2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

函館本線 極寒の砂川駅

 【05//2016】

前回のつづき。


滞在時間は30分程でしたが滝川駅を後にするため
普通列車に乗り次の訪問駅に向かいます。
DSC00955_convert_20160208032834.jpg



風景らしい風景は見れなかったものの冬の時期の寒さと
風雪被害を防ぐ為の防風林がいくつも立ってました。
DSC00959_convert_20160208032852.jpg



8分後の14時過ぎすぐ隣の砂川駅に着きました。
DSC00960_convert_20160208032933.jpg







ホームは2面3線あり真ん中には中線も敷かれてて
ホーム長も長く函館本線の主要駅で特急停車駅なだけあります。
ただスーパー宗谷やサロベツは2010年に追加で停まるようになりました。
DSC00965_convert_20160208041825.jpg



反対側のホームから見ると自由通路があって裏口といわれる反対側には
地元の交流センターがあって真新しい建物も出来てました。
DSC00966_convert_20160208041841.jpg


岩見沢寄りには団地が建ってまして
今の極寒期に備え玄関が内部からの造りをしてますね。
住宅地も形成されてて自由通路が2007年に出来てからは
駅に行きやすくなったんでしょうね。
DSC00972_convert_20160208043047.jpg



現在は函館本線が乗り入れてるだけでしたが
かつては上砂川支線(1994年廃止)歌志内線(1988年廃止)が
乗り入れて雪に埋まっててレールは見れませんでしたが
広い構内が繁栄していた頃を偲ぶことが出来ますが
歌志内線はもっと端の方にあったのをネットで見ました。
DSC00967_convert_20160208041911.jpg


ホーム幅が広くなくやや狭く感じますが
上屋の屋根が木造に古レールを支柱に使うなど
札幌方面のホームは味があるなぁと。
DSC00968_convert_20160208042000.jpg



反対側のホームに行き改札前上には
菓子・スイートロードの名が看板に書いてますが
これは国道12号線を中心に11個のテナント店含めた
店舗が形成されてることから呼ばれました。
かつて周辺に炭鉱が栄えてた時代に労働者の疲れを癒すのに
重宝されたことでも知られてます。
DSC00976_convert_20160208043142.jpg


その駅舎内は札幌から旭川間で唯一自動化されてない改札ですが
窓口が夕方6時で閉まり他の駅より早いのが理由かもしれませんが
新幹線開業ポスターのある場所にはかつてラッチがついていたのでしょうか。
DSC00977_convert_20160208044820.jpg


待合所には座布団がついてますがKIOSKは残念ながら
一昨年頃閉店になったそうで道内の売店もJR北海道同様
似たような?しわ寄せが来てたのでしょうか・・・。
DSC00978_convert_20160208044843.jpg



建物自体大きくありませんが洋風の駅舎が建ってて
小さな煙突が建ってるのが特徴ですね。
しかし手前にタクシー乗り場用の小さな屋根が出来て
全景が見づらいのが難点ですね・・・。
DSC00987_convert_20160208044944.jpg


駅前交差点の一つ先に国道12号線が敷かれてます。
さっき言ったスイートロードのお店が続いてますが
北海道三大菓子から比べてしまうのはよろしくありませんが
知名度ではまだまだといった感じですが砂川市内では
老舗の菓子業や菓子屋もあるので道内の地方も
もっと活発になって欲しいと祈りたいです。
DSC00984_convert_20160208053629.jpg



交差点出てすぐの駅前通りは道は細かれど
昔ながらの商店街が連なってて大晦日でシャッターが閉まってても
先の方で車が数台走ってました。
DSC00985_convert_20160208051935.jpg


やって来た時は曇空が覆ってましたが撮影してる間に
晴れ間も見えました。
しかし冬の北海道の天候は気まぐれで気象予報会泣かせの
めまぐるしく変わりやすい天気に翻弄されそうな感じですが
俺がここまでで天候がいまいちだったのは初日の函館位で
殆どが晴れ間の中電車旅や駅巡りが出来てたので
特に言うことはありませんね。
DSC00991_convert_20160208052032.jpg



次の列車に乗るためホームに戻った時には列車が発車し
雪煙を上げながら次の停車駅に向かってました。
これも冬の北海道でしか味わえない風景ですね。
DSC00993_convert_20160208052200.jpg


ホームで到着する列車が接近するときにこんなのを見つけましたが
まさか北陸本線で旅した時にいつも見たものが
北の大地で見れるなんて夢にも思いませんでした。
DSC01000_convert_20160208052343.jpg


住宅地がある方の時計には温度計がありこの時は0℃でしたが
訪問中はとにかく風が冷たくめっちゃ寒かったです(泣)
今回の旅で最大級の寒さを体感しまして本当の北海道の寒さを
体当たりで感じた瞬間でした。
DSC00998_convert_20160208052230.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 函館本線 空知地方 砂川市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

砂川のお菓子・・・・・

はじめまして。こんばんは。

砂川のスイーツの話ですが、あの「北菓楼」は
入れてあげないんですか?
砂川の本店や小樽でないとなかなか入手が難しい
ホールのバウムや開拓おかきはすでにお土産の定番
になって久しいとは思いますが。

スイーツ系に詳しすぎる嫁はんに言われて、10年ちょい前に
北海道の旅行を許可貰った際の条件が、砂川で降りてバスで
10分のとこの「北菓楼」というところでバウムとおかきを買うて
来い、と指令が出され実際に行きましたが、やはりこれが
厳冬期ではありましたがバスで10分を鵜呑みして、まあ
せいぜい2〜3キロだろうと歩いて行ったことがあり、マジで
死にかけた楽しい思い出があります。

ぜひ、北菓楼も仲間に入れてやって下さいませ。

Posted at 18:58:13 2016/03/13 by AnotherSky

Comments

Re: 砂川のお菓子・・・・・

AnotherSky さん

はじめまして。

コメントありがとうございます。
スイーツ系が詳しくない僕ですが大変失礼しました。
全くの無知で申し訳ないです・・・(猛省)

厳冬期でバス10分の所を歩いて行かれたとは・・・。
想像以上に恐ろしいことをやりましたね。
僕も駅周辺にいた時吹きつける冷たい風が予想してた以上の寒さで
冬の北海道の洗礼を受けたのはいい思い出になりました。

北菓楼も札幌の百貨店にも出てますが来週18日札幌本館がオープンします。
取り扱ってる和菓子・洋菓子もほぼ取り揃えてると載ってたので
砂川の本店や小樽でしか入手出来ないホールのバウムや開拓おかきも
扱うようなことが書いてありました。
是非北菓楼も入れておきますね。

URLも貼っておきますのでこちらもご覧下さい。
http://www.kitakaro.com/ext/tenpo/sapporohonkan.html

Posted at 22:14:32 2016/03/13 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。