2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

信越本線 新津駅

 【14//2015】

前回のつづき。


長岡駅と駅前散策を終え再び列車に乗ります。
ここからは信越本線の列車に乗りこの日の宿泊地である
新潟駅まで向かいますが途中どっかで下車しながら
行こうと思い12:39発の新潟行きで向かいます。
お相手はお馴染みの115系であります。
DSC04571_convert_20151001060855.jpg
DSC04572_convert_20151001060939.jpg



長岡駅過ぎてからは上越新幹線の高架橋と
広大な田園風景が続いていきます。
そういえばこの写真は8月16日更新の記事の中で
紹介したヒントで出したのを覚えてますでしょうか。
答えを先に言ってしまいましたが・・・(苦笑)
この田園風景は米所・新潟を象徴してる写真ですね。
今回の旅でも何度か登場する重要な画になります。
DSC04580_convert_20150814045545.jpg



3両編成の車内は結構混雑しててまともにいい写真が
撮れませんでしたが直江津からつづく複線で
日本海縦貫線の重要な路線であることがうかがえます。
それにしてものどかな風景が続いてますね。
DSC04587_convert_20151001062329.jpg



途中軽く睡眠してしまいましたが・・・新津駅に着きました。
ホームの様子は3面5線で信越本線・羽越本線・磐越西線が
合流する鉄道のジャンクション駅であります。
羽越本線はここから始まりますが運用上は少し北に行った
新潟駅がメインで白新線を経由し新発田駅で羽越線合流が主です。
ですのでここから新発田までは旅客列車は本数が少ないです。
DSC04596_convert_20151001062348.jpg
DSC04600_convert_20151001063403.jpg


側線はたくさんあって全盛期に比べるとやや物足りない感は否めませんが
それでも新潟エリアの気動車の拠点であり長岡寄りにはJR東日本が初めて造った
車両製造工場(新津車両製作所)があります。
現在は総合車両製作所(J-TREC)新津事業所に変わってますが
今まで通りJR東日本の在来線近郊・通勤車を製造しています。
この広い側線は鉄道の町・新津を象徴してる風景でありますね。
DSC04597_convert_20151001063547.jpg
DSC04608_convert_20151001063654.jpg




こちらもお久しぶりのキハ47新潟色が停車してました。
キハE120の登場でどうなるかわかりませんでしたが羽越線や
磐越西線を中心に活躍しています。
羽越線といえば村上以北で直流から交流に変わるので
交直流車はコストがめちゃくちゃかかるのと普通列車の本数が
少ないことを理由にディーゼル車が活躍してるのはよく聞きます。
DSC04602_convert_20151001063608.jpg



現在の駅舎は2003年に完成した三角屋根が特徴的な橋上駅舎ですが
先代の駅舎は1928年に建てられ日本海縦貫線の主要駅
新津市の玄関にふさわしい立派な駅舎でした。
出来たら先代がバリバリだった時に見れたらどんだけうれしかったかと思うと
ちょっぴり残念な機能重視の駅に変わってました。
DSC04610_convert_20151001063727.jpg



駅前には駅弁業者の建物もありましてここで製造・販売をし
新潟駅はじめ羽越本線の取り扱いのある駅へ出荷されてます。
DSC04612_convert_20151001063741.jpg



駅の一角にはていしゃばなるスペースがありました。
DSC04613_convert_20151001063815.jpg



中に入ると新津の鉄道資料館の無料で入れるスペースで
SLばんえつ物語の歴代HMが並んでました。
そうここあ駅中のサテライトでちょっと距離がある新津鉄道資料館の
簡単な案内所的な感じの所です。
DSC04614_convert_20151001063835.jpg



別の場所には初代Max・E1系の車体にあったロゴが展示されてて
485系の陸による移動を動画で紹介されてました。
DSC04617_convert_20151001063858.jpg
DSC04616_convert_20151001064027.jpg



鉄道の町・新津を短い時間ながら堪能し磐越西線から来た
ディーゼル車で新潟駅へ向かいます。
DSC04619_convert_20151001064042.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 新潟県 信越本線 白新線 越後線 日本海縦貫線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

新津駅ですが・・・どの方向からもどのホームに入れるような配線になっていますね。複雑なメカニズムですが、よく先人はこの駅を生み出しましたね。
ある意味、優等列車に関しては「新潟駅の役割」を、かつてはしていましたが・・・と言うより、新津駅を単独で見た場合に、じっくりと時間をかけてしっかりと訪問しなければならない物件だと改めて感じました。もしかしたら年明け早々にでも実現してしまいそうな勢いです。くらいの魅力がある駅ですね。

Posted at 22:21:08 2015/10/15 by ダイヤモンド☆トナカイ

Comments

Re: No title

ダイヤモンド☆トナカイ さん

こんにちは。

新津駅の配線は複雑ですが生み出した先人に感謝ですね。

時間の都合上駆け足で回ってしまった感は否めませんが・・(汗)
新津駅の構内から周辺をゆっくり散策するのがいいです。
側線の本数が多く今回は行けませんでしたが
総合車輌新津工場の玄関前辺りは次回訪問する機会があれば
時間作って行きたいと思ってます。

Posted at 05:29:52 2015/10/16 by burning s

Comments

No title

おはようございます。

ていしゃば、いいですね!
そして
三新軒の駅弁、また食べたくなりました。

Posted at 06:54:42 2015/10/19 by りえてつ

Comments

Re: No title

りえてつ さん

こんにちは。

ありがとうございます。
ていしゃばは鉄道資料館の一部分が
見れたので時間がなくても見物できるスペースでした。

三新軒はえきべん大会にも出てるのと
新潟市に来る機会がありましたら是非。

Posted at 04:08:41 2015/10/20 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks