2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

天橋立散策-2 天橋立観光船

 【06//2016】

前回のつづき。


天橋立駅前から文殊堂を散策し
次は観光船から天橋立の松の木を見ながら向かいます。


傘松公園に向かう観光船のりばへやってきました。
丹後海陸交通が運営してて阪急阪神グループの会社ですが
鉄道の駅舎みたいで何かローカル線で見かけそうですね。
DSC06602_convert_20151214021713.jpg


ちょうど着いた船が折り返して11:40に一の宮へと向かいます。
日曜日のこの日は20分に1本で運行してて
仮に乗り遅れても20分待てばやって来るのでそれまで
見たい所を再見物した後もう一度来れば乗れますね。
DSC06598_convert_20151214021534.jpg


この廻旋橋を渡って一の宮の駅まで歩いていくことも出来
自転車レンタルして行くことも出来ますがフリー切符の権利を
使うのと行きたい場所に行けなくなると行けないので諦めました。
DSC06604_convert_20151214021726.jpg


内海で波もなく穏やかなので微かに雨が降る中
デッキからこの景色を堪能したいと思い上に来ました。
DSC06606_convert_20151214021738.jpg


橋立界隈は内海の為波もなくとても穏やかなのが
ここからわかりますね。
5月に乗った賢島クルーズの時は時間も長かったので
中でゆっくり見てましたが今回はあえて外から見ることに。
DSC06609_convert_20151214021755.jpg


ゆっくりと進んで行き赤いフラグを過ぎたら徐々に
加速していきそれまではライン内で進むしかないのです。
DSC06610_convert_20151214021812.jpg



道中は文字通り天橋立の松並木を海上で見ながらの移動です。
微かに雨が降りながらも傘をさす程でなかったので
外でもこうして見れたのかなと振り返ってます。
DSC06613_convert_20151214022328.jpg


道中はカモメが一緒に飛んで来て乗客に愛嬌を振りまいてて
船内に100円でかっぱえびせんが売っててかもめにあげてたのを見ました。
このクルーズは天橋立の松を見るだけでなくカモメと
楽しいひと時を過ごす時間にもあたりますね。
DSC06607_convert_20151214022956.jpg
DSC06611_convert_20151214022315.jpg


桟橋を出て半分過ぎた頃今向かってる場所からやってきた
船が桟橋に戻ろうとしてました。
DSC06615_convert_20151214022429.jpg


DSC06617_convert_20151214022509.jpg


バックからの見ると山の所に観覧車が見えますが
あれは天橋立ビューランドがありそこから又のぞきスポットとなり
龍の形ををしてることから飛龍観という名がつけられました。
今回は断念しましたが次回の楽しみにとっておきます。
DSC06618_convert_20151214022448.jpg


民家が連なってる景色が見えてきたのでゴールは間近。
この風景ちょっとした港町を思い浮かべてしまいそうです。
DSC06619_convert_20151214023020.jpg


12分後対岸の府中地区側乗り場の一の宮に着きました。
DSC06620_convert_20151214023138.jpg


駅前広場には桟橋で見た智恵の輪灯籠が建ってました。
DSC06628_convert_20151214023047.jpg



改札は船がやって来ない時はこうして静かな時間が流れてるようです。
ラッチといい昔ながらの風景を保ってるようでした。
DSC06631_convert_20151214023113.jpg



一の宮の駅舎も立派な木造の建物できれいに改装されたようですが
目の前に旅館があり薄い雲に覆われた景色にあってるようで
秋の日本海のすっきりしない天候がいつ降るかわからないというのを
示してるようでした。
DSC06627_convert_20151214023035.jpg




到着後は駅近くにあるうどん屋さんでお昼ご飯にしました。
時期的に温かい方がおすすめと言われましたが
俺はここでは食べやすいぶっかけうどんと炊き込みご飯を食しました。
IMAG0317_convert_20151119061157.jpg




つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 北近畿

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 丹後海陸交通 天橋立 文殊堂 北近畿 京都府

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。