2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

函館本線・留萌本線 深川駅

 【14//2016】

みなさんこんにちは。
この土日は旅をしてまして今日は京都に行きます。
あいにくの雨模様の2日間ですが楽しんでいきたいと思います。
最高気温が春の時期ですが明日行こうまた冷え込むので
体調管理には注意してくださいね。



前回のつづき。


旭川から普通列車に揺られ深川駅にやってきました。
DSC00545_convert_20160121014505.jpg








乗ってきた列車のキハ54はこのまま留萌本線の終点
増毛駅まで向かいますがここで8分停まります。
DSC00544_convert_20160121014637.jpg


ホームは3面ありこっちが函館本線のホームで
特急停車駅とあって立派な上屋が建ってます。
DSC00549_convert_20160121014708.jpg


隣には留萌本線のホームがありさっきまで乗っていた列車は
ここでお別れし再び駅の撮影に専念しました。
隣のホームも使われてますがかつて幌加内・名寄と結んでいた
深名線はここから列車が出ていました。
DSC00550_convert_20160121014801.jpg
DSC00548_convert_20160121014824.jpg


待合室にはご自由にお使いくださいという案内がありました。
空気がひんやりしててこの時期の寒さは堪えますが
ホームにあると助かりますね。
DSC00552_convert_20160121014842.jpg



跨線橋を上り隣のホームに向かいますがその途中に
希少価値的存在となった電照式ののりば案内がありました。
新得駅でも見ましたがこちらはのりばのみ変わります。
DSC00553_convert_20160121015004.jpg


1番のりばの札幌方面のホームは広く改札が目の前にあるので
ここが玄関です。今の利用状況を考えると過疎化もあって淋しさが
増大しますがかつてたくさんの利用があったことを偲ばせるだけのものがあります。
DSC00560_convert_20160121015021.jpg


駅舎内に入りましたがこんな所にと言ってしまえば失礼ですが・・(苦笑)
改札は自動化されてました。
みどりの窓口も営業してて主要駅として顔もしっかり持っています。
DSC00562_convert_20160121015034.jpg


中には深川物産館が入ってて深川市の名産品が並んでました。
入口にもあったウロコダンゴが名物で90年以上販売している和菓子です。
DSC00563_convert_20160121015105.jpg


1960年竣工のいかにも国鉄時代に造られた横長の駅舎が建ってました。
現在は函館本線留萌本線だけになりましたが空知地方最北端の
玄関として相応しい味のある駅ですね。
しかし28日から29日昼までの間ここから旭川まで代行バスが運転し
駅舎内やここでたくさんの乗客がごった返してました。
あの事件から収集がついた直後の訪問でしたが
静かな空気の中にいることを確かめてました。
DSC00566_convert_20160121015158.jpg



外も夕方4時を過ぎて街灯も付き始めました。
北海道の冬は本当に日の入りが早くその前に行った時
釧路に同じくらいの時間についたときは既に夜を迎えるほどで
本当に早いなと思いました。
DSC00567_convert_20160121015240.jpg



冬季は閉鎖されている駐輪場にも大きなつららが出来てました。
雪が溶けるまでの間はこうしてたくさんのつららを見ることになりそうですが
道外から来たものとして普段見ない景色だけに貴重な風景の連続で
来てよかったと振り返ってます。
DSC00568_convert_20160121015313.jpg


駅前ロータリーの一角にはジェイ・アール北海道バスの停留所があり
そこには幌加内や名寄に行くバスがあります。
実はこれ1995年9月に廃止された深名線というローカル線の代替バスです。
国鉄時代から赤字路線ワースト10に入るほどの路線で
並行道路が整備され正式に廃止されバス転換となったのです。
DSC00570_convert_20160121015332.jpg



到着して30分でここまで変化があるのには驚きでしたが
線路の先にはオレンジ色の夕焼けがはるか先に見えます。
これだけ暗くなるのが早いと駅の撮影も打ち切らないといけませんが
北海道は暗い時間の風景も見たいのすが
札幌行きの特急が来るまでにします。
DSC00574_convert_20160121015543.jpg


2013年春に引退するまでは711系が主役でしたが
現在は721系が引き継いでいます。
札幌圏で活躍してた車両も初期に登場したものは
もうすぐ30年を迎えますが1日も長く活躍してほしいですね。
DSC00577_convert_20160121015629.jpg


札幌へ戻る特急が近づいてきましたがこれから乗るのは
スーパーカムイ34号札幌行きでありますが今回の帰路は
無念の帰路という感じの方が高いです。
深川の近辺は普通列車よりも特急列車の方が本数がダイヤ編成です。
DSC00576_convert_20160121015646.jpg



暗闇の中激走し夕方6時前に札幌駅に戻ってきました。
本来なら白滝近辺の駅からキハ40に揺られながら
トボトボと石北峠を抜けてる最中だったはずでしたが・・・(涙)
虚しさと怒りと悔しさを残したまま帰って来るハメになってしまい
その後は撮り鉄大会をしてました。
DSC00582_convert_20160121015800.jpg




つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 函館本線 留萌本線 空知地方

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。


>2013年春に引退するまでは711系が主役でしたが
現在は721系が引き継いでいます。
札幌圏で活躍してた車両も初期に登場したものは
もうすぐ30年を迎えますが1日も長く活躍してほしいですね。

721系が30年!
そんなこと考えもしませんでしたが、
よく考えたらJR西日本の221系とほぼ同時期の登場。
私の高校〜大学時代だから、そんなものなんですね。

そう考えると、今も103・105・113・117系が普通に走っているのが
すごいことに感じられて来ましたよ。
一番若いグループの117系でも、昭和54年あたりの登場ですからね。

国鉄の開発陣も、まさか自分たちが開発した車両が
こんなに長く現役で使われるとは思わなかったでしょうね。

おっと、話が横道にそれましたが、北の大地の鉄道記録、
楽しみに拝見させていただいております。
続きも楽しみです。

Posted at 23:15:56 2016/02/14 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title

ふぐに さん

返信遅くなってすみませんでした(汗)

721系がデビューしたのが1988年札幌駅高架化と同時で
JR西日本の221系や近鉄の5200系と同じ時期に
登場した車両ですね。

土日に旅しまして京都駅に湖西線の117系や
奈良線の103系が未だバリバリで活躍してるのには
びっくりでした。

確かにここまで長く現役で使われるなんて
開発時から知る国鉄の技術者も思ってなかった
と思われますね。

ありがとうございます。
北の大地の大旅行まだまだ続きますので
楽しみにして下さいね。

Posted at 06:05:02 2016/02/16 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks