2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

函館本線 2016年最初は銭函駅へ

 【15//2016】

2016年1月1日


前夜は雪だるまのジンギスカンをたらふく食べて
ネットカフェで編集中年越して時間がおし気がついたら
真夜中の2時半過ぎホテル戻って温泉入って仮眠とり
チェックアウトしたのが午前8時でした。
年越し時調子に乗りすぎたと反省してます・・・(大汗)
DSC01140_convert_20160211045613.jpg


今回も北口界隈は出番なく終わってしまいましたが・・・
前日夜タワー展望台から風景だけ見れたのが救いでしたが
またいつの日か散策したいと思いますが・・・。
DSC01139_convert_20160211045644.jpg



過去2日間よりやや遅めのスタートで9:13の小樽行きが
2016年最初に乗る列車でした。
DSC01142_convert_20160211053222.jpg


相棒はうれしいことに721系で幸先のよさを感じさそうな
旅の始まりでありました。
DSC00669_convert_20160211045723.jpg


札幌市内の駅をいくつか続いていきますが
札幌駅にいたときには無かった雪が降っててこの日は
途中で1つ駅訪問後小樽駅まで行き
そこから先どうするかは着いてから考えようと決めてました。
DSC01161_convert_20160211054044.jpg



琴似・発寒と過ぎていきますが前日の好天が嘘のように
雪が降り続いてて空模様も泣いてるように感じました。
DSC01165_convert_20160211054138.jpg



乗った列車は新千歳空港から来たのですが
札幌から普通列車に変わったのでU-SEATに乗ったものの
320円かからず乗り得列車でラッキーでした。
721系の場合は転換クロスシート車なので特に変わりませんが・・(苦笑)
元旦の午前でしたが乗車率はまずまずで年の初めでも
初詣を中心にお出かけされる方もいらっしゃったのかもしれませんね。
DSC01150_convert_20160211054206.jpg


札幌西部のベットタウン手稲に着きます。
JR北海道の利用者では札幌に次いで2番目に多い駅です。
言い換えれば札幌駅が圧倒的なのでそれ以外で
1番目という見方も出来ますね。
DSC01166_convert_20160211054238.jpg


手稲を出て隣の稲穂に向かう途中には札幌運転所があり
苗穂にはディーゼル車がたくさん停まってましたがこれは架線が敷かれてなくて
札幌圏で活躍する電車はこちらに配置されてるからです。
DSC01172_convert_20160211060949.jpg


イケメンの721系から厳つい顔した731系と停留してて
楽しい区間でありましたが時間の都合上泣く泣く列車から
見るだけにしておきました。
DSC01175_convert_20160211064653.jpg


普通列車にゆられること25分。
2016年最初の訪問駅は銭函駅であります。
DSC01183_convert_20160211061012.jpg







721系とはここでひとまずお別れし駅をじっくり見て行きたいと思います。
DSC01178_convert_20160211061104.jpg


ホームは2面2線の構造ですが中線があって留置線として使われてます。
DSC01182_convert_20160211062705.jpg



着いてから数分後小樽方面から普通列車が
雪煙を上げながらやってきました。
新年早々から721系の勇姿が見れて冥利に尽きますね。
DSC01184_convert_20160211062728.jpg


跨線橋上って改札へ向かう途中荒れた石狩湾が見えました。
どことなくですが以前見た冬の日本海の海岸沿いで見た波消しブロックに
波が殴りつけてるようでした。
それにしてもここからいい風景が見れるなんて思ってもみませんでした。
DSC01189_convert_20160211062816.jpg



その脇にはこの駅を象徴している大きな銭函と書いた木箱が置いてました。
北海道の鉄道駅の中でも名物駅の一つに上がるのはこれですが
1年の始まりに当たりこうして出会えたことでご利益があることを祈りたいですね。
DSC01191_convert_20160211063049.jpg



駅舎に入ると自動改札が設置されてました。
撮影に熱中するあまり乗る予定でいた9:51発の小樽行きは
この時点で入っても間に合わないことがわかったので
次の10:10発まで待つことにしましたが・・・(汗)
駅員さんと短い待ち時間使って色んな話をしました。
いい感じの方でしてこの駅来てよかったとしゃべりながら思ってました。
DSC01192_convert_20160211063942.jpg



駅舎内待合室は結構広めな感じでヒーターもついてます。
古い駅には最近の駅にはない味わい深さみたいなのを感じますが
左側のZNのアルファベットが模ったいすが面白いですね。
DSC01193_convert_20160211064052.jpg



1880年手宮から札幌まで北海道で始めて鉄道が開業した時から
正式な駅であったことを伝えるに相応しい木造駅舎が建ってます。
現在の駅舎は1931年に建て替えられ今年で85年を迎えました。
駅名の由来はこのあたりがニシン漁で栄えた地区であるとか・・・。
DSC01194_convert_20160211064135.jpg



駅前からも海が見えますがここは小樽市にある駅です。
東側のひとつ前がほしみ駅で出てすぐに同市に入り
同時に石狩総合振興局から後志(しりべし)総合振興局地域に入ります。
DSC01198_convert_20160211064204.jpg


訪問してる最中731系が中線で休んでる姿がありましたが
実はこれ隣のほしみ駅に始発・終着列車がありながら
折り返し線を持ってなくて一度回送し折り返さなくてはならないのが理由です。
ほしみ駅も1990年代中盤に出来た比較的新しく札幌市内では
一番西側に立地してる駅であります。
DSC01199_convert_20160211064224.jpg



札幌出た時は雪が吹雪いてましたが
待ってる間に微かに青空が見えました。
予定より1本後の列車に乗ることになりますが
札幌近郊区間で数少ない木造駅舎を見ることが
出来た喜びを噛み締めながら数分後来る列車を待ってました。
DSC01200_convert_20160211064237.jpg


つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 函館本線 札幌市 小樽市 後志

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

おはようございます(*'-'*)ノ

随分と前、更別の施設でバーベキューをしていたら、他の宿泊客の方がやって来て、

「以前幸福駅の切符を買ったら良いことがあったので、今度は銭箱の切符を買いに行く。薄いのじゃダメらしい、厚いのじゃないと」

と、仰ってましたが、そういうの、お土産用に売っているんですかね?(´・ω・`)

Posted at 11:02:04 2016/03/18 by 凛丸

Comments

No title


×箱→○函
m(_ _)m

Posted at 11:04:23 2016/03/18 by 凛丸

Comments

Re: No title

凜丸 さん

返信遅くなってすみませんでした・・。

ネットで調べたら銭函駅に硬券タイプの入場券
販売してたと思います。
お土産までいかないにしても観光で来た人用も
売ってるみたいですよ。

Posted at 15:42:06 2016/03/20 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks