2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スーパーカムイ3号で旭川へ

 【04//2016】

2015年12月30日


1年ぶりのすすきのを朝7時半頃ホテルを出ましたが
微妙な曇り空が覆ってました。
DSC00312_convert_20160114042803.jpg


地下鉄に乗り早速札幌駅に向かいました。
年末を迎える朝ですがたくさんの人が利用してました。
DSC00317_convert_20160114042815.jpg


この日最初に乗るのは8時ちょうど発のスーパーカムイ3号。
DSC00323_convert_20160114043434.jpg


カムイに乗るのは3度目ですが今回も785系に当たりました。
前回も2回ともこれで内1回は指定席Uシートに乗りましたが
789系に当たることが低いのがちょっと異常な気がしないわけでも
ありませんが・・・(苦笑)
DSC00318_convert_20160114043419.jpg


しかし発車直前外は突然吹雪いてきました。
1年前にも体感した冬の北海道は天気の変化が激しく
突然吹雪いたりすることもあるのですが
波乱間違いなしの2日目が始まろうとしてました。
DSC00320_convert_20160114043456.jpg


定刻通り苗穂・白石を過ぎ千歳線の平和辺りには
貨物取扱量日本一の札幌貨物ターミナルを通過します。
DSC00332_convert_20160114043547.jpg


コンテナのも2段積みのものが並んでてここから
道内や本州に向けて送られる物資の拠点であります。
コンテナが置かれてるのは見れましたがまさかの天候で
こんなに外が暗くなるなんて思いもしませんでした。
DSC00336_convert_20160114043640.jpg


千歳線と分かれ東へ向かいますが札幌の中心街から離れ
江別市に近づいてくとさっきまで都心部にいたのが
嘘のような北海道らしい風景に戻ります。
並行する国道12号線と広大な景色とともに東に向かいます。
DSC00342_convert_20160114043614.jpg


岩見沢は2回目の時に訪問しましたがその先は普通電車で
これから行く旭川まで乗りましたが711系に乗ったものの
疲れと寒さをとる為に寝てしまし気づいたら清掃のおじさんか
運転手の人に起こされて終着駅についたという
俺の旅の記録史上もっともやってはいけないことを
やらかしました・・・(滝汗)
今回はある意味リベンジも含めた移動になるかと思いますが
この区間では珍しい橋上駅の美唄駅。
DSC00366_convert_20160114043927.jpg


岩見沢を過ぎた後位から天気が回復して青空が見え
札幌出た時あれだけ降ってたのが嘘のようでした。
DSC00364_convert_20160114043913.jpg


石狩地方で発車直前に雪が降り出し荒れ模様の中
始まりましたが空知地方は晴れ渡りこの時点では穏やかな
天候の朝を迎えたのかなと思いましたが・・・。
DSC00368_convert_20160114043956.jpg


列車は砂川・滝川に停車しさらに先へ進みます。
この辺りは長い直線の続く区間で有名ですね。
滝川駅は翌日訪問予定ですが根室本線の起点駅であります。
DSC00370_convert_20160114044017.jpg
DSC00373_convert_20160114044032.jpg


滝川を過ぎ札幌本社エリアから旭川支社所属の妹背牛を通過します。
DSC00379_convert_20160114044058.jpg


駅名標の衝立が雪に埋まってて冬の北海道の厳しさを垣間見ますね。
DSC00380_convert_20160114044111.jpg


道内で青空と太陽見ると本当に気持ちのいい天気に
出会えたなとあたらめて思いました。
1年前札幌の市電乗っててプリンスホテル前を通った時を思い出します。
DSC00381_convert_20160114044131.jpg



深川を過ぎ石狩平野部と一時別れて山あいに入り
ここからトンネルの連続する区間に入ります。
この近辺のトンネルといえば忘れもしない12月27日未明
嵐山トンネルで火災事故が起こったのです。
トンネル内の架線から火花が出て回送列車を運転してた人が
煙が出てることを知らせ消火活動が行われたものの
7時間かかりその日から俺が道内に来た29日昼まで運休もしくは
深川~旭川は代行バスで対応してました。
JR北海道は毎度のことながら不祥事ばっかり起こしてきましたが
よりによって俺が旅する直前かよ!と吠えたくなる気持ちで
もしかするとルート変更を余儀なくするか道内で旅出来る1日まで
旅程の順番変えようか考えてました。とりあえず間に合ってよかったのですが
最低限のレールの管理の出来ない奴等にこんな事件が起きて当然や!(怒)
と思いながら振り返ってますが当日旅行されるはずだった
方々は本当にお気の毒としか言葉が出ずここから先の記事は
JR北海道に対し怒りをぶつけるようなことも言いますが・・・(滝汗)
長い目で見ていただけたら幸いであります。
DSC00389_convert_20160114044241.jpg


ちょうどこの辺りは石狩川と並走する区間で
1969年に複線電化されました。
函館本線最終区間のあたりでもこうしたルート変更の
歴史があったなんて初めて知りました。
廃止となった区間の神居古潭(かむいこたん)駅は
現在も木造駅舎が保存されています。
DSC00394_convert_20160114044308.jpg



近文を過ぎ高架橋に上ると旭川の中心街が見えてきて
スーパーカムイの乗車も終わりが近づいてるようでした。
続きは次回にて。
DSC00399_convert_20160114044333.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 函館本線

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 23:06:45 2016/02/04 by

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks