2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

養老鉄道1日フリーきっぷの旅-8 駒野駅から一気に桑名駅へ

 【25//2016】

前回のつづき。



駒野駅で駅めぐりをし40分後にやってきた桑名行きに乗ります。
今回の旅記録は大垣過ぎてから地味な感じが否めませんが・・・(苦笑)
DSC07295_convert_20160331072322.jpg



南下していくと同時に河川関係の建物をよく見かけます。
といいますのもこのあたりは輪中(わじゅう)集落といいまして
木曽三川が近くにありこうした堤防を道中で見かけます。
DSC07298_convert_20160407052811.jpg



桑名まで向かう途中2つの駅で対向列車の行き違いをします。
DSC07301_convert_20160407052839.jpg


美濃山崎は相対式のホームがありますが
駅舎はなく目の前の小さな待合室に駅名看板がつけられてる為
この建物が駅舎の役割を果たしてるようで小さいながらも
建物があるだけでもホッとしますね。
DSC07306_convert_20160407052909.jpg


石津駅は1面1線の無人駅です。ホームの柵といい
周りにある建物も昔ながらの佇まいを感じさせますね。
DSC07307_convert_20160407060742.jpg



養老鉄道の車両の先頭部はスモークガラスを使ってるので
なかなか先頭からの風景が撮りにくく試し撮りしましたが
何か伝わりにくそうでごめんなさい・・・(汗)
DSC07309_convert_20160407060811.jpg


美濃松山駅は岐阜県最南端にあり線内の無人駅では最大の利用者を誇ってます。
相対式のホームがありますが駅舎も無くもの寂しい感じがしました。
DSC07311_convert_20160407060834.jpg


駐車場の向こうには国道258号線があり大垣市側に名神高速
桑名市側に東名阪自動車道が連絡する重要な路線です。
この近辺はロードサイド店舗もよく見かけるので郊外路線の感じがします。
DSC07312_convert_20160407060903.jpg



三重県に入って最初の多度駅は多度大社がある駅で
前回乗った時はここで駅めぐりも行いました。
5月が目の前ですが今年も多度大社では上げ馬の行事が行われますが
何人の人が登りきるか楽しみですね。
DSC07315_convert_20160407061401.jpg



のどかな風景の中先のほうに目をやると
近鉄に乗るとよく通る見慣れた鉄橋が見えてきました。
旧多度町は現在は桑名市の中にある町です。
DSC07317_convert_20160407061448.jpg



下野代を過ぎ下深谷では対向列車の待ち合わせをします。
DSC07319_convert_20160407063329.jpg



ホームは島式1面2線。停車位置がありますがホーム長は
長めのようですね。すっぽり4両分は入るのではないかと思いますが
現在の養老線は3両編成が主でたまに2両があります。
DSC07322_convert_20160407063652.jpg



構内は踏切で結ばれてますがここから見ても年季が入ってそうな
素敵な木造駅舎が建ってます。
が対向列車の待ち合わせは確か2、3分程度だったので改札出て
撮影してる間に乗ってきた列車に乗り遅れる可能性が高かったので
この場からの分であきらめました(泣)
DSC07323_convert_20160407063722.jpg


予定通り桑名方面からの列車が来て時間切れとなりました。
DSC07324_convert_20160407063807.jpg



下深谷を出て気がつけば播磨駅までやってきました。
上屋を支える古レールがいい味出してますね。
DSC07327_convert_20160407063845.jpg


播磨駅を出てすぐにはNTNという工場の建物が続きますが
主に軸受け(ベアリング)を製造してて新幹線車両の部品の一つで
JRの駅で広告でよく見かけます。
DSC07329_convert_20160407063917.jpg



のどかな風景の連続だった養老鉄道線の旅も
近鉄名古屋線の列車が見えてくるとゴールは目の前。
DSC07330_convert_20160407064052.jpg



13:38終点桑名に着きました。
かつては近鉄の路線の一員でしたが営業譲渡されてからは
無理やりつっこんだ感満点の中間改札が設置されました。
近鉄の中にあるので養老線も何故か液晶式の案内がついてます。
DSC07332_convert_20160407064220.jpg
DSC07339_convert_20160407064433.jpg



近鉄名古屋線・養老鉄道・JR関西線がこの向こうで
列車の往来する風景をこの場で眺めれますが駅舎入口は
この隣のビルに隠れてるので目立ちませんが・・・。
DSC07342_convert_20160407065653.jpg



改札からここまでくるのにはちょっと歩きますが
駅前広場は広くバスが発着し先に行くと
数少ないナローゲージの三岐鉄道北勢線・西桑名駅があります。
鉄道4路線が乗り入れてる要衝であると共に国道1号線も走ってるので
桑名は三重県の交通では重要拠点のひとつであります。
北勢線も近鉄時代に1度乗ったきりで再訪実現はいつのことか・・・。
DSC07343_convert_20160407064605.jpg



養老鉄道の旅はこれで終わり名古屋へ戻るだけですが
もう一つ立ち寄りたい場所がありましたのでもう少しだけお付き合い下さい。


最終回へつづく。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 養老鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 養老鉄道 近鉄 三岐鉄道 三重県

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんにちは。
養老鉄道のお写真、楽しませて頂きました。
大垣夜行に乗って旅したことが何度かありますが、あまりこの路線を意識したことがなく、今まで乗らずじまいのまま来ています。後になってこの路線の魅力を知り、いつか訪ねたいと思ったまま・・・
経営分離されるのですね。近鉄時代には本当に古い車両が走っていたようですが、今の車両は、デザインは今も近鉄線で現役のものに見えます。
風光明媚な車窓、一日のんびりと列車に乗って旅するのもいいですね。
また行きたいところが増えてしまいました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

Posted at 14:34:06 2016/04/26 by 風旅記

Comments

Re: タイトルなし

風旅記 さん

返信遅くなってすみませんでした(汗)

ありがとうございます。
近鉄から分離されてからは子会社でしたが
完全な第3セクターに移行するそうです。

車体は近鉄時代と変わりはありませんが
一昔前のクラシックな色を纏って走ってるので
昔の近鉄電車を思い出す人も多いのではと思いました。
古い木造駅舎の駅も残ってて見応えありますので
機会がありましたらお越し下さいね。

Posted at 08:18:10 2016/04/28 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。