2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

赤穂線 日生駅

 【13//2015】

前回のつづき。


播州赤穂からのんびり揺られながらやってきたのは日生駅です。
DSC05253_convert_20151026062806.jpg


ホームの様子は高架というよりも築堤上に造られ2面3線あるので
ここに着いてすぐ列車交換もできる構造なので閑散区間ながら主要駅に
上がるだけの風格がありホーム長も広いです。
DSC05255_convert_20151026062820.jpg
DSC05270_convert_20151026062849.jpg



1番のりばの階段手前にあるのはかつて駅員がここで
何かつかわれていたんでしょうか。
ローカルムード満点の人気のない構内でちょっとした
遺構を見つけたような気がしました。
DSC05257_convert_20151026062835.jpg



階段を降りると改札に合流しますが当然ながら自動化はされてなく
有人ラッチが出迎えてくれました。
こうした所に古き良き鉄道の風景が残ってるのがJR西日本かなと・・。
DSC05258_convert_20151026062903.jpg
DSC05259_convert_20151026063120.jpg


鉄筋平屋の建物が建ってますが駅名看板がJRになってからのではなく
国鉄時代のままというのもいい感じに保たれてますね。
DSC05262_convert_20151026063003.jpg


隣には小豆島へ向かうフェリーの事務所が立ってます。
DSC05263_convert_20151026063207.jpg


駅前に港があり目の前には大きな旅客船が停泊中でした。
パッと見ても内海のように見えますが島々があり
瀬戸内海の海や港は改めて穏やかやなぁと感じました。
DSC05264_convert_20151026063223.jpg


港からは今年4月16日に開通した備前♡日生大橋が架かってます。
今まで本土と鹿久居(かくい)島は定期船でしか結んでなかったのが
これで車でも行き来できるので生活道として期待されます。
DSC05265_convert_20151026063236.jpg


駅前にある観光センター内に着工から完成までの写真が展示されてました。
最初は土台から始まりそして4年以上かけ今年春完成するまでの経過がわかります。
DSC05267_convert_20151026063253.jpg
DSC05268_convert_20151026063306.jpg



駅前からでなく赤穂線で唯一海を眺めることができるのは
ここぐらいで日生港が目の前にあって穏やかな波もない海を
眺めつつ次の列車を待つことにしました。
DSC05271_convert_20151026063322.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 赤穂線 岡山県 瀬戸内海

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。


>備前♡日生大橋

目を疑いましたが、本当にそんな名前なんですね(^_^;

橋にキラキラネーム!

恐ろしい時代になりましたね。

Posted at 23:28:50 2015/11/15 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title



こんばんは。

名前を聞いた時本当そんな名前なの?と驚きました(笑)

キラキラネームが入るとんでもない時代になったとはいえ
これは公募で決まったので何とも言えませんね・・・。

Posted at 02:50:52 2015/11/16 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks