2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

赤穂線 播州赤穂駅から岡山県へ

 【11//2015】

前回のつづき。


姫路から乗った新快速列車でやってきたのは播州赤穂でした。
DSC05238_convert_20151026054948.jpg



ホームは2面3線で真ん中に列車が停まってました。
もう一枚は到着直後に撮ったもので姫路行きの115系ですが
希少価値の高く数少ないカフェオレ色の車体が列車交換の為
待った後相生の方に行きました。
DSC05224_convert_20151026055037.jpg
DSC05221_convert_20151026055655.jpg



改札から出て自由通路を渡ってると大きな額縁に「忠臣蔵」の
書が掲げられています。
そうここは大石内蔵助ゆかりの地で赤穂浪士のふるさとであります。
DSC05233_convert_20151026060519.jpg


橋上駅舎ですが建物はその城をイメージさせ城下町赤穂を
アピールするにはもってこいのでかい瓦葺きの建物です。
目の前にはタクシーが何台か並んでて大きな駅であることが伺えます。
相生から先の上郡がローカル線の色が濃いのに対し223系が乗り入れるせいか
地方交通線なのにこっちが関西方面直通の役割を果たしてるように見えます。
DSC05234_convert_20151026055011.jpg


ここに着いたのが9:40過ぎで次の列車まで20分しかなく
ゆっくり撮影する時間はなかったのですが・・・。
次に乗るのは10時ちょうどの列車であります。
DSC05226_convert_20151026060235.jpg



時刻表を見るとここが関西方面と岡山方面の運用上拠点で
新旧の車両が交える場所です。
ここから先途中の駅まで1時間に1本しかなく駅の訪問と
撮影後時間を持て余しかねないのでこの時間に合わせました。
2本走ってるのが10時代と17時代の2つだけなのが
駅めぐりする上での難点になりますね・・。
DSC05236_convert_20151026060304.jpg



そのお相手は黄色い憎いあいつの115系でした。
ここから西はこの色ばかりの車両に変わってしまいましたね(苦笑)
4,5年前のカフェオレ色全盛が懐かしいです。
あの時代返してもらうかそれか221系転属か227系来るまで我慢ですかね・・。
DSC05227_convert_20151026060316.jpg



天和駅を見ると関西方面直通の雰囲気から一転国鉄車両が
まだまだ走るローカル線の風情がある駅です。
ホームは1面1線のホームに側線がいくつかありましたが何に使われたんでしょうか・・。
DSC05242_convert_20151026060358.jpg
DSC05243_convert_20151026060414.jpg



備前福河駅は開業した時は岡山県に属してましたが
1963年に赤穂市に編入されまして駅名に名残を残しています。
目の前に大き目のコンクリート造りの駅舎が建ってますが
中の椅子を見るとアーバン使用のが設置されてるという
アンバランスさにはローカル線なのにという違和感を感じます。
DSC05247_convert_20151026060537.jpg


車内から窓越しにのどかな山沿いを眺めながら
兵庫県から岡山県に入りました。
DSC05245_convert_20151026060554.jpg


のどかな山沿いから一転内海らしき港が見えてきました。
DSC05249_convert_20151026060802.jpg



とりあえず降り立つ駅で対向列車待ちのため4分停まります。
この続きは次回お伝えします。
DSC05250_convert_20151026061025.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 赤穂線 兵庫県 岡山県

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

おはようございます。

天和駅の側線は三菱電機 赤穂工場専用線に繋がっており、

今でもたまにトランス輸送に使用されています。

三菱電機のバッテリーロコが輸送にあたっています。

Posted at 07:22:23 2015/11/11 by りえてつ

Comments

Re: No title

りえてつ さん

こんばんは。

ありがとうございます。
側線は三菱電機の専用線でしたか。

赤穂線にも少なかれど貨物の輸送があったのは初めて知りました。

Posted at 00:04:01 2015/11/12 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks