2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

学園都市線-4 石狩当別駅

 【26//2016】

前回のつづき。


次の列車に乗るため再びホームに戻ってきました。
DSC00773_convert_20160128042931.jpg



次に乗るのは10:30発の北海道医療大行きは731系が来ました。
これで今回も721・731・733と札幌近郊の車両を制覇しました。
DSC00774_convert_20160128042953.jpg



札幌市内の駅の末端であるあいの里公園を過ぎてから
区間距離が長くなり石狩太美までが4.2キロだったのが
次の石狩当別までは6.6キロあります。
学園都市線の愛称を持つこの路線もこの辺りから
のどかな風景も少しずつ入っていきます。
DSC00776_convert_20160128043043.jpg



桑園を出てから続いた住宅街シリーズもひとまず終わり
北海道医療大学駅から先の区間の序曲のように見える
風景を見ながら列車は進みます。
DSC00781_convert_20160128043116.jpg


予定通り次にやってきたのは石狩当別駅です。
DSC00785_convert_20160128043144.jpg








2面3線要するホームに当駅折り返しの列車も設定されており
札幌通勤圏とローカル線の境界にあたる運行上の拠点であります。
左側には見慣れたキハ40が停まってました。
がここでは遭遇したということだけお伝えしておきましょう。
DSC00787_convert_20160128045635.jpg




駅構内では保線員の方々が線路に積もった雪を
除去する作業を始めようとしてました。
毎年北海道は苛酷な環境の中で業務を行ってますが
この人達の頑張りがあってこそ鉄道の安全や
正確な運行を支えてる縁の下の力持ち的存在です。
DSC00792_convert_20160128045723.jpg



階段を上がるとそこには当別高校の生徒さんが
制作された花壇のコーナーがあります。
殺風景な風景ばかりが続くと気分もよくありませんが
地元の学校と協力し彩りのある駅を創ろうという
気持ちがあると来てよかったと感じますね。
DSC00794_convert_20160128045907.jpg



北海道らしいオープンカウンター式の窓口があり
隣に改札がありますが簡易式自動改札とICカードが設置され
反対側には待合所があります。
DSC00796_convert_20160128053307.jpg


駅入り口を出ると自由通路に繋がってまして
先に北側の方へ足を進めます。
DSC00804_convert_20160128053622.jpg



外に出るとそこには白樺公園がありました。
地元の人達の憩いの場ですが雪も多く大晦日で
人の気配はありませんでした。
それでも子供達が雪遊びしてる姿を思い浮かべそうな気もします。
DSC00797_convert_20160128053329.jpg


自転車置き場も前日深川駅で見た光景を再現してるかのように
雪で埋もれてました。
この条件の中自転車走らせる猛者がいたらすごいようですが
間違いなく無理でしょうね(苦笑)
DSC00799_convert_20160128053410.jpg


駅前通りはマンションや住宅地が形成されてて
商業施設らしきものは見当たりませんでした。
がその先にあるようで右側には地元のコミュニティバスが
走ってる姿がありました。
DSC00800_convert_20160128053437.jpg


大晦日のお休みの時期ですがこちらの方では
雪かきは切っても切れない関係です。
鉄道駅で見るような除雪機を使って車が通れたり
歩くことが出来る様にやってるでしょうね。
DSC00801_convert_20160128053545.jpg



札幌のベットタウンとして成長著しい感じのある橋上駅舎で
さっき出てきた北口と自由通路で行き来出来ます。
石狩郡当別町の代表駅として相応しくロータリーもきれいに整備されています。
DSC00802_convert_20160128053605.jpg



再び駅改札に戻り時刻表を見ると列車の車両が書いてあります。
緑の両数表示がないのは隣の北海道医療大学駅より先に行く列車です。
よく見ると札沼線の今でいう非電化区間は一番多い石狩月形までが
7本でそこから先は更に減って新十津川までは3本で
札幌から乗ってきたこの今旅はここからが本番です。
続きは次回お伝えします。
DSC00806_convert_20160128053857.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 札沼線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんにちは(*'-'*)ノ

お花の横に車椅子が準備されているのも優しさ感UPですね。
建物、公園その他も曲線を多用して、ほっこりする良いデザインと思います(*^-^*)

Posted at 13:00:30 2016/02/26 by 凛丸

Comments

Re: No title

凜丸 さん

返信遅くなってすみませんでした(汗)

車椅子が映ってるの今更ですが・・・(大汗)
凜丸さんのコメントで気付きましたが
いつでも用意できるよという安心感を感じさせますね。

公園の入口にある建物の造りが印象的で
この形どっかでよく見かけるなぁと思いながら
振り返ってます。

Posted at 04:56:33 2016/02/28 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。