2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

札沼線-2 新十津川駅

 【01//2016】

前回のつづき。


石狩当別からキハ40に揺られやってきたのは言うまでもなく
札沼線終点の新十津川駅であります。
DSC00895_convert_20160131035811.jpg


乗ってきた列車は石狩当別からここまでの運用が殆どで
電化される前は直通列車もあったようでした。
DSC00887_convert_20160131040526.jpg



一角には76.2/1=76.5キロの小さなサインが立ってます。
これは札幌からではなく桑園からここまでの距離で
運行上は札幌からですが札沼線は隣の桑園からが起点であります。
DSC00896_convert_20160131040653.jpg


同業のみなさんもここに来た記念に撮影をしています。
年末年始の時期ですので18きっぷや北海道&東日本パスのシーズン真っ盛りで
いつもなら数数えれる人しかいない列車が
半分ほど座席が埋まってたので18の偉大さというのを垣間見ました。
DSC00899_convert_20160131040744.jpg


この先にあるマンション手前に車止めがありますが
かつては留萌本線・石狩沼田までつながってて
札沼線の沼はここから名づけられましたが
1970年代に区間廃止となってしまいました。
DSC00885_convert_20160131040859.jpg



反対側に目を向けると駅舎が待ってました。
それにしてもこの時は天気にも恵まれ雪の量は多かったですが
この時点では抜けるような青空が歓迎の印だったことを
写真見ながら振り返ってます。
道内の列車旅の中で一度はお目にかかりたかった
駅舎の中へ向かいたいと思います。
DSC00892_convert_20160131040945.jpg



DSC00906_convert_20160131041412.jpg


中にある時刻表を見ると現在3往復設定されてますが
3月26日の北海道新幹線開業によるダイヤ改正(改悪・怒)では
浦臼から新十津川まではなんと1往復に減便されます。
キハ40系の老朽が予想よりも酷かったとJR北海道は言ってますが
俺に言わせれば必要ない新幹線の為に放置してきた結果で
今更何言ってるんや!と言いたいくらいでわかった段階で
言わなかったのかと相変わらず信じられないことだらけです。
が一方で部分廃止の足音が来てるかもしれません。
DSC00902_convert_20160131041110.jpg


無人化されて長い時が経ってますが窓口跡の一角には
駅ノートやヒストリーなど地元の人達が創ったコーナーがあります。
DSC00907_convert_20160131041328.jpg


新十津川駅は元々は終着駅でなかったのは最初言いましたが
ここには着工から休止・再開・一部廃止に至るまでの波乱に満ちた
ヒストリーが紹介されています。
車止めの先にあるマンションから先はレールがつながってて
雨竜町や北竜町を通り石狩沼田まで繋がってた時代のことや
廃止問題まで色々書かれてました。
DSC00904_convert_20160131041347.jpg



駅ノートもあり俺も訪問した記念にメッセージを残していきました。
この時見れませんでしたが近くに保育所があって9:28着の列車が来た時
園児と職員の方が出迎えと見送りを行ってます。
新聞の切り取りやお手製のかわいらしい写真を見るとうれしさよりも
この子達や地元の人たちの思いを踏み躙ろうとしてるJR北海道経営陣への
怒りがこみ上げてしまうばかりでした。
DSC00908_convert_20160131041436.jpg



中の一角にあった古時計。今の駅舎が出来ここに付けられてから
今日に至るまでどれだけの時を刻んできたのでしょうか。
区間廃止の噂が現実味を帯びかねない中1日でも長く
刻み続けてもらえたらと祈るばかりです。
DSC00903_convert_20160131041123.jpg


僅か17分で折り返し再び石狩当別に戻った列車が去った後の
ホームはとても静かな時が流れているようでありました。
この後来るのは約6時間後の19時前ですがこれを見れるのは後1ヶ月切りました。
それを考えると北海道の列車旅で俺が行きたかった一つの
札沼線・非電化区間と新十津川に行けるのが
今回がラストチャンスというつもりでいました。
叶ってよかったという気持ちと気軽に行きにくくなる寂しさの
複雑な気持ちを抱えてました。
DSC00912_convert_20160131043428.jpg


元々はもっと大きな駅舎だったのいうのを聞いてまして
事務所部分がカットされた建物が建ってます。
屋根に積もった雪の量から押しつぶされないか心配でしたが
長い時に絶えたローカル線らしい小さな木造駅舎が
今日も数少ない訪問者・乗客を見届けてるでしょう。
DSC00916_convert_20160131043515.jpg



駅前には空知総合病院が建ってましてこの地域の医療の拠点です。
HPを見たら札沼線の駅や駅ノートのメッセージが公開されてます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.sorachi.or.jp/hureai/eki/ekiphoto.html
DSC00917_convert_20160131043823.jpg



駅前通りも雪量が多くこの中車か歩くかどっちかしか
いけない時期に入ってるのかなという気持ちで見てました。
近くに町役場がありバスも走ってますが
年末年始や冬季期間は本数が少なく
当日この場にいる時までどうしようか考えてました。
DSC00914_convert_20160131043841.jpg



折り返す列車に乗った者もいれば雪の中
歩いて4キロ先の滝川駅へ向かう者もいました。
それにしても道中にアイススケートリンクみたいな
凍った道があるのに彼等は勇気あるなと思いましたが
俺は今回の旅で足元すくわれかけかけてるのですが
ツルッと滑りそうになるのが嫌で仕方なかったです(泣)
DSC00918_convert_20160131044318.jpg



今旅前半の締めくくりに相応しいいかにも
北海道のローカル駅を見届けタクシーを呼ぶため駅の中で待ちました。



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 札沼線 空知地方

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。