2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

最後の夜行急行 はまなすを見届けに

 【02//2016】

前回のつづき。



札幌に着き一先ず行きたい所に立ち寄った後
もう一度札幌駅に戻ってきました。
DSC00304_convert_20160114025607.jpg


時間は夜9時40分過ぎということは10時が近いということですね。
となればもうこれを見るしかありませんね。
唯一の夜行急行はまなすを見届けに来たからであります。
DSC00285_convert_20160114025624.jpg


色んな所を撮りながら先頭側にはたくさんのギャラリーが出来
みんな最後の瞬間を撮ろうとしてました。
先月のダイヤ発表でこの3月21日を持って運転終了となるので
これが最後というつもりでいました。
DSC00293_convert_20160114030112.jpg




出発の時間が近づいててみんな順番に撮ってて
もしかすると思ってここからスマホで1発撮ってみました。
年末の繁忙期なのでいつもの7両よりもはるかに
連結してるので一番真ん前にいてここからしか撮れませんでした。
前の写真を見てもそれだけ注目されてる列車である証を
俺はこの場で見れた喜びと新幹線開業により廃止され
代替列車も一切なしという対応したJR北海道への怒りが込み上げてました。
IMAG0412_convert_20160107013735.jpg


近いところから撮れたのはHM位で乗り場が変わったのもありますが
多客期で恐らくたくさんつないでるのかなと思いました。
DSC00294_convert_20160114030059.jpg


DD51の道内での活躍は開通後どれだけになるのか
気になりますが廃止後も貨物列車等活用法があるはずですが・・。
DSC00295_convert_20160114032158.jpg



この日は増21号車という普段お目にかかれない
号車札を見ることができました。
DSC00291_convert_20160114030131.jpg


のびのびカーペットの入口の車体もボロボロで
何百戦練磨の老兵のような佇まいですが
長い間この時期に耐えてきた勲章なのかもしれませんね。
DSC00289_convert_20160114030423.jpg


初めて北海道行ったときに札幌から乗ったのはこれで
上の段を選んだまではよかったもののキャリーバッグが
仇となり狭い空間で寝泊まりしなければならなかったのも
今となってはいい思い出です。
もう一度乗るチャンスを与えてくれたのならば下の段で
横になりながら夜汽車の素敵な雰囲気を味わいたかったです。
DSC00288_convert_20160114030217.jpg


指定席の一角にあるラウンジコーナーもちょっとした
フリースペースですが最近のJRの新型車は機能重視で
こうした楽しい旅をするスペースがほとんどないような気がして
何か味気ないなと感じてしまいます。
DSC00287_convert_20160114030201.jpg



この日の最後尾は11号車でした。
がここでもボロボロの状態でお色直しせず
ずっと放置していたのを曝してしまったJR北海道の厳しい現状が伺えます・・・。
DSC00296_convert_20160114030315.jpg



後ろ側は余裕もあって客車とHMが誇らしげですね。
この旅の後にわかったんですが当ブログの常連さんである
jamさん一家が札幌に帰省してて撮影中のどこかでニアミスがあったことがわかりました。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://jam1226.blog40.fc2.com/blog-entry-1961.html
DSC00301_convert_20160114030342.jpg


実は定刻になっても出発せず30分遅れることになったんですが
これはスーパー宗谷4号の遅れによるもので
出発まで見送りたかったんですが・・・
翌日の日程に支障が出るといけないので
どこかでキリを付けなければならず10時15分頃に
改札を出て地下鉄札幌駅に行きました。
DSC00305_convert_20160114030446.jpg


今夜の泊まるホテルのあるすすきのにやってきました。
ニッカの王様の大きな看板を見るのは1年ぶり。
仕事納め明けの早朝から夜までの大移動に費やした初日は終わり
翌日から始まる冒険に向け翼を休めました。
DSC00309_convert_20160114030511.jpg



2日目へつづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 夜行列車 はなます

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんにちは

新幹線にばっかりお金をかけるから ほかの車両が我慢してる ほかの地方が我慢してる そんな現状がはまなすの体に現れていましたね いたいたしかったです これでがんばってきたんだ、と 
道民はそんな新幹線を必要としていないです 道内に住むものが道内を移動するのに必要なものを削がれていて・・・
経済効果を期待する新幹線沿線のマチは違うのでしょうけれどもね

そうそう、このはまなす30分遅れだったんですよね・・・・スーパー宗谷が鹿轢いたとかで
この遅れで はまなすに乗って札幌から千歳に行った息子たち、千歳から最終で帰ってくる予定だったのにそれに乗れず!
千歳からタクシーで新札幌まで帰ってこさせたという(汗汗汗)
まあ楽しい経験になったみたいです
次男は初めての真夜中のお出かけだったし 寝台列車なんて初めてだったし 親の居ないお出かけだったし 
よい思い出をはまなすにもらいました

Posted at 08:35:42 2016/02/02 by Jam

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 15:06:54 2016/02/03 by

Comments

Re: No title

jam さん

こんにちは。

僕も同感で何兆円もムダ金出して新幹線整備するくらいなら
道内で必要としている特急列車達や普通列車にかけるべきですよ。
経済効果を期待する沿線のマチは別にしろシワ寄せが酷過ぎです。

スーパー宗谷がシカ轢いちゃいましたか・・・。
確かに道内の先へ行けばいくほどエゾシカもいて去年花咲線乗った時
シカのがいるのを電車から確認しましたが
北海道でしか出来ない貴重な経験出来たと振り返ってます。

30分遅れの影響で千歳から新札幌までタクシー乗らないかんかったから
相当な額しましたがいい経験になってよかったですね(苦笑)
はまなすは全区間乗りましたが初めて乗った時
素直に下の段にしていればキャリーバッグを置く場所も考えれて
広く使えたかなと思ってますが北海道旅の思い出話が
こうして出来るのもうれしい限りです。

Posted at 22:09:51 2016/02/03 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。