2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

札沼線-1 石狩当別~新十津川へ

 【28//2016】

前回のつづき。


学園都市線の地味な(笑)駅舎旅を経て
今旅前半の締めに相応しい非電化区間にして札沼線の終点
新十津川に向かうため再び戻りました。
乗る列車はもうこれしかありませんね。
DSC00805_convert_20160128053718.jpg


相棒は御存知キハ40であります。
意外かもしれませんが・・・(苦笑)北海道でこれに乗るのは初めてです。
DSC00809_convert_20160128054323.jpg



発車する10分前。7:45にここを出て新十津川まで
行った列車が戻ってきました。
直前でありながらキハ40同士の留まってる姿を見ることが出来ました。
DSC00807_convert_20160128055509.jpg


石狩当別を過ぎても電化区間は少しだけ続いてます。
DSC00814_convert_20160128061629.jpg


電化区間末端にして学園都市線終着の北海道医療大学駅に停まります。
DSC00816_convert_20160128061731.jpg


前後しますが着く直前には北海道医療大学の建物が見えます。
あいの里教育大と共に学園都市線の愛称に相応しい大学が
目の前にありますがちょうど冬休み期間でしたので
人もほとんどないようでしたが当駅から数人の若者が乗ってきました。
DSC00815_convert_20160128061656.jpg



北海道医療大学駅を過ぎいよいよ非電化区間に入ります。
DSC00819_convert_20160128064410.jpg



札沼線の道中は空知国道の愛称を持つ
国道275号線と並走する区間もいくつかあります。
札幌のベットタウンの喧騒からやっと解放され
北海道ローカル線らしいのどかな風景を楽しみながら北上していきます。
DSC00818_convert_20160128064726.jpg


本中小屋駅は前の駅から続く貨車を使った駅舎が建ってました。
DSC00821_convert_20160128064649.jpg


中小屋駅も同じ塗装で一見同じように見えますが
こっちは手入れされて無いようで錆が付いてひどい状態ですね。
DSC00827_convert_20160128064819.jpg



車内は18きっぷと北海道&東日本パスシーズン真っ盛りで
ボックスシートも全て埋まってました。
先の石狩当別到着直後列車が停まってたので先に座ってた人もいて
みんなこれに乗る為に来たという感じでした。
DSC00813_convert_20160128063043.jpg


知来乙を過ぎずっとのどかな田園風景が続きましたが
石狩当別以来久しぶりに集落が見えてきました。
DSC00837_convert_20160128064919.jpg


石狩当別を出て30分少々石狩月形駅まで来ました。
ここで時間調整の為2分ほど停まります。
DSC00842_convert_20160128064935.jpg


短い時間だったので急いで撮りましたが・・・(汗)
島式のホームがあり両隣には側線もあって北海道医療大学出てからは
1面1線の棒線駅が続いてましたが久しぶりに交換設備のある駅に
やってきたという感じがします。
DSC00839_convert_20160128064955.jpg


時間の都合ここからでしたが大きめの木造駅舎が建ってて
踏切りをわたって改札へ向かいます。
数人でしたが地元の利用者もここで降りた人も見かけました。
2月8日に普通列車減便の詳細が発表されましたがここまでは上りが7本
下りが8本とほぼ据え置きのようでした。
DSC00840_convert_20160128065049.jpg



ここから先1閉塞区間に入るため列車交換の出来る最後の駅であります。
選んだ列車が悪かったのかもしれませんが朝早くに来ていたら
列車交換のため20分停まる列車でゆっくり撮影出来たかもしれませんが
全線通じ色んな駅見たかったのでしょうがないっすね。
DSC00841_convert_20160128065728.jpg



石狩月形を過ぎ秘境感ある豊ヶ岡を過ぎると
きれいな雪山が見えてきました。
俺と同じくこれを撮る為窓越しからシャッターを切ってる人を見かけました。
DSC00848_convert_20160131021043.jpg


札比内駅は駅名標の後ろに小さな木造駅舎がある駅です。
DSC00850_convert_20160131021120.jpg


月ヶ岡を過ぎてからは単独で走ってましたが札比内過ぎた辺りから
再び275号線と並走します。
幹線道路の雰囲気見ても北海道にある国道という言葉が似合いそうですね。
DSC00851_convert_20160131021400.jpg


道中には小さな商店もポツンポツンとありますが年末年始で
お休みの時期に入ってるのでシャッターが閉まってました。
DSC00854_convert_20160131021419.jpg



晩生内(おそきない)駅も札比内同様同じ大きさの駅舎が建ってますが
ホーム側に何故かベンチがありました(驚)
改札用のラッチがかつて駅員が配置されてたのを偲ばせます。
DSC00857_convert_20160131021443.jpg



