近鉄の大勝利という感じがします。
DSC02943_convert_20150625031100.jpg



駅前交差点からは鳥羽マルシェの看板に山の方には
数々のホテルが並んでて観光都市鳥羽の一面を見ることが出来ます。
まだまだ時間はあるので水族館か真珠島かどこ訪問しようか
考えてましたが・・・。
DSC02944_convert_20150625031122.jpg



ここに来て夜勤明けすぐに旅した疲れが急に出てきたので
一番街1階にある癒し処で湯に浸からなくても入れる謎の足湯で
疲れを癒すことにしました。
説明書きを見るとセラミックのボールがいくつも入ってて
靴下履いたまま入れるのでこれはありがたかったです。
DSC02946_convert_20150625031139.jpg





少しでも回復させるための謎の足湯で軽く癒し再び駅に戻りました。


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 近鉄

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 近鉄 三重県 鳥羽市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

鳥羽駅、訪れるたびに近鉄とJRの賑わいの差を実感します。

Posted at 08:00:18 2015/07/11 by ぞうまさ

Comments

Re: No title

ぞうまさ さん

こんばんは。

鳥羽駅に来る列車本数といい利用者といい
近鉄が圧倒的に勝ってるのかを垣間見ました。

Posted at 04:24:45 2015/07/12 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks