2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

学園都市線-3 石狩太美駅

 【24//2016】

前回のつづき。


篠路駅から次の駅に向かいます。
住宅地が続いた札沼・学園都市線もここからちょっとずつ
風景が変わっていきます。
DSC00737_convert_20160128025708.jpg


学園都市線の愛称名を象徴する駅の一つ
あいのさと教育大は1986年11月1日開業した駅です。
この日は国鉄として最後のダイヤ改正を行った日でありますね。
新川から続いた複線はここまででここから先は単線区間に入ります。
DSC00739_convert_20160128030910.jpg


あいの里公園を過ぎるとJR北海道最長の石狩川の鉄橋を渡りますが
防風フェンスが張られてます。
川の風景が拝められず雄大な風景が台無し状態でした。
DSC00744_convert_20160128030937.jpg



鉄橋を渡った後北海道の人気お土産の
ROYCEの工場があります。
俺も北海道旅したときに札幌駅で買ったことあり
とてもおいしいチョコレートをいただきました。
ROYCEと来て忘れてはいけないのはやっぱり
ベタの白い恋人じゃないでしょうか。
DSC00746_convert_20160128034705.jpg


721系は15年にわたり増備されましたが
俺が乗ったのは最後に増備された時のでした。
初期の頃にあったデッキが無くなり変化があります。
それだけにエアポートにねじ込んだロングシートの733系の
クロスシート版を見たかったです。
DSC00738_convert_20160128030843.jpg



次にやってきたのは石狩太美駅です。
石狩川の鉄橋渡るまではずっと札幌市の駅が
続いてましたがは石狩郡当別町の駅であります。
DSC00755_convert_20160128035324.jpg






乗ってきた列車が去っていくときは必ず雪煙を上げながら
去っていきますがこれも冬の北海道らしい風景ですね。
DSC00749_convert_20160128035914.jpg



着いたときには対向列車もいて俺が桑園から篠路まで乗った
車両が札幌へ戻ろうとしてました。
単線区間に入りこうした交換も見るようになりました。
DSC00747_convert_20160128035934.jpg



相対式のシンプルなホームですが上屋の屋根は
駅舎の色と合わせるように赤茶色に塗られてまして
統一感がしっかりしてるように見えますね。
DSC00757_convert_20160128035856.jpg



架線には有刺鉄線風のものがつけられてましたが
これは電気が通るところに雪がつかないようにつけられたのでしょうか。
DSC00751_convert_20160128035950.jpg


駅舎入口には立派なレリーフが飾ってありました。
DSC00754_convert_20160211053154.jpg



駅舎の中に入るとかつて委託の窓口の跡らしきものがありました。
撮影中にJRの社員らしき人が巡回に来てて券売機の集金業務をしてました。
DSC00758_convert_20160128042008.jpg



反対側には観光センターらしき施設が入ってますが
年末年始に入ってるのでお休みでした。
もしやっていたら近辺の地図をもらったりしていろんな情報を
ゲットしようと考えてましたが・・・しゃあないっすね(苦笑)
DSC00760_convert_20160128042457.jpg



駅舎は北欧を意識した建物が建ってますが
これはスウェーデン・レクサンド市と姉妹都市の関係であるためです。
建物自体は大きくないものの真ん中の屋根が尖ってるのが特徴ですね。
時計があるというのも何となく白滝駅を思い出してしまいそうですが・・。
DSC00771_convert_20160128042839.jpg



駅前広場も整備されて学園都市線の主要駅らしい風景ですが
やはり冬の北海道らしく雪いっぱいでした。
DSC00762_convert_20160128042751.jpg


駅前で撮影中屋根から雪が落ちる瞬間を捉えました。
前夜もその前から積もった雪が残ってますが
下には落ちた雪の量の多さにびっくりする自分がいました。
DSC00769_convert_20160128042811.jpg


その駅舎に戻って時刻表を見ましたが列車本数は
札幌・桑園出た時は20分に1本の割合で1時間3本程ありますが
ひとつ前のあいの里公園で折り返す列車も一部あります。
それでもそこそこ本数はあるので駅めぐりには支障はなさそうでして
俺が乗った時間帯は30分ごとでしたのでちょうどいいくらいでした。
DSC00759_convert_20160128053522.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 学園都市線 札沼線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

>鉄橋を渡った後北海道の人気お土産の
>ROYCEの工場があります。

今でも何だかんだ言って、北海道土産の定番
ですよね。
無難にどのチョコレート買っても美味しいですし。
もっと言うと、個包装だし。
一時期は、デパートの催事で物凄い行列が
出来てましたが、最近は名古屋のデパートの
催し自体に出店することが少なくなってきた
かの様に思います。

>初期の頃にあったデッキが無くなり変化があります。

えっ、あの北海道でまさかの、デッキ無し車両なんですか!
と思ったら、通勤形とはいえ、後からデビューした733系も
735系も皆デッキ備えてないんですね。
確かに、札幌近郊ではラッシュ時の邪魔になりますし、
無いで済むのなら無い方が良いかもですね。
個人的にはデッキ付きの721系に乗ると「北海道来たなぁ」
って感じなんですけどね。

Posted at 22:47:55 2016/02/24 by KZ-1

Comments

Re: No title

KZ-1 さん

こんばんは。

北海道土産で代表的でチョコレートで
包装も凝ってますね。
名古屋のデパートで北海道物産展がある時で
出店する機会が少なくなりましたが先週か今週の
ほの国百貨店の広告にロイズが出店するのを見ました。
チョコレートだけでなく駅の看板に直売店でソフトクリームが売られてるの知り
食べてみたいなぁなんて思いました。

そうなんです。
通勤型の731系からデッキなしの車両が登場しまして
ちょうど20年になります。札幌近郊は混雑も激しいので
無ければ無いでいいかもしれませんが
デッキ付きの車両に乗ると昔の北海道の車両という感じがしますね。

Posted at 01:55:28 2016/02/25 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。