2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

可部線 可部駅・電化延伸工事の近況

 【03//2016】

前回のつづき。


緑井で昼ごはん休憩を兼ねての訪問が終わり可部線の旅を続けます。
DSC00245_convert_20160822013648.jpg



途中梅林駅で列車交換が行われる為停車しました。
敷かれてるバラストが新しいですがこの辺りも土砂災害がひどく
10日間運休を余儀なくされました。
PC枕木も新しく替えられましたがあの災害の恐ろしさは忘れられません。
今夏東日本で台風9・10・11号で大きな被害を受け自然の恐ろしさを
見せつけられてこれからも付き合っていかなくてはならない運命にあるのかもしれません。
DSC00249_convert_20160822020445.jpg



反対から227系と再び列車交換をしました。広島から横川までは乗ったものの
可部線に入ってからは115系に当たる率が高く新参の奴に負けねぇぞと
意地を見せてるようでした。
DSC00256_convert_20160822020520.jpg



上八木を過ぎると太田川の鉄橋を横断し
最高速度はそんなに出ずゆっくりと風景を眺めながら行きます。
広島市内にいるのですが政令指定都市らしくないのどかな風景が連続し
国道54号線と並走する区間に入っています。
DSC00259_convert_20160822021058.jpg



15分後この記事更新してる現在の終点駅・可部にやってきました。
DSC00265_convert_20160822021529.jpg






乗ってきた列車の隣にははたまた227系と遭遇しました。
未来に向かって行くと見れなくなる115系と227系の並びは
広島地区が過度期に入ってる証でした。
DSC00263_convert_20160822021716.jpg



2面3線のホームで1・2番のりばが頭端式です。
かつて三段峡へ向かう列車の乗り換え駅で
可部線が電化区間と非電化区間の境界となる駅でもありました。
学生の頃広島に行った時は可部線三段峡まで行こうと計画したことがありましたが
ここも叶わずに終わってしまった思い出があります。
DSC00271_convert_201608220323<br />23.jpg
DSC00266_convert_201608220301<br />36.jpg




駅舎入口部分が独特の形状をしてて瓦屋根の木造の建物が後ろにあります。
隣にある2階建ての建物は乗務員関係の場所なのでしょうか。
DSC00279_convert_20160822032545.jpg




可部線はここが終点ですがその先には錆びついたレールが伸びています。
駅を出てその先の場所に向かうことにします。
DSC00281_convert_20160822045652.jpg


そこには電化延伸工事に関係することが書かれてました。
2003年11月30日可部から三段峡の46.2キロが
廃止となってしまいましたがその1.7キロが同じ所を延伸開業・・・
というより電化した上で復活開業の方があってますね。
JR発足後史上初めて廃線となった区間が復活開業しまして。
新しく加わる2つの駅名は「河戸帆待川」「あき亀山」であります。
DSC00287_convert_20160822050203.jpg



一角には真新しいPC枕木が積んでありました。
錆び付いたレールも新しく取り換えられ順次進められてるでしょう。
DSC00288_convert_20160822050239.jpg



その先にポールのようなものがありますが架線の支柱ですね。
張られてないもののいつでもOKと準備はできてるようです。
その暁には227系や撤退が近づく115系が走る姿が見れそうで
非電化時代キハ40が走ってた所に13年ぶりに電車が走るという
嬉しいニュースが聞かれる日も間近に迫ってくるでしょう。
DSC00291_convert_20160822050346.jpg
DSC00289_convert_20160822050316.jpg



短い時間でしたが延伸工事の近況を少ない写真ながら皆さんに
お伝えできたかなと思いましたが2013年広島市とJR西日本が合意したものの
踏切設置位置や駅建設用地確保の手続きに手間取って
当初の目標であった2015年春から現時点で来年春を予定してます。
DSC00292_convert_20160822050423.jpg


新しくできた広場も延伸開業を狙って作られたのでしょう。
ここは各方面に向かう路線バスが止まる所です。
DSC00283_convert_20160822045752.jpg


現在運行している可部線区間は完乗しましたが来年春開業する
1.7キロ区間は機会を見つけて乗りに行くついでに両駅訪問できることを
楽しみにしたいと思います。
可部駅も来年春から廃止前同様の中間駅に戻ります。
短い区間とはいえ嬉しい話題であることは間違いありませんが
こうしたケースがもっと増えると喜びも増えますが果たして2例目が出るのでしょうか。
DSC00294_convert_20160822050452.jpg



滞在時間30分弱。もう少し居たかったんですが黄色の車両がいたので
この列車に乗ってとりあえず横川駅に戻ることにしました。
次に来る時の可部駅はどのように生まれ変わってるか楽しみにしてます。
DSC00295_convert_20160822050505.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 広島県 可部線 三段峡 河戸帆待川 あき亀山 延伸開業

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんばんは

可部以北の復活区間、今頃どうなってるだろうかと気になっていたところです。ようやくレールも敷きなおされたようで、工事が終盤にさしかかっている状況が見て取れました。

こうして細かい状況を見ることが出来てありがたいです。

Posted at 20:32:18 2016/09/04 by wra

Comments

こんばんは。

可部線の廃止区間が復活できるのは、非常に幸運だったと思います。

昭和末期の国鉄赤字ローカル線の廃止ラッシュの際、
将来の鉄道復活のために用地を極力残して欲しいとの
地元要望があった路線があったと記憶しております。

地元の気持ちはわかるけれど・・・


次に続く路線がでるかは難しいですね。
可部線のあき亀山以北についても、復活の要望はあったようですが
断念となったと聞きます。

廃止路線には廃止されるに至った理由があり、それを覆すことは
非常に困難かと。

Posted at 23:11:29 2016/09/04 by ふぐにさん。

Comments

Re: こんばんは

wra さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

実際に見てレールも敷きなおされ新しいPC枕木も積んでたので
工事が進んでいるのを自分の目で確認できました。
後は復活区間に列車が試運転する日が楽しみですね。

Posted at 05:23:25 2016/09/05 by burning s

Comments

Re: タイトルなし

ふぐに さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

可部線の廃止区間復活は僕も嬉しいですし
廃止後地元の駅近辺に住んでる方々の努力も実ったでしょう。

ただこれに続く路線が出るかといわれると流石に厳しいですね。
ふぐにさんが言われたように廃止に至った理由があって
覆すのは難しいです。

Posted at 06:46:48 2016/09/05 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks