2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

井原鉄道・スーパーホリデーパスの旅-1 清音駅~矢掛駅

 【23//2015】

前回のつづき。


清音の駅に来たということは次はこれに乗ります。
この日の“9.27三部作”の“午前の部”は井原鉄道で途中下車しながら
広島県の神辺に向かうことにしました。


初乗車の井原鉄道は1999年1月11日午前11時11分に
開業した鉄道会社であります。
1999年は=平成11年で全部1を揃えてのユニークな開業方法も
話題になりましたね。
その清音駅の入口は前回の記事でお伝えした木造駅舎の隣にあります。
DSC05461_convert_20151102033329.jpg



跨線橋を渡り駅舎という名の入口にやってきました。
その先に改札口がありますがこじんまりとした造りですね。
DSC05464_convert_20151102033354.jpg



ここで土・休日に販売されてるスーパーホリデイパスを買い
乗ることにしました。
去年から秘かに乗りたいと思ってて2015年度分が発売されるのを
狙ってましたが前年度より200円値上げされたものの
乗り放題のお得な切符であることは間違いないですね。
DSC05468_convert_20151102033834.jpg



ホームは2線ありますが3番のりば側はJRからの通過列車があるので
それ対策用で柵が設けられています。
ホーム長はおおよそ2両分くらいの長さがありました。
DSC05466_convert_20151102033913.jpg



総社駅から折り返しで来た井原行きが最初の乗車する列車です。
車体長とデザインからしてキハ120系をベースにしてる車両のように見えますね。
DSC05467_convert_20151102033532.jpg


両側の伯備線と分かれ高架橋を一気に駆け上がります。
この構図どことなく犀潟駅からほくほく線に入るときと似てるような・・・。
DSC05473_convert_20151102034042.jpg


上がっていくとそこは立派な鉄橋が待ってて高梁川を渡ります。
DSC05474_convert_20151102034145.jpg
DSC05476_convert_20151102034212.jpg


通過後は一部を除きほとんどが単線の高架橋を駆け抜けます。
が最高時速は95キロで恐らく所持している車両
IRT355の持ってる性能によるものと思われます。
規格だけでいえば100キロ以上出そうな感じですが・・。
DSC05480_convert_20151102034330.jpg


俺が乗った列車の車内は宝くじの名が入ってましたが
いきなり転換クロスシートの座席が並んだ編成に当たりました。
時折みせる謎の?「なんか持ってるな俺(笑)」感みたいなのが
存分に発揮したような感じでした。
DSC05469_convert_20151102034351.jpg



途中吉備真備駅(きびのまきび)で対向列車の待ち合わせがあり
3分ほど停まりました。
相対式のホームでホーム長も清音の井原線ホームと同じ位ですが
立派なローカル高架駅という印象が強いです。
DSC05490_convert_20151102035304.jpg
DSC05494_convert_20151102034928.jpg


車窓は高架橋に似つかわしくないのどかな風景が一望できます。
DSC05509_convert_20151102035432.jpg


と思えば全長940mと線内で一番長い妹山トンネルを通過します。
DSC05504_convert_20151102035406.jpg



清音を出て約20分後の8:40最初の訪問駅矢掛に着きました。
ホームは島式で幅も清音から見て来た駅に比べやや狭めです。
改札は階段で結ばれています。
DSC05516_convert_20151102035452.jpg
DSC05515_convert_20151102035507.jpg



駅舎内は待合所が完備されて委託の切符売り場とお土産屋があります。
観光案内所が併設されているということはここから徒歩10分で行ける
旧山陽道・矢掛の宿場町や本陣が残ってて
俺もマップ表をここでもらいました。
DSC05520_convert_20151102035523.jpg


清音出てすぐから高架駅が続いてましたが1999年に開業したとはいえ
駅舎はかつての宿場町があったので商屋風の和風の建物が建ってます。
ホームだけでなく駅名が書かれた木製の看板があるのも加点ですね。
DSC05522_convert_20151102040322.jpg


駅前には学生の時に行った出石にあるようなミニチュア風の
辰鼓楼が建ってました。
この日も好天に恵まれ旅日和という感じの青空に恵まれました。
DSC05524_convert_20151102040352.jpg


駅から出たある一角には綺麗に育った稲が一面に広がってます。
春に植えて暑い日も雨の日を経てこうして
実りの秋を迎えることが出来たことが一番の喜びでしょう。
DSC05525_convert_20151102043207.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 井原鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 井原鉄道 第3セクター 岡山県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks