2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

京阪中之島線 京橋~中之島・大江橋

 【09//2015】

前回のつづき。


京橋駅から次はキタに向かいますが淀屋橋行きに乗れば
まっすぐ行くことが出来ますがあえて乗らず中之島線に乗ります。
DSC03944_convert_20150824052946.jpg


方面ごとの複々線を通過し地下線に入る直前
大阪市内を流れる川の一つである堂島川の様子を見ることが出来ます。
DSC03947_convert_20150824053232.jpg



とりあえずいくつかの駅のホームを訪問しようと思い
渡辺橋で降りました。壁面を見ると金属が使われていて一見冷たそうな
印象を持つ人もいるかもしれませんが俺はスタイリッシュでかっこいいから
好きです。地下駅も昔は薄暗い照明にタイル壁面と白に黒抜きのいかにも
ザ・昭和な駅をちっちゃい頃親戚のおばあちゃん所に連れてってもらった時に
よく見ましたが近年は本当におしゃれな駅が多いですね。
DSC03950_convert_20150824053351.jpg
DSC03954_convert_20150824053409.jpg



10分後に列車が来ましたが5000系が担当でした。
前回のお盆旅でもちょっと紹介しましたがこの車両は
世界で始めて多扉にした車両で5扉ありますが日中の時間帯は
こうしてシートを降ろしラッシュ時に上げて乗車口にし混雑に
対応してるとのことです。
今の時代ではコストがかかるからまずやりませんが当時の
苦労がこうして伝わってきますね。
DSC03955_convert_20150824053514.jpg
DSC03956_convert_20150824053527.jpg



次の駅は言うまでもなく終着の中之島であります。
ホームは1面に切り欠きホームを加えたレイアウトで
本線の終着駅である淀屋橋と同じような感じです。
3番のりばはこの時間は使われてないので
人が入れないように閉め切ってます。
DSC03962_convert_20150824053614.jpg
DSC03957_convert_20150824053703.jpg
DSC03965_convert_20150824053737.jpg



車止めの方に目をやるとそこには中之島線工事に使われた
シールドカッターが飾ってありました。
ということはこの先将来的に延伸もあるかもという意思表示か
あるいは開業のメモリアルな展示だけなのでしょうか・・。
DSC03960_convert_20150824053722.jpg



改札上にある行先案内を見ると10分毎に普通列車が来る
運用をしていますが2008年10月に開業したと時はここから出町柳まで
快速急行が運行され3000系も乗り入れて華々しくデビューしたのですが
利用率が芳しくなく3年後にあえなく普通列車中心の運用に変わってしまいました。
プロ野球の世界でも鳴物入りした選手のように鳴かず飛ばず状態の
京阪中之島線ですが以前のように快速急行が走り覚醒する日は来るのでしょうか。
DSC03968_convert_20150824053935.jpg




駅舎というよりも駅の入口はこの沿線のイメージである木を
使った建物がとても印象的です。
都会の中にポツンと木の建物が見えますが中之島も開発がすすんで
高級マンションや国際会議場があり集客できそうですが果たして・・・。
DSC03969_convert_20150824053952.jpg
DSC03971_convert_20150824054019.jpg



この後大江橋駅で降りました。島式ホームの外側の壁は
大阪市役所や日銀大阪支店のイメージに合わせて大理石が使われてます。
中之島線のホームの側壁は駅ごとに違う素材を使ってるので
今回いけなかったなにわ橋駅も改めて再訪時の楽しみにとっておきます。
DSC03974_convert_20150824054042.jpg



京阪電車の旅はひとまずここで終わり地上に出てきました。
大江橋駅と淀屋橋駅は徒歩行けるほど目の前にあります。
この場所を見ると「水の都・大阪」らしい風景が堪能できるスポットですね。
DSC03978_convert_20150824054106.jpg



朝8時前京都に着いたときは今にも泣きそうな雨空だったのが
ここに来てから青空が見えてきました。
京都市内で阪急電車に乗る予定が大雨の影響で特急や快速急行
さらに京とれいんも運休の憂き目に遭いながら京阪電車は無傷で
運休もなく楽々ここまで来ることが出来ました。
まさしく「神様・仏様・おけいはん様?」という言葉が今にも出るくらい
助けられた感じがしました。
DSC03982_convert_20150824054159.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 京阪

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 大阪 京阪 中之島

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。


京阪中之島線は西九条・桜島方面への延伸の計画がある
とのことですが、実現性はどうなんでしょうね。

中之島駅に「なにわ筋線」の駅が出来るという構想もあるようですが
太田房江知事時代に改めて取り上げられてからでも、もう8年経過
していますが、未だに着工の気配がありません。

中之島線駅の地上部。
木材をふんだんに利用しているのですが、木材ゆえの変質が既に現れ
早晩修正が必要になるのではないかと。
更に維持コストがかかりますね。


個人的に中之島線には期待していたのですが、
開通時、京阪が現行淀屋橋ルートの利便性を確保した上での、
二兎を追う中途半端な対応をしたことが現在の中之島線低迷の一因に
なっているのではないかと。

やはり、開通時に優等列車を全て中之島線に移すくらいの思い切った
ダイヤ転換と、大江橋駅・淀屋橋駅の一体感をもっと感じさせる構造が
必要であったのではないかと。


中之島界隈の風景。
まさに「水都」ですよね。美しい。

Posted at 23:06:02 2015/09/09 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title

ふぐに さん

こんばんは。

西九条・桜島方面の延伸計画は実現性はどうかといわれると
難しいですが・・・阪神が阪急と組んでしまったのでなおさらに思え
なにわ筋線は構想は上がってるのに未だ着工してないので
そのまま幻に終わるのか遥か先にやるのかはっきりしませんね。


木を使った駅入口の写真を観帰すと緑色の変色した部分があったので
木材の変質した部分が出てるので雨の日もあるので維持するのは
大変だと思います。

現行の淀屋橋ルートと中之島線を地図上で見ても川挟んで
隣同士であるため判断が難しかったんですが
思い切って中之島線に優等列車を移してたら今の京阪はどうなってたのか
気になりますが大江橋駅と淀屋橋駅は歩いていけるので
一体感を感じさせる構造は必要であったかもしれませんね。

水都大阪らしい風景が堪能できる区間を満喫しました(笑)

Posted at 01:45:38 2015/09/10 by burning s

Comments

No title

こんばんは。

5000系、扉上の座席を下ろしているの
初めて見ました。
しかもちゃんと、更新されたモケットになってるんですね。
あ、ふと思ったんですが4ドアや3ドア車が多い中、
5ドアの5000系、駅の乗車位置表示とかどうしてるんでしょうね…

>快速急行が運行され3000系も乗り入れて華々しくデビューした
>のですが
>利用率が芳しくなく3年後にあえなく普通列車中心の運用に変
>わってしまいました。

鉄道雑誌の表紙を3000系が華々しく飾り、「待望の新路線」
という感じで中之島線は取り上げられてましたが、今の惨状
は見るに耐えないですねぇ。
まだ、都心を走るから良い物の、住宅地とか通ってたら
「出町柳までサクッと快速急行が走るから家買ったのに!!」
って人もいるでしょうしね。

Posted at 01:20:52 2015/09/11 by KZ-1

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

おはようございます。

僕も5000系の座席降ろしてるの初めて見ましたが
実はモケット更新されてるなんて思ってませんでした。
乗車位置は恐らく5ドアとはいえ日中は3ドアで運用してるものの
位置表示は5ドア用はなかったように思います。

中之島線が期待されて鉄道雑誌でも取り上げられたのがうその様な
静けさで今の状態見てもあの華々しさはどこ行ったんや・・
というのもありますが住宅地から通う人にとってはたまったもんじゃないですね。

Posted at 06:51:24 2015/09/11 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks