2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

えちぜん鉄道-2 西長田駅

 【17//2016】

前回のつづき。


三国芦原線に乗り最初にやってきたのは西長田駅でした。
DSC09118_convert_20160623070223.jpg







福井駅から乗った列車を見送って次の列車が来るまで
駅めぐりのお時間であります。早速見ることに。
DSC09116_convert_20160627025153.jpg



ホームの全景は2面2線で反対側のホームに大きな待合室があります。
DSC09121_convert_20160627041501.jpg

DSC09137_convert_20160627041635.jpg



反対側のホームには古レールを使った支柱で支えてる上屋があります。
かつてこのホームがにぎわっていた時代はたくさんの乗客がいたのでしょう。
DSC09139_convert_20160627052042.jpg


その隣には使われなくなった線路があり1968年に廃止された丸岡線の
名残が残っててここから現在のJR丸岡駅を通り丸岡町中心部を結んでました。
さっきの写真で更地らしきものがあったんですがそこに跡地がありました。
地方の鉄道の廃線となった跡や形跡を辿るのも楽しみの一つですね。
DSC09124_convert_20160627041619.jpg



架線の支柱も木製のが残っててローカル線らしい雰囲気が残ってました。
DSC09141_convert_20160627052103.jpg



降り立ったホームに駅舎があるので中に入りたいと思います。
DSC09130_convert_20160627041706.jpg



窓口はこの日はあいにく定休日で平日の朝から夕方まで営業しています。
駅員配置されて本棚もきれいに整理されてるので気持ちがいいです。
これも日頃から駅員の方がみんなに気持ちよく利用してもらいたいという
日々の努力があるからでしょう。
DSC09132_convert_20160627041905.jpg

DSC09131_convert_20160627051853.jpg



駅舎内待合室の中には京福電鉄時代から現在に至るまでの
列車の写真を集めたギャラリーがありました。
京福時代の車両の中には昔南海電鉄で走ってた「ズームカー」の
写真がありまして個性豊かな同窓会が開かれてるようでした。
DSC09133_convert_20160627051916.jpg

DSC09134_convert_20160627051931.jpg



妻面に入口のある木造駅舎が建ってますがいくつも電線があるのが
ちょっと気になりましたが先端がカットされてる屋根は沿線でよく見かけます。
DSC09135_convert_20160627051946.jpg



反対側のホームから見た方が全景を捉えれますがこの駅の
駅舎といい待合室といい本当にいい感じの建物に出会えました。
DSC09127_convert_20160627041737.jpg

DSC09136_convert_20160627051959.jpg


駅の花壇にはチューリップが咲いてました。
チューリップといえば毎年4月後半から富山県砺波市でお祭りが開催されてます。
国内最大級で700種300万本の花が植えられてたくさんの人が来場されるイベントです。
DSC09128_convert_20160627045531.jpg




訪問時間30分で福井方面から列車が来まして次の場所に向かいます。
DSC09142_convert_20160627052118.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: えちぜん鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : えちぜん鉄道 福井県 北陸地方

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。