2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

えちぜん鉄道-8 高架化工事中の福井口駅

 【29//2016】

前回のつづき。



福井駅に戻った後コミュニティーバスで前日夕方買い物に行った後とある場所に向かいました。
DSC09363_convert_20160704073335.jpg



この辺りは高架化工事が進められてて橋脚も一部出来てました。
DSC09362_convert_20160704073325.jpg



重機が置いてまして隣には新しい線路が敷かれてます。
この雰囲気だけでも嫌な予感がしますが・・・。
DSC09364_convert_20160704080536.jpg



今回の旅最後にやってきたのは福井口駅です。
真上は北陸本線が走っててその下に仮設駅があります。
DSC09367_convert_20160704081444.jpg







中に入ると出札窓口があります。木造駅舎のあった趣のある風景が
嘘のようでここにいるだけで無機質で味気ない駅に変わってしまいました。
3年前来た時と入口の場所も変わったのでどこにあったっけと忘れてしまいそうでした。
DSC09370_convert_20160704080618.jpg



島式のホームがあるだけの味気ないホームが目の前にありました。
所詮仮設駅なので何とも言えませんが・・・(苦笑)
DSC09365_convert_20160704080550.jpg




まっすぐ行くとえちぜん鉄道の本社と大きな車庫があり拠点となる駅で
三国芦原線の車窓から車両がいる風景を見ることができます。
DSC09366_convert_20160707035504.jpg



その車庫から列車が入線します。新幹線や10両以上の長大編成が
ホームに入る瞬間はプロレスの入場曲が脳内に入ってきそうですが
2両のローカル線でも同じような現象か時間の短いバージョンが流れてきそうな展開です。
DSC09371_convert_20160707044442.jpg



2番のりばにはいり対向から来る列車と交換し福井駅へ送り回送されます。
日中の勝山永平寺線ではすれ違った後は一度も見なかったので
どうしたのかなと思いましたがどうやら車庫でお休みしてたようですね。
3年前には1度も見れなかったんですが今回は乗ることも出来
久しぶりの再会を果たすことが出来てよかったです。
DSC09373_convert_20160707045700.jpg



2つあるキロポストには0と11/2と表示されてます。
そうここは三国芦原線の拠点駅であり勝山永平寺線の両路線が乗り入れてます。
運航の起点は福井駅ですがここまでは勝山永平寺線を名乗っているのです。
路線名の名を聞かれても正直わからず両方面が乗り入れる最初の駅という印象が強いです。
これもひとつ勉強になりました(多分?)
DSC09372_convert_20160707045948.jpg



夕方6時半が近づいてまして外も夕暮れから夜へと向かおうとしてて
仮設ホームとなったこの場所には虚しさと寂しさばかり感じてしまいます。
DSC09376_convert_20160707050142.jpg



隣には旧駅がありましたがきれいさっぱり無くなってました。
かつて狭いホームが真ん中にあって3面5線あった駅が高架化の為
無くなったのは本当に残念ですが未来に向かって突き進んでることを意味してます。
2018年秋頃に高架駅となりますがレイアウトは今と同じになるんでしょうか・・・。
今後の動向を見守りたいと思います。
DSC09378_convert_20160707045843.jpg



ホームで撮影しながら待つこと15分。最後に乗る列車がやってきました。
DSC09381_convert_20160707051529.jpg



この日お世話になった暫定高架橋を走り3分後福井駅に戻りました。
それにしても数年先の新幹線駅なる場所にこの路線の車両が乗り入れるなんて
びっくりですが1964年に東海道新幹線が開通するまで阪急京都線も高架工事中
活用したという話は聞いたことあります。
隣の工事してて数年後に里帰りを果たすようですがその頃の福井駅前は
そのように変わってるか楽しみです。
DSC09382_convert_20160707051610.jpg
DSC09383_convert_20160707051556.jpg



帰りの列車まで1時間程あったのでPRISM福井の中にある8番ラーメンで
晩御飯にしました。8番ラーメンは石川県に本社のある北陸地方を中心に
チェーン店を展開していて愛知県にも何軒かあります。
IMAG0728_convert_20160707045807.jpg



晩御飯食べた後は帰るのみですが・・・4月28日オープンしたハピリンという
ビルを目の前に波乱の旅が無事に追われるという安堵感に浸りながら
3年前に見た小さなアーケード街からの生まれ変わりで6階から上が住宅棟で
福井駅の新しいビルとして今後の発展が期待されます。
奇しくも訪問したのがオープン直前で外からしか見れなかったのが残念でした。
同じ駅前には北陸地方でチェーン展開している「マンテンホテル」も
4月21日にオープンしました。
DSC09388_convert_20160707051651.jpg




本当に帰る時が迫ってきましたがホームに向かう階段にも
恐竜の県といわれる程有名になりましたが
西口広場の恐竜が集まってる場所はみなさん写真に収める人が多く
面白い場所になったなぁと思いながら見てました。
DSC09394_convert_20160707051712.jpg




北陸本線は遅れは出てたものの夕方にはちゃんと運行してたようで
夕方の買い物した時には強風は収まったようで福井口の訪問時は
春の夕暮れと共に風も穏やかになりあれは何だったんだろうと嘆きました。
DSC09396_convert_20160707051743.jpg



帰りの特急はしらさぎ16号名古屋行きです。
福井駅前でもう少し時間かけて晩御飯食べて行ってもよかったんですが
この後のしらさぎ66号は米原停まりで新幹線乗り継ぎになるので
今回はあっさりと帰ろうと思ってました。
DSC09402_convert_20160707051755.jpg



681系9連がホームにやってきましたが定刻より7分程の遅れで済んだのが幸いで
1本前の14号に至っては1時間55分。ともすれば2時間近くの遅れで来ました。
強風による運転見合わせや運休がこの日の波乱の展開を原因でした。
俺はこの日スマホでJRの運行情報とにらめっこし収集してて
いろんな意味で翻弄され続けましたが無事帰ることが出来てよかったです。
DSC09399_convert_20160707051808.jpg



1年2ヶ月ぶりの北陸・福井の電車旅はさっき言ったように直前に熊本地震があり
旅の道中には強風と波乱続きの旅でありました。
三国芦原線の途中駅は3駅しか行けなかった上三国港駅や東尋坊も
訪問できず悔しい思いしましたがいつの日か来る再訪時までとっておき
お開きとしたいと思います。


いつものように最後までのおつきあいありがとうございました。


おしまい



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: えちぜん鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : えちぜん鉄道 福井県 北陸地方

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks