2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

レールスター編成のこだまで博多へ

 【24//2012】

名古屋を朝7時に出て岡山に9:50に着いてここから博多までこだまに
乗って目指すことにしました。

今まで山陽新幹線内で乗ったときは殆ど"のぞみ”か"ひかり”でした。
今回はあえて岡山からはゆったり揺られながら行くことにしまして
時計の針が10時前をとらえてました。
DSC01406_convert_20120223204203.jpg



こだま741号の担当列車は8両編成のレールスター号でした。
去年春のダイヤ改正でこだま担当の列車が増え500系と同じ運命を
たどることになったようです。
DSC01404_convert_20120223205553.jpg



レールスター編成の4列配置のシートは去年デビューした
九州乗り入れ車両にも継承されかつて走ってた"ウエストひかり”
の流れも受けています。
この車両の8号車後ろ2列には4人一組の個室があります。
どうせなら九州だけでなく東海道にも個室があってもいいかも
しれないですね。
DSC01405_convert_20120223205829.jpg



10:02定刻通り岡山を出発しました。ゆっくりと新倉敷、福山と
停車し新尾道はすぐ発車し三原に着きます。
ここで博多から来たこだまレールスター?とすれ違いました。
一番最初の新倉敷でも見たのですが山陽新幹線もこんな時代に
なり寂しいものです。
DSC01409_convert_20120223211038.jpg




通過列車待ち合わせで5分停車し発車したあと広島の山を駆け抜け東広島に着きます。
写真は撮れなかったんですが上り列車側で黄色い新幹線が通過したのを見ました。
旅先でお目にかかったのはこれが初めてです。
4分の停車の後発車し広島カープの本拠地マツダスタジアムと天神川駅が見えてくると
広島駅が見えてきました。
岡山から1時間20分最速の列車で行けば35分位の所を約2倍の時間を要し
来ました。
乗車率は8号車の指定席はかなりの乗車率で乗車券買った時に
新倉敷や三原、広島から乗る人が多いのかなと思いました。
ここからさらに西へ向かい長大トンネルを通過し新岩国駅に
着きました。新岩国駅は4年前に一度訪問したことがありますが
本当にのどかな山間の中にある駅で利用する人おるんかなと
心配するくらい閑散としてます。
DSC01410_convert_20120223212908.jpg


通過列車の待ち合わせのため9分の停車時間があり
のぞみ号を撮りましたが、300km/hで通過するので
振動がすごく風圧といい凄まじいものでした。
これは気の小さい人には怖いと思います(笑)
DSC01411_convert_20120223213206.jpg



待ち合わせ終了後再び長大トンネルに入り明るい区間に
入ってからここでスマートフォンにDLしたGPS機能が着いた
スピードメーター表を使ってみたらコンスタントに
250から260は出てました。
瀬戸内海と工場のコンビナート地帯が見えてくると
徳山が近づき時間は正午を迎えます。。
徳山、新山口に停車し厚狭に着きました。
ここで通過列車の待ち合わせで8分の停車がありました。
俺が思うには新山口を通過しこの駅を通過して数キロ位が
一番スピードの出る区間やないかと思います。
この駅は1999年に新幹線駅が新たにできた駅で
後に上越新幹線の本庄早稲田駅と同じ既存の高架橋に
増設し壁側が残っています。
DSC01412_convert_20120223213506.jpg



厚狭を過ぎると新下関に着きます。
本州最後の新幹線駅でホームからはヤシの木とふぐ(地元ではふく)
がお出迎えてくれます。
DSC01414_convert_20120223213627.jpg



通過列車の待ち合わせ中上りホームで到着のチャイムが鳴り
三原以来久々にすれ違いがありましたが、聞き覚えのある
床下の音から俺のアイドルトレイン500系がきました(ワーイ!)
出発直前500系より久々の九州を楽しんでやというメッセージを
貰った感のあるすれちがいでありました。
DSC01415_convert_20120223214804.jpg


新下関を発車し2年振りに新関門トンネルを通過し関門海峡が見えて
九州入りし小倉を出てトンネルと九州自動車道鞍手IC(多分)
と連続するトンネルを通過し高層マンションが立ち並ぶ風景が
来たらいよいよ長かったこだまの旅もフィナーレと会いなりまして
13:24定刻通り博多に着きました。
こだまで3時間20分のゆったり旅はいつものる速達列車とは
違った楽しい移動がで出来たと思います。
この後16番のりばについた列車は博多南行きとして
博多から乗車の人たちを乗せ俺は新しくなった博多駅を
見物するのでありました・・・。



つづく


関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 山陽新幹線 レールスター 博多

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

レールスターの車内はこんな風になっているんですね。
これなら正直、N700系よりも乗ってみたいな~と感じます。
4列シートなら快適性もかなりなものでしょうし、急がない
旅なら新大阪でN700系7000番台やこの700系7000番台
の乗り換えたいです。

それにしても500系と700系でここまでスタイルが違うんですね~。
改めて見比べてみると500系の鋭さがよく解ります。
技術的なことはよく解りませんが、車輌のスタイルの変遷も
見ていくと面白いかも知れませんね。

Posted at 02:09:48 2012/02/26 by 三流学士

Comments

Re: No title

三流学士 さん

こんばんは。
レールスターの車内は4列シートは本当に
乗ってみたいと言える車内ですよ。
旅して新大阪で700系7000番台やN700系7000番台
に乗り換えて行く方が楽しみは多いです。

500系と700系は本当にスタイルの違いがわかる
車両で0系から変遷を見ると新幹線の面白さが
気付くかもしれないですよ。






Posted at 18:20:56 2012/02/28 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。