2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

嵐山・渡月橋

 【29//2016】

前回のつづき。


嵐電の旅をひとまず終えて嵐山の街歩きをすることにしました。
DSC07976_convert_20160512010821.jpg



周辺の雰囲気に合わせて建てられた飲食店からお土産屋までと
瓦屋根を使った落ち着いた和の建物が並んでました。
さっきうどんを食べたと前回話しましたがこの近くにある湯豆腐屋の
エントランスでゆばソフトをいただきました。
DSC07975_convert_20160512021240.jpg

DSC07978_convert_20160512033230.jpg



嵐山のメイン通りを歩いてると背の高い竹がすらりと伸びてます。
嵯峨嵐山の象徴的な名所の一つに上がる竹林の道は
15年位前に初めてここに来た時レンタサイクル借りて嵯峨嵐山駅から
散策した時に通ったことがあります。
当時は木造の駅舎で山陰線も113系や183系がバリバリで活躍してた頃です。
DSC07980_convert_20160512033310.jpg



散策してたら人力車の姿がありました。
荷物も軽くしてきたとはいえ乗ってどこかに行ってもらおうかなと
考えてましたが最初に押してしまったので諦めました(泣)
この風景を見ると観光地に来てるなと思ってしまうのは俺だけでしょうか・・。
余談ですがさっき言ったゆばソフトを食べたお店がこの写真の道挟んだ所にあります。
ソフトクリームも行った先々の所でオリジナリティあるのを食べてて
これも旅の楽しみの一つにあがります。
DSC07984_convert_20160512040943.jpg



反対側の歩道は人の流れが止まらずたくさんの人がこの日も訪れてました。
しかし前日の薬師寺といい嵐電・こことすれ違う人の会話を聞いてると
時々中国語を話してるグループがいました。
実はこの週中国では「旧正月」の時期に入り本土ではおおよそ7日間が
一般的に旧正月の時期と言われてます。
日曜日にしてはいつもより人が多いからバレンタインの日というのもありますが
それを上回っていたということでしょう。
DSC07987_convert_20160512041051.jpg



嵐電嵐山駅周辺を歩いてましたがここに来たからには
一番見たかった場所に行くと決めてました。
DSC07990_convert_20160512041111.jpg



交差点の先には渡月橋が架かってます。
淀川水系の一級河川でここより山側は保津川と言われ
保津峡という渓谷や保津川下りでも有名ですね。
渡月橋の見時は11月の紅葉の季節に入るともみじ祭りが開催され
たくさんの人が集まります。
俺の知ってるブロガーさんやネット等の写真で見ることが多いですが
嵐山と言えばここですね。
DSC07993_convert_20160512041130.jpg



この日の川の流れはいつもより速くて前日からこの日の朝方まで
雨が降っていたので水も濁って見えました。
DSC07995_convert_20160512044630.jpg
DSC07996_convert_20160512044643.jpg



渡月橋を見物したので橋を渡ります。
欄干が木製であるのが特徴で観光地の風景に溶け込むようにするためと
言われてます。目の前にあるものは照明で長らくつけられてませんでしたが
地元の協力を得てつけられました。
夜間の渡月橋ってどんな風景が見られるのかなぁと思ってますが果たして・・。
DSC07997_convert_20160512045046.jpg



渡月橋を渡るとその先には中之島公園があります。
憩いの場でもあり桜の季節になると花見のスポットとしても有名です。
それにしても橋を渡った先に小さな見どころがあり
京都市内は見所・名所山ほどありますが嵐山の中でも結構あるので
短い時間で制覇するのは難しいですね・・・(苦笑)
DSC08003_convert_20160512045125.jpg

DSC08005_convert_20160512045923.jpg


公園の中にいたのは僅かな時間でしたが梅の花が咲いてました。
前日昼奈良の薬師寺で見た咲いてた量に比べるとほど遠いですが
嵐山でも春に向かってるのを感じることが出来ました。
DSC08007_convert_20160512045940.jpg



中之島公園を出るともう一つ小さな橋が架かってまして
「渡月小橋」といいまして本家渡月橋と同じような造りをしてますが
中之島公園を経てここは京都市西京区に入ります。
渡月橋は2013年に台風18号で冠水が起こりましたが
幸い橋脚が流出されずに済みましたが4月の熊本地震で
南阿蘇大橋が崩落する等この何年か自然の脅威を見せつけられてるようです。
DSC08014_convert_20160512050017.jpg
DSC08013_convert_20160512045957.jpg


この橋を見た後はとりあえずここから続く小道を歩いて
阪急電車に乗るため中心部から離れた阪急嵐山駅へと向かいました。
DSC08010_convert_20160512053526.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 京都

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 嵐山 京都 渡月橋 旧正月

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。