2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

函館本線“山線”-2 倶知安駅

 【21//2016】

前回のつづき。


小樽から1時間30分。
俺が乗った列車の終着倶知安にやってきました。
DSC01419_convert_20160222055530.jpg








ホームは島式の1面2線と駅舎側にもホーム跡があります。
かつてここから室蘭本線の伊達紋別まで
胆振線(いぶり)がつながってましたが
1986年国鉄最後のダイヤ改正の日に廃止されました。
くしくも同日山線を走る優等列車の一つであった
特急「北海」も運行を終えたのです。
DSC01381_convert_20160222055510.jpg


こちらも年季の入った跨線橋がありました。
手入れはそれなりにされてるもようで跨線橋を見に行く
電車旅もいいですね。
DSC01383_convert_20160222055639.jpg


小樽方面に目をやるとさっきまで乗ってきた車両が
側線に入り次の運用まで一休みしてました。
DSC01384_convert_20160222060405.jpg



広い構内の小樽側にある小屋は車庫でしょうか。
かつてSLが走ってた頃の繁盛してた時代を偲ばせるだけの
風格があるこの構内は要衝としての機能を持っています。
DSC01375_convert_20160222060431.jpg



ホームからその先にはスキー場らしき施設があります。
この日はお休みだったようで人がいる気配がなかったようです。
が目の前に目をやると写真を撮った時気づきませんでしたが
転車台らしきものが移りこんでました。
整備された際構内から外れ公園の中に入った感じですね。
DSC01377_convert_20160222060504.jpg


さっきまで乗ってきた区間を跨線橋越しから見ると
銀山駅で見たような山々が立ってました。
小樽からここまで僅か1時間半ほど揺られましたが
道中は決して平坦な道でなく険しいいばらの道を歩んでるようでした。
DSC01415_convert_20160222064359.jpg



改札側の元ホームには倶知安町の周辺にある
羊蹄山やニセコアンヌプリといった山が入ったウェルカムボードがありました。
DSC01388_convert_20160222060537.jpg



改札口は目の前ですがここに列車が停まることがないのが
正直信じられず跨線橋を渡らないといけないのがちょっと不便でしたね(苦笑)
DSC01389_convert_20160222060612.jpg



その改札口は現在使われなくなった有人ラッチも残ってますが
山線内でも数少ないJR直営駅です。
行先案内もついてますがここから小樽までは大体1時間1本程度で
静かな時間帯と混雑してる時間があります。
DSC01395_convert_20160222060733.jpg


待合室は広くスキーヤーや登山客に対応してるようですが
ここでもKIOSK閉店の波が押し寄せてました。
一つ気がかりなのはセブンイレブンに改装されて再オープンしてるので
将来的にどうなるか気になりますが無理が祟ったのでしょうか・・。
DSC01396_convert_20160222060808.jpg





駅のロータリーの一角には道南バスの営業所がありました。
ここからニセコ・留寿都といったリゾートと結ばれてますが
廃止となり胆振線代替バスもここから出てるようです。
事業者名に道南が入ってて素朴な疑問ですが
倶知安町は道央なのか道南に入るのか気になってました。
DSC01401_convert_20160222062045.jpg



駅入口ではタクシーや送迎のミニバスがたむろしてますが
駅前のロータリーも広いです。
DSC01411_convert_20160222064339.jpg


長万部~小樽間の山線の中で一番の中心駅にふさわしい
2階建ての立派な駅舎が建っています。
優等列車の廃止に伴い凋落感は否めないものの
季節によっては臨時特急も運行してますが
後志振興局合同庁舎所在地なだけに将来新幹線が札幌まで延びた時の
停車駅となる予定ですがそうなると山線は事実上の廃止となるので
正直気分のいいもんじゃないですね。
DSC01403_convert_20160222062108.jpg



駅前は車が数台通ってましたが元旦の日なのでどこもお休みでした。
DSC01406_convert_20160222062225.jpg


駅に戻り時刻表を見ると列車本数が少ないのがわかりますが
ここからさらに南下し長万部に向かう本数は6本です。
これを見ても山線が如何に険しい道のりであるかが伺えます。
DSC01413_convert_20160222064415.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR北海道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR北海道 北海道 函館本線

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

こんばんは。

倶知安駅のホームに自動車が鎮座しているのが気になりましたが
当然JRの管理用なのでしょうね。

駅のキヨスクについては、JR西日本管内でも、かなり閉鎖されています。
私の地元駅では一旦、セブンイレブンキヨスク化が予定されていたのにも
関わらず、中止の上、店舗が放棄されている状況です。

キヨスク閉鎖については小型店故の収益率もあるのでしょうが、
人材難ということもあるのでしょうか。
いずれにせよ、駅のキヨスクがなくなると地味に不便で困ります。

Posted at 23:59:52 2016/03/21 by ふぐにさん。

Comments

Re: No title

ふぐに さん

返信遅くなってすみませんでした。

ホームに自動車がありましたが恐らく管理用だと思われますね。

JR西日本管内で思いましたが2月旅で奈良の天理に行った時
閉鎖ではなかったもののセブンイレブン化後
案内の紙を見ましたが遅いみたいです。

確かにキオスクは店舗が小型なのもありますが
採算がとれなくて閉鎖や閉店に追い込まれるケースも
多々で僕の住んでるエリアでもコンコースは
コンビニ化されましたが
在来線ホームは閉鎖され自動販売機になったりと
駅のキオスク無くなると本当に不便になりますね。

Posted at 05:03:56 2016/03/23 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。