2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

越後線の旅-2 内野駅~吉田駅

 【22//2015】

前回のつづき。


内野駅から次は吉田行きの列車に乗りますが
案内通りここからは1時間1本と徐々に細くなっていきます。
実はこの3月のダイヤ改正まで2012年から3年間社会実験として
内野から吉田まで増便運転を実施して利用者増が期待されましたが
目標数に届かず終了し元に戻りました。
DSC04781_convert_20151007225627.jpg


ここからも新潟からここまで乗ったE129系でした。
シャッタースピードを上げすぎるとLEDが切れてしまいますが
ご容赦ください・・・(トホホ)
DSC04788_convert_20151007230141.jpg


列車内の乗車率はそこそこ乗ってて
車内からの風景を見ようと思い先頭に行くと
乗務員の人が何人かいて見ることができませんでした(泣)
これから増備されていくE129系の性能をチェックするために
乗ってたのかもしれませんね。
DSC04793_convert_20151007235040.jpg


途中巻駅で対抗列車の待ち合わせの為3分ほど停車。
相対式のホームですが駅舎・改札は反対側のホームにあるので
おとなしくこっちで撮影しながら待つことに・・。
DSC04796_convert_20151008004931.jpg


停車中のホームにはかつて使われた線路が残ってました。
ここから始発電車が出てたとか・・・いろんな想像が出来ますが果たして。
DSC04797_convert_20151008002046.jpg


対向から列車が来たのでそのまま向かいます。
もし1年前にここに来てたらちょうど増便運転実施中で
吉田まで40分ごとに運転してたのでもしかするとこの近辺の駅で
下車して素敵な駅舎を見ることが出来たかもしれないので
この代償は大きいです・・・。
DSC04798_convert_20151008002115.jpg



その車窓は前日信越線で見た広大な田園風景が広がってます。
稲もだいぶん育ち後は収穫を待つだけまで迫ってました。
コシヒカリで有名な米どころ・新潟の表情眺めることが出来ますね。
DSC04789_convert_20151008001835.jpg
DSC04791_convert_20151008001853.jpg



この列車の終着直前に弥彦線と合流します。 
DSC04803_convert_20151008010950.jpg



やってきたのは吉田駅であります。
さっきまで乗ってきた列車はここまでで数分後には
次の出番が来るまでパンタをたたんで昼休みをしてました。
駅名標に左右2駅づつ入ってるので大きな駅であることは勘ずいてました。
DSC04807_convert_20151008011009.jpg



隣のホームは折り返しの新潟行きが発車直前でした。
こっちは115系6連で長いホームに停まっても余裕で収まります。
DSC04810_convert_20151008014807.jpg



ホームの様子は3面5線ありまして手前側2面が越後線
奥の1面が弥彦線の列車が停まります。
側線もあってローカル線同士でありながら運用上の拠点であり
ジャンクション駅であります。
DSC04827_convert_20151008014124.jpg



1番のりばは上屋もしっかりしててホーム長も長く
立派な造りをしてますが人気もなく静かな時が過ぎてました。
DSC04818_convert_20151008015124.jpg



駅舎内には待合室も完備してて近年閉店に追い込まれることが多い
KIOSKも元気に営業してました。
なんか地方都市のローカル駅で国鉄時代の香りがこの場でしてるようでした。
DSC04819_convert_20151022013735.jpg



その駅舎も国鉄テイストが出てる建物でした。
1912年越後鉄道が開通した時からの駅ですが現在の建物は
1962年に竣工しました。2階は現在学習塾が入居してますね。
今回の旅で吉田駅は絶対行きたいと思い実現しました。
DSC04824_convert_20151008015202.jpg


駅前は小さな商店街が形成されてますがどことなく
くたびれ感は否めませんが昔ながらの風情は残ってるようでした。
DSC04820_convert_20151008015416.jpg


吉田駅ホームの一角にある時刻表を見ると
越後線のこれから柏崎に向かう列車本数はさらに少なく
日中は8:39の後4時間待ちの12:35かその後の15:43
と間隔が大きく空きます。
新潟駅で乗ったのが10時ちょうどというのは次に向かう列車の
時間に合わせざるおえなかったからであります。
お盆期間は日の入りまでそれなりに時間もあり弥彦線
乗ろうと思えば乗れましたが閑散区間を乗りつぶすのは
なかなか難しいですね・・・(苦笑)
DSC04831_convert_20151008025400.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR東日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR東日本 越後線 弥彦線 新潟県

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんにちは。

吉田駅、ちょうど一年前の10月に訪問しました。
あの時は台風がやって来て散々だった記憶があります。

かつては繁忙期に使用したであろう、臨時の改札があり、往時の賑わいを感じさせました。

実は吉田~新潟はまだ未踏区間なので、またそのうち新潟へ行かないと…とは思っています。

Posted at 16:00:29 2015/10/22 by 宿はなし

Comments

No title

はじめまして大佐と申します。

懐かしく拝見させて頂きました。

自分が吉田に住んでいた頃は、電化されてなくて
気動車が活躍していました。
車庫やターンテーブルもありました。

DE10牽引の貨物列車も走ってましたし、急行ひめかわ号も走ってました。
二番線と三番線のホームには立ち食いのそば屋もありました。

駅舎は殆ど変わってないように思います。



Posted at 16:29:54 2015/10/22 by 大佐

Comments

Re: No title

宿はなし さん

返信遅くなってすみませんでした(汗)

去年10月の台風の中訪問されて大変でしたね。

吉田駅のホームは長くて往時の賑わいを偲ばせる雰囲気がありました。
ローカル線のジャンクションですが現在でも6両編成の運転もあって
なんとかがんばってるなと思いました。

宿はなしさんが行かれた時は115系の弥彦線色?見れたのが
羨ましいです。
後1年早かったらと思うとショックでした(泣)

Posted at 06:30:40 2015/10/24 by burning s

Comments

Re: No title

大佐 さん

はじめまして。
返信遅くなってすみませんでした。
コメントありがとうございます。

駅舎は仰るように変化はなく竣工した時と一緒でした。
電化されたのが1980年代でDE10牽引の貨物列車や急行ひめかわが
走ってた時代を知らない世代ですが
吉田駅の広いホームが当時の繁盛を今に伝えているようでした。

Posted at 06:50:55 2015/10/24 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。