2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

山陽本線 福山駅~倉敷駅

 【05//2015】

前回のつづき。


福山中心街の街歩きを終え再び駅に戻ってきました。
DSC05708_convert_20151116025432.jpg



これから山陽本線に乗り倉敷に向かいつつ
途中何駅か訪問しながら向かうことにしましたが
当駅折り返しの赤穂線・備前片上行きは213系リニューアル車で
車内は225系に準じています。
DSC05711_convert_20151116025453.jpg



といいながらお隣の東福山であっさり降りました(笑)
ホームは相対式ですが岡山方面は山陽新幹線の高架橋がかかってます。
DSC05713_convert_20151116025511.jpg
DSC05715_convert_20151116025900.jpg



とそこへ貨物列車が通過しました。
俺自身機関車の形式はあまり詳しくありませんが・・・
日本海縦貫線のEF81やレッドサンダーのEF510ぐらいしかわかりませんが
この顔は俺の住んでるエリアで自転車通勤時等で見かけます。
DSC05714_convert_20151116025933.jpg


1番のりば側には貨物のヤードと側線があり旅客駅の中に
隣接しています。
コンテナの量からして貨物駅の方が広いようですね。
といいますのも貨物駅として開業したのは1966年
旅客を扱うようになったのは13年後の1979年です。
DSC05724_convert_20151116030018.jpg


JRの駅でこうした貨物の比重を占めている駅が
いくつかありますが南福井・黒井・西岡山等・・・。
旅客だけでなくJRの貨物は物資輸送でも重要な役割を担ってます。
DSC05721_convert_20151123062228.jpg




駅前は決して広くなく小さな橋上駅舎が建ってますが
駅舎というよりも自由通路で南北を結んでるという感じが強いですね。
目の前には山陽新幹線の高架橋がそばにあり新幹線が通過する瞬間を
見ることができます。
俺の家は目の前に新幹線が通るのを見ますがN700系がデビューしてから
つまらなくなってしまいましたね・・・。
DSC05726_convert_20151116030133.jpg


東福山駅周辺は歩いて10分くらいの国道沿いに
郊外型店舗が並んでて一つの街が形成されてました。
駅に戻って岡山県の方に戻りますが反対側のホームには
快速サンライナーが停車中で前日昼岡山駅で見た
サンライナー色が停まってました。
行き先を見たら三原行きで快速は福山まででそこからは
普通列車での運用だとか・・。
DSC05729_convert_20151116030253.jpg


俺が次に乗る列車はサンライナーでしたが
例によって末期色が来てしまいました。
余談ですが姫路か乗った新快速のインバーターの音は
JR東海で嫌というほど垂れ流しの313系インバーター編成やったから
その悪い流れで末期色ばかりぶつけられる始末でした(爆)
DSC05732_convert_20151116030321.jpg


と言いましても短い乗車で9分後笠岡駅で降りました。
DSC05737_convert_20151116030349.jpg


ホームは2面3線で反対側のホームを結ぶ昔からある
立派な跨線橋が健在です。
山陽本線も駅の橋上化に伴って消えていく運命にありながら
こうして今も元気に稼働してると鉄道文化財に私的に?登録したいくらいですね。
DSC05735_convert_20151116030424.jpg



両サイドにはパン屋とセブンイレブンが入ってますが
国鉄色の濃い平屋の駅舎が建ってます。
現在はバスで結ばれてる井原市には井笠鉄道がここから敷かれてたのです。
DSC05740_convert_20151116031109.jpg


駅前ロータリーも広々してて岡山県の主要駅に上がるだけの
風格があります。
ここはカブトガニの生息地で有名ですが弾丸的に撮影してたので
駅舎内のどこにあるかわからず泣く泣く戻りました。
潮風の名があるのでここは港から白石島と船で結んでます。
どうでしょうファンの間では初期のサイコロ2で寒い冬に
船で渡ったのは有名ですがこの企画は何と言っても
壇ノ浦SAでの伝説のレポートが痛々しい位強烈なインパクトを
残してますね。
DSC05738_convert_20151116031142.jpg



滞在時間僅か数分で後続の17:07発岡山行きに乗ります。
駅の撮影はできる限り明るい時間帯の中で行いたいと思ってるので
こればっかりは致し方ないですが再訪した時ゆっくり見たいです。
DSC05741_convert_20151116031231.jpg


笠岡を出て30分後倉敷駅に着きました。
2011年8月以来実に4年ぶりにこの地を踏みました。
そういえば俺がこのブログ立ち上げて間もなくに来て以来ですね。
ホームに白と黒のなまこの意匠がなされてますがここは観光地で有名な都市です。
DSC05746_convert_20151116031320.jpg


山陽本線・俺が朝清音に向かった時に乗った伯備線が乗り入れ
山陽地区の主要駅で利用者が多い駅です。
日曜夕方でみな新しい週に向け家路に向かう人が多かったです。
DSC05750_convert_20151116031426.jpg


駅前には天満屋が建ってます。
DSC05754_convert_20151116031522.jpg



駅舎は駅ビル併設ですが前回来た時はもっと高いビルでホテルがありましたが
俺が訪問する前の年に閉館が決まり翌年から減築工事が行われ
一昨年春にさんすて倉敷というショッピングセンターに生まれ変わりました。
ビルの雰囲気だけで見れば大きな変化はないかなと思いました。
DSC05756_convert_20151116031451.jpg



時計の針ももう少しすれば6時を迎え暗くなる時間帯なので
夕暮れを見ながら今旅最後の街歩きへ向かいます。
DSC05749_convert_20151116031546.jpg



劇的な最終回へつづく。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 山陽本線 広島県 岡山県

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks