2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

SLばんえつ撮影後 越後線の旅-1 新潟~内野

 【20//2015】

8月14日


前日昼2時に新潟駅に着き街歩きなど中心街を散策し
お盆の旅は中日を迎えました。
8時半過ぎ新潟駅に再び来ましたがこれから乗る列車まで
時間があったので列車撮影をしました。
DSC04706_convert_20151005064415.jpg




夏休み期間でこの日もこの列車が運行日でした。
そう磐越西線のスター列車SLばんえつ物語であります。
初めて新潟駅に訪問した学生時代高校のツレときらきらうえつに乗る前に
高架化工事で無くなった7番のりばでとったとき以来の再会でした。
みなさんこぞって記念撮影したり家族連れの人達は
夏休みに楽しいひと時をこの列車で創ろうとしてました。
ボイラーの所に製造年が貼ってて昭和33年1月と書いてました。
登場して57年が経ってますが最近出て来た新車には
まだまだ負けねぇーぞという意気込みが感じられます。
DSC04715_convert_20151005064714.jpg
DSC04732_convert_20151005064735.jpg
DSC04716_convert_20151005065408.jpg



最後尾に立つとそこは車窓を思いっきり楽しめるスペースがあります。
がこれはグリーン車に乗る人だけが許される特別な場所です。
ばんえつ物語のVIP席と申し上げてもいいかもしれません。
復路の会津若松始発はこっちが先頭になるので往路のほうが
眺めを楽しめそうですね。
磐越西線といえば喜多方通るので
自称?ラーメン好きな俺にとってたまんない場所で
太目の縮れ麺にたくさんのチャーシューが入った
本場のラーメンをいつか食べに行きたいです(これまじっす・笑)
DSC04729_convert_20151005065439.jpg



他にも撮影しましたがここまでにしましてこれから
越後線に乗り途中下車しながら柏崎に向かいます。
まずは10時ちょうどの内野行きに乗ります。
DSC04744_convert_20151005065629.jpg


相方は初乗車のE129系でした。ワンマン列車ですが
この車両がデビューする前までえちごトキめき鉄道・妙高はねうまラインに
転属したE127系が担当してた列車なので引き継いだ感じがあります。
DSC04751_convert_20151005065646.jpg


真新しい車内は前の方がロングシート・手前側がボックスシートという配列です。
座面にかけた時の感触はロングシートがE233系の横浜線車と同じくらいで
ボックスシートの方が硬いですね(笑)
ロングはE231系に比べれば改善はされつつあるんですが果たして・・・。
DSC04747_convert_20151005065711.jpg



端の方にはステッカー風の銘板が貼ってまして
そこには平成27年・即ち2015年今年製造された車両であります。
ここから南に10キロの総合車両製作所・新津事業所で造られたことが
紹介されています。関西は近畿車輌か川崎重工ですが
南海電鉄は昔の付き合いがある関係で8000系のある編成が
逗子で製作されました。
が先日デビューした8300系は40年ぶりに近車で造られたのです。
近車ファンの俺も大阪に行く機会があれば早く見たいですね。
DSC04746_convert_20151005065733.jpg



新潟駅を出てすぐは高架下の仮設線を通過します。
DSC04754_convert_20151005065812.jpg


越後線は新潟から柏崎を83.8キロ結んでいます。
最初の区間だけで3.1キロありますが着く直前信濃川を通過します。
その先には前日夕方街歩きしたときに見た万代シティのビル群や
レインボータワーが一望できます。
逆打ちで柏崎から来た場合はこの風景見ればゴールは目の前と
いった感じでありますね。
DSC04757_convert_20151005065918.jpg



その最初の駅白山は新潟市の住宅地にあり
市役所や公園といった公共施設が集中してるので利用者も多いです。
上屋の屋根が新しくなったりして改良工事が行われたようですね。
DSC04760_convert_20151005070021.jpg



新潟市中心部から郊外へ向かうにつれ住宅地が広がってます。
DSC04771_convert_20151005070059.jpg


途中115系や今乗ってるE129系と列車交換しながら向かいました。
DSC04772_convert_20151005070115.jpg



10:22に内野駅に着きました。
ホームは相対式でここで列車交換や俺が乗ってきた列車が
折り返しの当駅始発になったりする主要駅です。
DSC04784_convert_20151005070134.jpg
DSC04783_convert_20151005070309.jpg



といったそばから115系・新潟色青バージョンがやってきました。
E129系がデビューまもないので115系の牙城はまだまだ
崩れることはありませんので乗車チャンスはありそうです。
DSC04779_convert_20151005070401.jpg



駅舎は去年9月に完成した真新しい橋上駅舎です。
よく見ると日本海の波をイメージしたもので新潟市が
住民にデザイン公房で選ばれたのです。
ピンク色の塗装がこの建物の彩りに一役買ってるようですね。
DSC04780_convert_20151005070437.jpg



一角にある時刻表を見ると新潟からここまでは20分に1本で運行されてますが
ここから次に向かう吉田へは1時間1本に減ります。
こうしてみるとここまでは新潟市近郊の通勤路線の顔を持つ越後線
ローカル線の色を少しずつ出し始めてるようでした。
その先は次回お伝えします。
DSC04777_convert_20151005070451.jpg



つづく




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR東日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 信越本線 磐越西線 SL 越後線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

>がこれはグリーン車に乗る人だけが許される特別な場所です。
>ばんえつ物語のVIP席と申し上げてもいいかもしれません。

戦前の特急みたいですね。蒸気機関車で客車を牽いて
特急(それこそ元祖「燕」とか「富士」辺り)を走らせていた頃、
こんな感じの席があったと記憶してます。
幾ら位するのか興味ありますが、多分それが払える金額でも、
予約は取りづらそうですね。

>真新しい車内は前の方がロングシート・手前側がボックスシートという
>配列です。

この座席配置、JR、東日本好きですよね。詰め込みとかも
考えると仕方ないかも知れませんが、これに関してはJR東海
の313系のオール転換クロスシートのがやっぱ良いなぁ、と
思います。

Posted at 23:37:42 2015/10/24 by KZ-1

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

おはようございます。

外から見ましたが特急のグリーン車と同等ですが
機関車で客車牽引しての風景は戦前の特急を思い出される人もいますね。

快速列車なので特急みたいに高くはありませんが
僕が行った時多客期は予約は難しいと思います。

車内見てもJR東日本が間違いなくやりそうな感じの
配置でしたが313系のオール転換クロスシートは
素晴らしいです。
313系5000番のレイアウトなら西日本でも普通に
やってもおかしく無いですが。

Posted at 07:09:18 2015/10/25 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks