2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

福塩線 神辺駅~福山駅

 【01//2015】

前回のつづき。



岡山県の清音駅から井原鉄道の素晴らしい旅をし
ここまでやってきました。
ここから再びJRの旅に戻りたいと思います。
福塩線の駅である神辺駅は沿線唯一の橋上駅です。
今の駅になったのが1979年頃で国鉄時代にできた駅舎で
最近建て替えたものに比べ画一化されてないだけでも
同じようでそうでないように見えますね。
DSC05614_convert_20151105015402.jpg



階段を上がると改札口とみどりの窓口がありますが
あいにくこの時間帯は窓口が開いてない時間帯でした。
ICカードICOCA対応の簡易式改札が設けられてまして
隣の時刻表を見ても1時間2本ありまぁまぁ本数はあるかなと・・。
DSC05618_convert_20151105015734.jpg



ホームは相対式で幅も広く旧神辺町の代表駅に相応しい造りで
福塩線は全線単線のローカル線なので列車交換も頻繁に行われています。
DSC05620_convert_20151105015750.jpg



次に乗るのは福山行きで105系と久々の再会です。
顔見ると思わず飯田線にいた119系を思い出してしまいそうでした。
DSC05624_convert_20151105015805.jpg



横尾駅で列車交換。変則的なホームレイアウトですが
府中方面は元々島式でしたがホーム幅が狭かったので
このように増設されたのでしょうか。
隣のホームの上屋が四国で見るような良い味出してる風景ですね。
105系は末期色に単色化されましたが元が黄色に青い色を纏ってました。
しかしこの青空に映えすぎじゃねぇーかこいつと思いながらも(笑)
素晴らしい画が撮れました。
DSC05633_convert_20151105020726.jpg



列車は芦田川に沿いながら途中山陽自動車道高架橋を通過します。
横尾から次の駅までは距離も結構ありますが
急曲線も多くスピードはあまり出ません。
DSC05636_convert_20151105020747.jpg



備後本庄駅では棒線化され使われなくなったホーム跡に
国鉄標識の駅名が残ってました。
既に福山市に入ってますが合併前ここも福山市だったんでしょうか・・。
DSC05639_convert_20151105020855.jpg



単線の短いレールジョイントのいい音を奏でながら二重層高架が姿を見せました。
DSC05641_convert_20151105020942.jpg



次にやってきたのは福山駅であります。
8年ぶりに降り立ちましたが俺が乗った列車は折り返しの万能倉行きとなり
再び北上します。福塩線は電化区間と非電化区間があって
府中から塩町までは列車本数がめちゃくちゃ少ないというのを聞いたことあります。
今後乗る計画がある時に廃線にならないことを祈りたいです。
DSC05650_convert_20151105021042.jpg



ホームの様子は福塩線は高架ホームにあり山陽本線
新幹線の高架下にあるという印象ですね。
7・8番のりばからは北口の風景と福山城と石垣を眺めることが出来ます。
DSC05651_convert_20151105021109.jpg
DSC05652_convert_20151119003703.jpg


山陽本線ホームは新幹線の真下で二重層式高架でここが世界初というのを
ネットで知りましたがレイアウトだけで見ると近鉄布施駅大阪線ホームを思い出します。
それだけに売店や駅蕎麦屋がないので寂しいですね。
DSC05654_convert_20151105021133.jpg


そのホームに117系がやってきました。
快速サンライナーが日中の運転を取りやめたことで
115系や213系と一緒にこうして普通列車の運用に就いたのでしょうか。
これもこの色に変わった編成が来てがっかりです。
DSC05656_convert_20151105021202.jpg



コンコースは山陽新幹線駅でのぞみも日中1本停まるだけあって
広い構内です。山陽新幹線・山陽本線福塩線が乗り入れてるだけあって
列車が到着した際は乗り換え客で人の波が停まりません。
DSC05653_convert_20151105021217.jpg


備後地方の中心都市で山陽新幹線駅に相応しい
高架駅の福山駅ですが前回2007年に来た時は駅前ロータリーは
整備中だったのを記憶しています。
ここまできれいに整備され違う風景に変わって少なからずの驚きを隠せませんでした。
DSC05667_convert_20151105021247.jpg


バス乗り場には懐かしいのボンネット型が停まってました。
行先は鞆の浦(とものうら)に向かう便です。
ここから30分ほどで行けて穏やかな瀬戸内海の海が待ってる港町だそうです。
DSC05668_convert_20151105021318.jpg
DSC05669_convert_20151105021341.jpg



駅前から見ると再開発で見たこと無いマンションやビジネスホテルが建ってました。
初めて訪問した時は確か何かのビルが建ってたのは覚えてましたが
取り壊されて再開発して建て替えられたというのはネットで知りました。
DSC05666_convert_20151105021503.jpg



着いたのが正午前で昼ごはん何しようか考えてましたが
駅前でチラシ配布してた人に声かけられて
交差点行った先にあるこじゃれたイタリアン料理屋で食べました。
この後は街歩きへとつづきます。
DSC05673_convert_20151105021527.jpg
DSC05678_convert_20151105021610.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 福塩線 山陽本線 広島県

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

おはようございます。

国鉄時代の備後本庄駅名板、いいですね。
ボンネットバスにも逢えるなんて幸運ですね!

Posted at 06:26:35 2015/12/02 by りえてつ

Comments

Re: No title

りえてつ さん

こんばんは。

使われなくなったホームにまさか残ってたとは
思ってませんでした。

ボンネットのバスは偶然でしたがレトロ感満載でした。

Posted at 04:34:45 2015/12/03 by burning s

Comments

こんばんは。
単色化は今でも違和感がありますが、シチュエーションによっては映えますね。105系は通勤電車風の外観からか、まだ画になっているように感じます。
中国地域のローカル線には、なかなか訪ねる機会がなく、未知の路線ばかりです。きっとどの路線も素晴らしい車窓を見せてくれるのだろうと期待しながら、いつか列車に乗りに行く日を作ろうと思っています。福塩線の極端に列車の本数の少ない区間、時刻表を何度も見ながら旅の工程を考えるのも楽しいですね。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

Posted at 22:08:58 2015/12/12 by 風旅記

Comments

Re: タイトルなし

風旅記 さん

こんばんは。

ありがとうございます。
確かに単色化の違和感は拭えませんが
好天の日で順光に当たれば映える色ですね。
福塩線の105系は単色化される前の元色も
黄色に青のラインが入ってたので大きな変化は
無さそうで意外とあるような微妙な感じです。

僕も中国地域のローカル線はほぼ手付かずの状態で
福塩線は井原鉄道乗った後なのでほんの数キロしか
手を出して無いですが府中以北の本数がえらい少ない区間や
いつか乗ってみたいといい続けてる芸備線等
素晴らしい風景が待ってると思ってます。

Posted at 03:52:26 2015/12/13 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。