2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京都丹後鉄道の旅-2 宮津駅・精養軒のランチ

 【17//2015】

前回のつづき。


福知山からはしだて1号でやってきたのは宮津でした。
DSC06301_convert_20151126040230.jpg



ホームの様子は丹鉄主要駅の一つで宮福線と宮津線が乗り入れてます。
DSC06295_convert_20151126042836.jpg


反対側は架線が敷かれており京都・福知山から来る特急や
一部の普通列車はここに入ります。
山陰本線の園部から綾部まで電化され来年で20年を迎えますが
旧北近畿タンゴ鉄道が大きな赤字を抱えてしまったのは
少なくともこの電化工事の費用が圧し掛かったんではないでしょうか・・・。
DSC06299_convert_20151126042901.jpg



このホームの上屋は昔ながらの造りでこれだけ立派なものが
現在も残されててこれも有形文化登録してもよさそうな感じの
風情がありローカル線の雰囲気満点ですね。
DSC06292_convert_20151126042932.jpg


跨線橋も架線がなくローカル鉄道らしいいい雰囲気で塗装もそのままで
ちょっと枯れた感じが良い味を出してるように見えました。
DSC06293_convert_20151126043240.jpg

DSC06302_convert_20151126043313.jpg



ホームで撮影してる時福知山で見た「くろまつ」が西舞鶴からやってきました。
食事しながら風景を楽しむのがメインで車内はテーブルがセットされてます。
レストラン列車と聞くと無くなっちゃいましたが北斗星やトワイライトに
グランドひかりが一番思い出されます。
それでもこうしてレストラン列車を行ってる鉄道があるのはうれしいことですね。
DSC06296_convert_20151126042951.jpg
DSC06297_convert_20151126043216.jpg



改札は使われることがなさそうですが有人ラッチが設置されてて
丹鉄直営駅でみどりの窓口も設けられています。
DSC06304_convert_20151126043328.jpg



待合室にはKIOSKが営業してました。
他の主要な駅でも閉店に追いやられる中JRではない
鉄道会社を持つ駅ですが元々は国鉄の駅でJRでの駅も
数年受け持ったことがあることからなのかわかりませんが
主要駅の風格がありますがこの駅は観光客よりも
地元の人たちが多いようで丹鉄の日常を垣間見るようでした。
DSC06305_convert_20151126043346.jpg



駅舎は瓦屋根が特徴的な建物ですが隣の建物は
京都丹後鉄道の本社があり本部もこの中に入ってます。
ロータリーは広くゆったりとした印象です。
DSC06307_convert_20151126043836.jpg


駅前にある食堂では外で待ってる人がいました。
改札出た時には正午を迎えようとしてたのでした。
DSC06309_convert_20151126045655.jpg


俺も昼ごはんはどこにしようか考えつつ散策しながら
やってきたのは宮津市で大正時代に創業して以来80年以上
営業してる精養軒という洋食屋さんにやってきました。
建物も昔ながらな感じの雰囲気ですね。
HPはこちらです。→http://seiyouken.jp/index.html
DSC06319_convert_20151126050835.jpg


せっかくのお昼ご飯だから色々食べたいと思いCランチにしました。
大きなお皿にボリュームのあるおかずがいっぱい並んでますね。
えびふりゃーは(なんで名古屋弁やねん・笑)有頭付きで
ハンバーグにカツやソテー等もうこれ目当てで来たようなものです。
DSC06321_convert_20151126050847.jpg


やっぱりはらぺこさんの俺は飯大盛にしてもらい
味噌汁も頼みました。
味噌汁は平日の昼間はサービスで付くから今度行けたら
平日の日に言ってみようかなと思いつつ大将ごちそうさまでした。
ホンマうまかったです。
DSC06322_convert_20151126050858.jpg


昼ごはん後駅に戻ると今度は「あおまつ」が停車してました。
この列車も福知山で最初見たんですがこちらは予約不要の誰でも
乗ることができる列車であります。
DSC06328_convert_20151126050922.jpg


DSC06329_convert_20151126050938.jpg


車内のインテリアは御存知水戸岡さんがデザインされたもので
網棚からテーブルと至る所に温もりを感じる木材が使われてます。
暖簾がついたカフェではドリンクも販売されてて
丹鉄の風景見ながらこの列車やくろまつに乗ってごはん食べるのも楽しみですね。
DSC06330_convert_20151126051006.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 京都丹後鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 京都丹後鉄道 京都府

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

京都丹後鉄道の車両、ほとんどが20年越なのでは無いでしょうか?
古くなった車両をうまくやりくりして楽しさを醸しているようで、
和歌山電鐵に近い手法ですね。

北近畿タンゴ鉄道は3セク鉄道の優等生と言われていた
と思っていたら、いつの間にか赤字で経営難に・・・

電化・車両新造の重みがジワジワと後から響いてきて
高速道路開通による交通情勢の変化に耐えられなくなったのでしょうか。

Posted at 23:56:12 2015/12/17 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title

ふぐに さん

こんばんは。

京都丹後鉄道の車両は20年以上経過してるものばかりでしたが
和歌山電鐵みたいに楽しい雰囲気の車両が増えてます。

北近畿タンゴ鉄道は電化工事の費用で相当かかったのと
高速道路開通よる交通情勢変化に耐えれず
電化したとはいえ乗り入れるのはJRの車両のみと
いうのも大きいかなと思いますね。

Posted at 04:58:50 2015/12/19 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。