2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

井原鉄道・スーパーホリデーパスの旅-2 井原駅

 【25//2015】

前回のつづき。


次の列車まで20分少々だったので駅から歩いて10分の
山陽道の宿場町跡や本陣を見れなかったのは残念ですが
9:06発の列車で次の場所に向かいました。
DSC05531_convert_20151102043437.jpg


ここでは井原方面からの列車が先に来てて交換待ちをしてました。
ホームで待ってて日曜朝早くに出たのですが
利用者が若い人たちのグループだったので
この地域の人達の貴重な足であることを確かめました。
DSC05533_convert_20151102044037.jpg



道中は途中国道486号線と小田川と並走していきます。
DSC05535_convert_20151102044159.jpg


車内はローカル線の列車では鉄板のボックスシートが並んでます。
しかし乗車してるのは俺を入れて指で数数えるほどでした。
DSC05534_convert_20151102044129.jpg


序盤は高架橋をずっと走ってましたが途中平地も走りますが
踏切がなくいかにも智頭急行やほくほく線で見るような感じの路線ですね。
DSC05537_convert_20151102045342.jpg



隣の小田駅は高架駅ですが少し歩いた所に小さな町並みがあり
そこは旧山陽道堀越宿があり今市宿との間にあることから
間宿(あいじゅく)といわれました。
DSC05539_convert_20151102045400.jpg



森と田園地帯の風景が続くもこの日も天候に恵まれ
本当旅日和といえる青空の日に行けて良かったと思います。
DSC05543_convert_20151102045509.jpg



13分後の9:19井原駅に着きました。
ホームは島式で列車交換も頻繁に行われてます。
隣にある建物はここから見ても立派に見えますが
反対側の道挟んだ所に田んぼがあるのでのどかな場所に
自分は立ってるんだというのを確かめてるようでした。
DSC05547_convert_20151102045522.jpg
DSC05546_convert_20151102045541.jpg



開通して15年程のまだ新しい駅で最近では珍しく
ホームと改札は構内踏切で結ばれてます。
普通なら跨線橋か地下道を設けますがローカル鉄道
ならではの事情もありそうですが昔ながらの風景を
取り入れたので新しい物とのギャップを楽しめる瞬間でした。
DSC05550_convert_20151102045557.jpg


岡山県はデニムの生産地でありここでもジーンズ販売の文字を見ましたが
あいにくこの日は出張営業でお休みでした。
DSC05551_convert_20151102045620.jpg
DSC05554_convert_20151102045801.jpg



沿線最大都市・井原市を代表するのに相応しい大きな建物が立ってます。
ガラスを多面に使ってるので解放感あふれ
真ん中の三角形のデザインは井原にゆかりある
那須与一の弓矢をイメージしています。
最初駅舎自体に何かのモニュメントがついてるのかなと思いました。
DSC05558_convert_20151102045838.jpg


この日は駅前で催しが行われてました。
井原鉄道が経営が厳しいのは知ってましたが
沿線自冶体と振興対策協議会が一体になって少しでも
利用者が増えるようにと行ってるようでした。
DSC05556_convert_20151102045857.jpg



窓口も井原鉄道直営で他の駅との角の違いというのをみせつつも
駅員さんが気さくに対応してくれて好印象でした。
ここから西に向かう列車が来るまで時間があるので
次はひとつ前の駅に向かいたいと思います。
DSC05553_convert_20151102045934.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 井原鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 井原鉄道 第3セクター 岡山県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。