2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京成下町日和きっぷの旅-2 日暮里~京成高砂

 【01//2015】

前回のつづき。


一瞬駅の橋上からの風景を見て戻ってきまして
ここから列車の旅を再開します。
京成日暮里駅はJRからの乗り換え客がほとんどなので
自動改札の数が実情を表していますね。
DSC03362_convert_20150713032700.jpg


10:25初のうすい行きは京成最新型の3000がやってきました。
こうしてみると現在の京成の一般車のスタンダードという感じがします。
ここから次の降りる駅までの風景をお楽しみいただきたいと思います。
DSC03363_convert_20150723043710.jpg


新三河島はホームから明治通りが交差してるのがわかりますね。
環道路区間と交差する区間が増えそうな予感がしてきます。
DSC03365_convert_20150723044230.jpg


次の町屋駅を出てすぐには都営荒川線の車両が停まってました。
そういえば豊鉄の市内線でもお古が活躍してますが
いつの間にか富山のライトレールなどでみられる車両が増備されてたことは
俺も全く知りませんでした・・・(汗)
DSC03366_convert_20150723044241.jpg



今回の旅初日の旅ではこの後にも登場する隅田川の鉄橋を通過します。
ここは荒川区から足立区の境となる区間にあたります。
DSC03367_convert_20150723051430.jpg


足立区に入って最初の駅の千住大橋で数分ほど停まります。
DSC03373_convert_20150723051442.jpg



ホームは2面4線で退避設備を持ってて快速列車の停まる駅ですが。
快速列車は日中は運行しておらず
ガランと広いホームが発揮することは朝晩のようで同じ都内でもこんなにも
人がいないのかと驚くばかりでした・・・。
DSC03372_convert_20150723051453.jpg



この辺りは住宅街が形成されてて高架橋からこの風景が眺めれます。
東京23区とはいえ都心からちょっと離れたら表情も一変するので
今回は京成電車の小旅は列車の写真少なめ風景中心になりそうな
予感がこの時点で勘付いてました。
DSC03374_convert_20150723051511.jpg


関谷を過ぎると荒川の鉄橋を渡り今度は葛飾区に入ります。
このアングルから首都高のジャンクションも見え交通網のはりめぐりの
大きさをこの場から見ることが出来ます。
DSC03376_convert_20150723051537.jpg



次の駅に着く直前日暮里駅着く直前でであったような
シチュエーションが再び見ることになりました。
それにしても京成のステンレス車両はかなり前から登場してて
いろんな顔を持ってるなというのをこの場で体感してるなと。
DSC03379_convert_20150723051605.jpg


3階の高さにある二重層高架の青砥駅に着きましたが
駅の訪問はこの後改めてするので先へ向かいます。
DSC03381_convert_20150723051622.jpg



次の駅までは複々線区間に入り
京成線のわずかながらのこの区間を経て京成高砂駅で降りました。
DSC03382_convert_20150723051637.jpg
DSC03383_convert_20150727020500.jpg




つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 京成

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 京成 東京都 荒川区 足立区 葛飾区

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。