2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

鹿児島本線・長崎本線 鳥栖駅

 【09//2012】

一昨日愛知環状線に乗り豊田までといつもより距離の短い旅を
したんですが家から近いエリアを巡るのもたまにはいいんかなと思いました。
再び九州の旅に戻りますが、かしわうどんを食べた俺はいよいよ鳥栖駅と
列車の写真を撮る事にしました。


鳥栖駅のホームは3面6線と大きく立派な構内を持つ駅で
当駅始発の列車もたくさん設定されてます。
DSC01525_convert_20120306030029.jpg


6番のりば側は線路がいっぱいありまして貨物も通過してます。
たまたまEF81系が停まってて銀色のステンレスの81は初めて見ました。
いつも関西や北陸で見るピンクや深緑のと比べるとレアな感じがします。
DSC01513_convert_20120306030559.jpg


駅名標のイラストはすぐ目の前に見えるあの建物を指してます。
DSC01520_convert_20120306025832.jpg


このホームの屋根には今から120年前の1890年に造られたイギリス製のレールが
使われてるという案内が載ってます。
DSC01528_convert_20120306030215.jpg



一番遠い5、6番のりばから改札口までは地下道を通ってここまで
こなければなりませんが一方は階段こっちはスロープで地下道と
ホームと繋がってます。
たとえば大牟田方面の列車なんか発車直前にここに居たら間違いなく
乗れない可能性も出てきますね。
DSC01539_convert_20120306030330.jpg



改札口は狭く壁があって左右の地下道とホームと繋がってます。
この中はうどん屋、売店、みどりの窓口、待合室が完備されてます。
しかし思ったほど大きくありません。
行き先案内表を見ると鹿児島本線長崎本線とたくさんの列車が
発着します。九州新幹線・新鳥栖駅が出来たとはいえ
交通の要衝であることは間違いありません。
DSC01540_convert_20120306025202.jpg



いよいよ鳥栖駅駅舎とのご対面であります。
九州に鉄道が出来た1889年から歴史と伝統のを今に伝えてる
生き証人の感があると俺は思います。
ちなみにこの駅舎は1911年(明治44年)に造られた2代目の
駅舎で去年100年を迎えたのです。
この周りを撮影しましたが駅前に歩道や駐車場が整備され
駅舎を撮るアングルが限られましたが
それでも昔から鳥栖は鉄道の町であることを伝えるべく
あえて真正面から撮った画を選ばせていただきました。
屋根のちょっと色が落ちかけた緑色がいい感じを出してますね。
DSC01542_convert_20120306030424.jpg



裏口に当たる所ですがかつてここに機関区、操車場等が広がって
とてつもなく広大な敷地に駅が構内を有してましたが
再開発により縮小され駐車場が出来たのです。
ここはサガン鳥栖のホームグラウンド鳥栖スタジアムがあります。
DSC01519_convert_20120306025659.jpg


この後鳥栖駅前周辺と商店街を歩きましたが
歩いて1~2分でショッピングセンターフレスポ鳥栖に着きます。
中には入れなかったのですが、スーパーや色々な店が並んでて
郊外型のショッピングセンターと同じ形態です。
DSC01545_convert_20120306031052.jpg



九州の鉄道創設時からある鳥栖駅は今に至るまでの
鉄道の歴史を伝えるうえでの重要な役割をしています。
駅舎もホームも構内も再開発で整備された場所も
かつてはどれだけ広大な駅やったのか想像しえません。
博多駅で列車の写真はよう撮ることはありましたが
今回はほかの駅でも列車の写真を撮ったので
どこかでアップする予定でいますのでお楽しみに!!
約2時間ちょっとの滞在で11:03発の荒木行きの列車で
南へ向かいました。











関連記事

Category: JR九州

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR九州 鹿児島本線 長崎本線

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

No title

再度のご連絡大変失礼いたします。
旅休ドットコムの谷川と申します。
以前にもコメントを行わせていただきましたが、
この度、弊社では国内旅行情報サイト「旅休.com」をオープンさせていただきました。
それに伴い、ブログポータルも開設いたしますので、
是非貴ブログを掲載して頂きたいと思い、ご連絡させて頂きました。
旅行に特化していなければならないということもなく、掲載もちろんは無料ですし、
貴ブログのアクセスアップ、ブログ紹介の窓口のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

☆ご掲載に関しましてご興味がおありの場合、下記よりご登録いただけますのでよろしくお願い致します。☆
↓↓↓
http://tabikyu.com/blog/form/index.php

(※掲載にあたっては「旅休.com」のトップURLをリンクしていただきます。)

また弊社フェイスブックもございますのでコメント等もいただければ幸いでございます。
↓↓↓
http://www.facebook.com/pages/旅休com/138314426278929

その他ご不明点ご質問などございましたらお手数ですが
下記連絡先までお願い致します。
この度は再度のご連絡大変失礼致しました。


【運営会社】
デジタルゲートオンライン株式会社 
担当 谷川
メール:tanigawa@dgo-inc.com
電話:03-5777-0395 
WEB:http://tabikyu.com

Posted at 19:08:13 2012/03/09 by 旅休.com

Comments

No title

こんばんは。

JR九州は水戸岡鋭治さんがデザインを担当している
ので、「おっ?」と目を引く車両が多いですね。
色遣いといい、車輌の顔といい…私はそろそろ313系の
顔に飽きてきつつあります。乗ってみるといい車両なんですけどね。

>たまたまEF81系が停まってて銀色のステンレスの81は初めて見ました。
>いつも関西や北陸で見るピンクや深緑のと比べるとレアな感じがします。

このEF81形は4両しかないそうですね~。
不思議と寝台特急「カシオペア」の牽引に使われてても違和感を感じない
デザインだと思います。まぁ、合っているのは色だけなんですが…

Posted at 00:22:49 2012/03/12 by 三流学士

Comments

Re: No title

三流学士 さん

こんばんは。

九州は水戸岡さんがデザインを担当してるので
目を引く車両おおいですよ。

EF81の4両しかないんですか?
これにカシオペアの牽引に使っても面白いと
思いますよ。
僕は日本海側の夜行列車に使うと面白いかなと・・・。

Posted at 18:11:22 2012/03/14 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。