札的(さってき)駅は1面だけのホームで桑園側に
一見小ぶりな駅舎らしきものがありましたが実はこれ
待合室で一つ間違えて駅名看板が建物についてれば
沿線の駅より立派な建物のように見えますね。
DSC00860_convert_20160225053446.jpg



ちょうど1時間後浦臼(うらうす)駅に着きました。
道中の駅をチェックしても学園都市線の名が入った
駅名標がここでも使われてることに違和感を感じました(苦笑)
駅の前後には集落が形成されてまして久しぶりに
まともな駅舎が建ってましたがこれは歯医者さんが入ってます。
ここで折り返しの列車もありここから先は道内で有数の超閑散区間に入ります。
DSC00864_convert_20160131021719.jpg


浦臼を出てから赤白の煙突がありますが
これは奈井江火力発電所が立地してます。
近くに石狩川が流れててそれを利用してますが35万キロワットの電力を
何が主なのかと言います国産の石炭がエネルギー源で賄ってるのです。
北海道といえば夕張が石炭の一番と言われてましたが
閉山して何十年もたってますがまさか石炭をバリバリに活用してる
場所がここにあったなんて俺もびっくりしました。
DSC00870_convert_20160131022428.jpg



275号線と分かれ於札内(おさつない)に着きます。
目の前に小さな待合室があるだけの駅で
錆びついた国鉄時代からある駅名標が
この区間の現状を物語ってるようでした。
DSC00873_convert_20160131022518.jpg



石狩当別を出た時はボックスシートは埋まってましたが
半分程空いてました。
普段の時期であれば間違いなくガラ空きでのんびり旅で来たんですが
そこそこの乗車率でみんな終点まで向かってました。
DSC00871_convert_20160131022537.jpg



気が付けば下徳富(しもとっぷ)駅まで来ましたが
列車内から大きな駅舎が建ってるのには何故?と思ってしまいました。
事務室が閉鎖され無用の長物と化したたくさんの道内の駅の一つで
今回の札沼線旅でいくつも見てきたのでしょう。
DSC00877_convert_20160131022635.jpg


途中雲が多い雪が降ったりしましたがトータルでいえば
天気のいい状態が長く天候に恵まれた旅だったと振り返ってます。
DSC00878_convert_20160131035159.jpg



運賃表の次の停車駅は終点の駅を示してました。
初めて乗るキハ40での電車旅もフィナーレ間近であります。
DSC00882_convert_20160131024109.jpg


生で見るのは初めてのマンションらしき建物と
1面のホームが見えて来ました。
初乗車にして札沼線完乗の証である新十津川駅に着きました。
DSC00884_convert_20160131025120.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 札沼線 ローカル線

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

札沼線キハ40

こんばんは。

burning sさんがJR北海道のキハ40に初乗車とは少し意外でした。
ただ、初乗車にして札沼線のキハ40とは…羨ましいです。

というのは、札沼線のキハ40はキハ40の中でも特急用のエンジンを積んだ「最強のキハ40」らしいです。

この区間は豪雪地帯らしく、本来ならキハ54がほしいところを、仕方なくキハ40で運用している。そこでパワーアップのために特急用のエンジンが使われていると聞いたことがあります。
扉が緑色なのが特徴的だと思います。

続きも楽しみにしております。

Posted at 20:43:40 2016/02/28 by 宿はなし

Comments

No title

こんばんは。

札沼線の末端部、一日一往復の運行になるとか。

清水港線か!と思ってしまいましたが。

現在の輸送状況ではやむを得ないのでしょうね。

Posted at 22:03:36 2016/02/28 by ふぐにさん。

Comments

Re: 札沼線キハ40

宿はなし さん

こんばんは。

そうなんです(苦笑)
前回もローカル線乗りましたがキハ54でして
初めてのキハ40が札沼線というのも思い出深いですね。

最初に載せた写真のキハ40扉が黄緑色でしたが発車10分前に
戻ってきたので色違いの40かなと思ったら
積んでるエンジンの違いでしたか・・・。

ありがとうございます。
今旅折り返し地点から後半戦へ入りますが
超大作の続編楽しみにして下さいね。

Posted at 02:56:12 2016/02/29 by burning s

Comments

Re: No title

ふぐに さん

こんばんは。

来月のダイヤ改正で末端部は1日1往復になるんです。

年末年始で18きっぷのシーズンだったのでそこそこ
埋まってたんですが・・・。

普段の時期の利用状況を見れば仕方ないと思います。
次回の記事でお伝えしますがキハ40が
そこまで酷い状態になってしまったのかと愕然としました。

Posted at 03:07:26 2016/02/29 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。