2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

名鉄西尾線 吉良吉田駅~西尾駅

 【13//2016】

前回のつづき。


名鉄蒲郡線の旅を終えて一段落したい所ですが
夕方5時半に名古屋にいる状態にしたいので少しでも乗っておかなくてはなりません。


早速西尾線ホームにやってきました。
相対式で右にカーブしてて主要駅なので上屋もしっかりついてますが
この辺りから面白みの無い簡易式駅舎が続いてくることは
事前にチェックしました。
DSC09597_convert_20160714080643.jpg


ここから蒲郡方面は線路が繋がってますが運行がここで切られてるので
この線路で直通運転することは出来ません。
目の前には構内踏切がありますがこの時間は反対側のホームに列車が入ることがないので
ロープで締め切られています。
DSC09596_convert_20160721024124.jpg



西尾方面から折り返しの列車が来まして6000系と6800系のコンビでしたが
鉄仮面の名で親しまれた両者が相棒であります。
6500系も前期はこの顔でデビューしました。
DSC09605_convert_20160721025551.jpg


11:45に出て単線区間をひたすら進んでいきます。
枕木も強化されたPCタイプではなく昔ながらの木で大手私鉄とは思えない
愛知県に残ってるローカル線のような雰囲気が残ってます。
DSC09612_convert_20160721025703.jpg



上横須賀駅で対向列車の待ち合わせの為2分ほど停まります。
ここから先の無人駅は今や名鉄標準の簡易式の面白みがない駅舎が続きます。
この間には2006年に廃止となった三河荻原駅がありましたが
当然ながら跡形も無くなってました。
DSC09613_convert_20160721025922.jpg



反対側から吉良吉田行き急行がやってきましたが6000系でした。
この顔も名鉄らしい個性あるいい顔してました。
これを見るとパノラマカーの短編成版の7700系を思い出して
懐かしみながら次へと向かいます。
DSC09615_convert_20160721025822.jpg


6800系の車内は固定式のクロスシートが並んでました。
化粧板が阪急で見かけるような木目調を使ってますがこっちの方が
色目が濃くはっきりとわかりやすいですね。
DSC09606_convert_20160721025718.jpg




運転台の所には回生車という銘板がつけられてますが
これは回生ブレーキを搭載した車両です。
1980年代から大手私鉄で界磁チョッパ制御が導入され
省電力を目指して造られ発電ブレーキ用の抵抗器をつけなくて済み
車両の軽量化に貢献しました。
6800系はそれよりも安価で国鉄末期205系や211系JR発足後の導入された車両の
殆どが採用された界磁添加励磁制御でモーターの音も
6000系の爆音に比べてやや静かな車両という印象が強かったです。
DSC09614_convert_20160721025739.jpg



福地を過ぎ田園地帯の田舎から一気に高架橋に入ります。
DSC09619_convert_20160721040934.jpg



高架橋からは西尾市中心部の様子を見ることが出来ます。
DSC09621_convert_20160721060636.jpg


12分後の正午前、西尾駅にやってきました。
DSC09628_convert_20160721041356.jpg



反対側の列車と交換し1番のりばの列車とはここでお別れですが
行先が佐屋で新安城から須ヶ口までは名古屋本線を通る列車であります。
西尾線は以前乗った時は全線単線でしたが西尾口の手前まで
何年か前に複線化されたそうで知らない間に変化がありました。
DSC09627_convert_20160721060427.jpg



今でこそLEDの行先案内標はどこにでもありますが早い段階で
この駅には導入されてました。
フォント等でほかの駅が最近導入されたのと異なってる等
細かいところまで見ると何かしら発見があります。
DSC09629_convert_20160721060447.jpg



西口側を見るとかつて来た時の面影がなくなり再開発で
道が拡張されてました。
あの当時の風景はどんなんやったんかなと思い出せないくらいの激変に
戸惑いを隠せませんでした。
DSC09631_convert_20160721060518.jpg



改札を出て時刻表を見るとここから安城方面は15分毎の運行となり
名古屋本線直通列車と線内の普通列車2本づつが走っています。
DSC09635_convert_20160721060533.jpg


1989年に高架化された西尾駅ですがかつてあった駅ビルも無くなり
再開発はまだまだつづいてるようでした。
がこの東口入口は変わってませんでした。
DSC09640_convert_20160721060601.jpg


がその先に行くと真新しいものがありました。
ここもきれいに整備されて街路樹にはきれいな緑の葉が咲いてて
春から初夏の時期へと向かっているようでした。
正午のこの時間帯も天気に恵まれ地元でいい電車旅してるなと思いました。
DSC09642_convert_20160721060657.jpg




正午を過ぎお昼時でしたので休憩も兼ねて
昼ご飯をこのショッピングセンターで食べることにしました。
DSC09641_convert_20160721060616.jpg




(お知らせ)
今日から16日まで束の間のお盆休みに入り
先月言った18きっぷで旅します。
コメントの返信が遅れることがありますがどうぞご了承下さい。


つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 名鉄

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 名鉄 西尾線 西尾市

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。