2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

古都奈良の世界遺産・薬師寺

 【09//2016】

前回のつづき。


何の前触れもなく突然西ノ京駅で降りて次に向かうのは
ここに世界遺産のお寺2つあって薬師寺と唐招提寺のどっちかは
確実に行来たいと思いましたが駅から近いのが薬師寺だったんで
薬師寺に向かいました。
DSC07576_convert_20160425030034.jpg
DSC07577_convert_20160425025504.jpg


と言いましても歩いて200m程でしたのですぐに着きました。
680年天武天皇により発願し平城遷都した710年に現在の場所に移され
1998年ユネスコ・世界遺産に登録されました。
1300年以上の歴史を誇るこのお寺に初めて来ました。
DSC07579_convert_20160425062631.jpg



静かかつ厳かな雰囲気の中どこから回ろうか考えましたが
境内の一角にある案内図を見てとりあえず玄奘三蔵院伽藍側から行きたいと思います。
DSC07584_convert_20160425033929.jpg
DSC07589_convert_20160425030807.jpg



散策していたら早咲きだったのかわかりませんでしたが
梅の花がきれいに咲いてましてこの通りは一足早い春を感じることが出来ました。
白に鮮やかな色をした花びらは見物しに来た者を楽しませてるようでした。
DSC07591_convert_20160425035107.jpg
DSC07588_convert_20160425035222.jpg



ここまではよかったんですが・・・玄奘三蔵院伽藍が非公開の時に
来てしまったので反対側にある白鳳伽藍の方に向かいました。
DSC07596_convert_20160425035241.jpg



最初に来た場所に戻って受付のある入口で800円支払って入りました。
DSC07597_convert_20160425035306.jpg



奈良は修学旅行の定番ポイントとして有名ですが
薬師寺もその一つであります。
俺は小学校の修学旅行が奈良・京都でしたが法隆寺と奈良公園だけは
覚えてて京都の記憶の方が残ってます。
DSC07601_convert_20160425040131.jpg



今回は復興工事してる建築物もあったので見れるポイントが
限られるのは仕方ないですがこれもめぐり合わせかもしれません。
DSC07602_convert_20160509060945.jpg
DSC07581_convert_20160509061048.jpg



目の前に大講堂があったので中に入ると線香のいい香りがしてきて
先に金堂本尊台の模型がありまして台座に仏様が祀られてます。
なんて言うんでしょう・・・。お寺めぐりする機会がない俺にとって
貴重な時間を使って巡ってました。
DSC07603_convert_20160425042029.jpg


全部がカバーによって覆いかぶさってる東塔は各層に裳階(もこし)を
つけてるため六重に見えますが三重塔で特異な形状が全体的に
律動的な美しさを保ち「凍れる音楽」の名で親しまれてます。
残念ながらこの通り修理を行ってるため中の様子は見れません。
DSC07604_convert_20160425043210.jpg



金堂は二重二閣・五間四面・瓦葺の建物に各層は裳階を
つけた美しい堂で龍宮造りと呼ばれています。
なんとなくですが龍宮城のに出てきそうな建物ですね。
DSC07606_convert_20160425043234.jpg



もう一つの塔である西塔は1528年(享禄元年)に焼失し
1981年に創建当初の白鳳様式をもって復興されました。
DSC07609_convert_20160425043344.jpg



3つの建築物を見ても・・・。
うーん1つだけカバーに覆われてるのがあるので
違和感が否めませんが・・・(苦笑)
数年後に工事完了後には美しい建造美を眺めれるでしょう。
DSC07610_convert_20160425043413.jpg



解体工事中の東塔の修理前の写真が公開されてました。
国宝と言われてますが1300年の長い月日の中少なからず
土台や支柱にひびや傷んだ部分があるので一度解体し
修繕を行いながら2019年春に修理が完了とのことです。
残念ながら見れなかったんですがお色直しが完了したときの
姿が見れる日を楽しみにしたいと思います。
DSC07612_convert_20160425043434.jpg
DSC07613_convert_20160425043516.jpg



西塔はてっぺん見ると金の飾りみたいなものがつけられてますね。
この辺りが奈良時代に建てられた塔という印象が強いですね。
DSC07615_convert_20160425043647.jpg



もう一度この素晴らしい建物をしっかり見て構内を出ることに。
塔の美しさに奈良の風景を象徴してるような感じでありました。
DSC07618_convert_20160425043629.jpg
DSC07620_convert_20160425063145.jpg



一部修繕中だったものの国宝といわれる薬師寺を
見物し駅に戻る途中にバスが通りましたが車体の一角に鹿の絵が描かれてました。
奈良公園の鹿は有名ですから切っても切れないような関係ですね。
DSC07623_convert_20160425045952.jpg



予定にはなかったとはいえ国宝ともいわれる薬師寺を見物し
再び近鉄電車の旅をするため駅に戻ってきました。
DSC07627_convert_20160425044757.jpg






つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 奈良

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 奈良県 世界遺産 国宝

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。