2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

名鉄電車の旅2016GW 名鉄蒲郡線-1 蒲郡駅から西へ

 【03//2016】

2016年5月5日


GW連休のとある日に電車旅をしました。
この日は夕方6時から用事が入ってたので名古屋に5時半を目処にしました。



朝8時前東海道線蒲郡駅に着きました。
2000年代に高架化されまだまだ真新しいホームから外に出ます。
DSC09403_convert_20160707055337.jpg



蒲郡駅の海側の出口に出て真っ先に映るのは大きなヨットです。
かつてアメリカズカップに出るためベースキャンプの拠点となったのがここです。
昔竹島水族館のエントランスで見かけたのを記憶してますが
駅前が整備されいつからかこちらに移動してきたのです。
DSC09407_convert_20160707055404.jpg




反対側がJRの管理下の入口ならこちらは名鉄の管理下であります。
蒲郡は何度か来たことありますが久しぶりです。
中学か高校の頃の記憶では駅前に名鉄が管理するビルがあったのを覚えてますが
随分前に取り壊されてしまいました。
おそらく現在の形となる駅前の整備が絡んでるかと思われます。
DSC09408_convert_20160707055656.jpg



改札口は広く使われてないであろうラッチも含め広い入口です。
利用者の差は圧倒的な感じですが長い間守って来た意地が感じられます。
DSC09409_convert_20160707055713.jpg



今回はこの切符で名鉄電車の旅をします。
去年10月に10数年ぶりに乗って以来日常でも乗る機会が増えました。
今回は完全地元の電車旅をお伝えしたいと思います。
IMAG0745_convert_20160602064905.jpg



早速ホームへ向かいまして島式のホームがありました。
いつもはJRの快速列車から様子を見かけますがこの場に来たのは
何年ぶりでしょうか・・・。中学の頃蒲郡の竹島に行った時
このホームには今は無き電照式の案内があったのを思い出しました。
こことフラップ式が導入されるまでの(1990年代入る前・・・。)
堀田駅や地上駅だった頃の太田川駅で見かけました。
DSC09423_convert_20160707055811.jpg



蒲郡線の現在は非常に厳しい環境下にあるものの待合室も完備され
主要駅であることがうかがえます。
ホーム長は4両ほどあり1日1本特急や急行が乗り入れてたのを偲ばせる
雰囲気のある昭和に造られた高架ホームを散策しながら待つことに。
DSC09420_convert_20160707055843.jpg


DSC09419_convert_20160707061550.jpg



最初に乗るのはというよりこの線内はすべてこの車両で運行されてます。
2008年に吉良吉田から蒲郡が直通列車から完全に離れワンマン列車のみの運行となったのです。
ですので現在は普通列車が走ってるだけの路線になり
2000年代に駅集中管理システムと共に無人化を推し進め近代化を図りましたが
蒲郡線は対象外でした。
その中でこれから乗る蒲郡線はいつ廃止になってもおかしくない状況で
秘かに一番乗ってみたい路線の一つでありました。
DSC09428_convert_20160707060158.jpg


DSC09431_convert_20160707060241.jpg



蒲郡を出てからは東海道本線と高架橋同士で並走していきます。
DSC09437_convert_20160707063640.jpg



道中は蒲郡のロードサイド店が並ぶ風景に蒲郡競艇場が見えてきました。
みんな連休でドライブに行ったりしてる人も多く愛知は車大国の様相を呈しるようでした。
DSC09441_convert_20160707063702.jpg



2両ワンマン列車の車内には10人程の乗客がいました。
GWの行楽日和なのにこの悲惨さが現在の蒲郡線を物語ってるのです。
DSC09433_convert_20160707061536.jpg



蒲郡競艇場前を出て東海道本線と分かれ西へ進んでいきます。
DSC09445_convert_20160707063721.jpg



運転台のスピードメーターの矢印が90を指してましたが
俺の記憶では60-70キロくらいで割とのんびり走ってるんかなぁと
思ってましたが最初の区間でも線形もよくかなり飛ばしてるやん!と
思いつつ6000系の個性である泣きの強いモーターを唸らせながら進んでました。
DSC09446_convert_20160707063730.jpg



三河鹿島・形原と小さな駅に停まっていきまして
近代化されて見れなくなったかつて名鉄のホームで見かけた風景が
2010年代後半に入った今でも見ることが出来懐かしきあの日を思い出してるようでした。
DSC09447_convert_20160707063745.jpg
DSC09451_convert_20160707063805.jpg



蒲郡線から夕方名古屋に向かうまでの間
古き良き時代の名鉄の風景にいくつ出会えるか個人的にも楽しみであります。
GWの特別な電車旅もどうぞ最後までお付き合い下さい。
DSC09449_convert_20160707063822.jpg



つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 名鉄

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 名鉄 蒲郡線 東海道本線 愛知県 三河

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

遂に来てしまわれたのですね。ようこそこちらの世界に……

Posted at 05:42:53 2016/08/04 by しらたき

Comments

Re: タイトルなし

しらたき さん

おはようございます。

ありがとうございます。
約20年ぶりですが・・・やってきましたこの世界に。
名鉄蒲郡線の今の記録を楽しみにして下さいね。

Posted at 06:07:27 2016/08/04 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。