2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スーパー北斗11号で初日は札幌まで 函館~札幌

 【31//2016】

前回のつづき。


スーパー白鳥の到着が遅れて昼ごはんは調達できましたが
これから札幌に向かうため駅に戻ってきました。
DSC00246_convert_20160114015258.jpg


次の乗るのはスーパー北斗11号です。
DSC00245_convert_20160114015311.jpg


スーパー北斗の相棒はキハ281系であります。
こちらも3年半ぶりに乗りますが前回は五稜郭からスーパー白鳥に
乗った為ここから乗るのは5年ぶりです。
それにしてもホームの中まで雪が積もってるのは
この辺りが内海と津軽海峡から来る海風に乗って
積もったのでしょうか。
DSC00248_convert_20160114020236.jpg


ロゴの上の走行中に付着した雪は冬の北海道の厳しさを伝える
手段の一つかもしれませんが暖冬といわれた12月もこっち来ると
改めて厳しい寒さの中にいることを肌で感じてました。
DSC00249_convert_20160114020250.jpg


函館駅は函館本線のスタート地点でして0キロポストもあります。
ここから458キロ先の旭川まで繋がってて北海道を代表する
路線の一つであります。
DSC00243_convert_20160114020211.jpg



昼ごはんの調達は出来たので一見関係なさそうに見えて
関わってるのは9月終わりに立ち食いうどん屋さんが
諸事情で閉店してしまったことです・・・。
もしラッキーピエロを今旅開始まで知ってなければ
何も食べず札幌まで行くハメになったかもしれません。
今後どうなるかわかりませんが営業再開をしてくれると嬉しいですが・・・。
DSC00251_convert_20160114020533.jpg


定刻通り出発し七飯から藤城線というバイパス線通過後
道南の名スポットの大沼・小沼の風景を見ながら向かいます。
DSC00256_convert_20160114020612.jpg


その道中大沼駅で対向列車の待ち合わせの為運転停車します。
反対側のホームにある駅舎はいい味を出していますね。
寂びれたとはいえかつての繁盛を忍ばせる雰囲気がありまして
今回の旅でも何度かいい味出してる駅や駅舎があれば
随時紹介していきたいと思います。
DSC00258_convert_20160114020632.jpg


2分後対向列車がきまして大沼駅の風景と別れ次に向かいます。
DSC00260_convert_20160114020651.jpg


次は特急停車の大沼公園でした。俺がいた場所が運悪く
駅弁関係の人が列車に渡す作業があったためか駅名しか撮れませんでした。
しかしこことさっき運転停車していた大沼駅までは
1キロしかないので訪問する機会があったらレンタルできる自転車使って
隣の駅まで行こうか考えてますが勿論今回みたいに冬であれば
歩くしかないですが・・・・。
DSC00261_convert_20160114021247.jpg


大沼公園を出ると旋回しながら駒ケ岳が見れましたが
デッキの窓ガラスが曇ってていい画が撮れずじまいで
朝からの疲れもあり移動中に暗くなることは
わかっていたのであえて体を休めることに時間を費やし
気が付けば苫小牧までやってきました。
ちょうど1年前の北海道旅は八戸からフェリーで苫小牧まで来て
道内の鉄路のスタート&ゴールはここでした。
目の前に雪はちょっとあるものの去年の苫小牧は今年の暖冬を
象徴するように雪がなかった光景を見ました。
DSC00263_convert_20160114021303.jpg


苫小牧からは近郊区間に入り大沼駅での遅れの影響で
19時ごろ札幌に着きました。
本当は途中駅の表情もっと撮りたかったですが・・・。
疲れが溜ったまま楽しめないのもいかんのでゆっくりする時間に
ほとんどを費やしたため駆け足気味なのは否めませんでした。
DSC00264_convert_20160114021322.jpg


7両繋いでましたが先頭部が5両目にもありちょっと変わった
繋ぎ方してるなとこの場で思いましたが色々言われてる
JR北海道の苦悩がこの場に表れてるようでした。
もちろん年末年始の多客期の運用的なものもありますが・・・。
DSC00282_convert_20160114022916.jpg



札幌駅はいろんな列車がいっぱい来るので言うまでもなく
ここからは恒例の撮り鉄大会へいきましょう。
DSC00267_convert_20160114023614.jpg


現役の車両の中では最年長のスラントノーズが特徴の
キハ183系オホーツク。ちょうどこの日お昼から
27日早朝に起きたトンネル火災事故後の点検が済み
運行再開になったばかりでした。
詳しいことは改めて話しますがこの時点で翌日どっかから
これに乗って石北本線の旅が出来ることを楽しみにしてました。
DSC00269_convert_20160114023737.jpg


その同じキハ183系の稚内を結ぶサロベツですが。
後ろ側は風雪で雪が見事なまでについてますね。
冬の北海道の鉄道らしい雪まみれの顔をさっそく見ました(笑)
DSC00276_convert_20160114023701.jpg


エアポート号は札幌近郊の重要な列車ですが
うれしいことに721系が来ました。
個人的に好きになれないロングシートを容赦なく入れてきた
733系編成よりもこっちが来るとこれ乗っていきたいと思い
万が一来た場合はこれが来るまでは待つか
新千歳から千歳までそれに乗りそこから
写真の車両の普通列車で行くかどっちかにします。
4度訪問して721系を何度となく見てますがやっぱりイケメンっすね(笑)
DSC00274_convert_20160114023648.jpg



JRタワーが隣にある1番のりばには733系のようですが・・・
よく見るとA-101の表示があり顔は一緒でも735系ですね。
これは極寒地で初のアルミ車体を使った車両で側面には
黄緑色の帯が入ってない質素な感じに見えますが
実質は試験的に導入するため2編成のみで終わり量産の声は上がらず
この後はステンレスの733系が大増備されたのは言うまでもありませんね。
DSC00280_convert_20160114023817.jpg


札幌に着いてからは改札は出ずそのまま列車に乗って
行きたかったショッピングセンターに行き数時間後ここに戻ってきました。


つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 函館本線 札幌

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

大沼公園に行ったとき、通り過ぎる列車を見ました。
北海道で列車に乗りたいなぁと思いました。

北海道の鉄道は夢ですが、行くならまず飛行機で入らなくてはと思っています。


やっぱり 雪は凄いですね。


Posted at 21:19:29 2016/01/31 by yume

Comments

Re: No title

yume さん

返信遅くなってすみません。

大沼公園は列車が通る所を見る場所が多かったと思いますが
列車から大沼や駒ヶ岳を一望出来る最高の区間です。

yumeさんが住んでる場所ですと飛行機に
乗らなければ行けないですね・・・。
暖冬といわれたこの冬ですが雪量は半端ないです。

Posted at 05:56:25 2016/02/02 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks