2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

名勝・錦帯橋 【山口県 岩国市】

 【21//2016】

シルバーウィークの連休は土日にスルッとKANSAI2dayパスで旅をしました。
帰ってきてから疲れが酷く更新が遅れたことをお許し下さい。



前回のつづき。


西岩国駅からバスに乗り約束通り錦帯橋へやってきました。
目の前の建物はバスターミナルを兼ね備えた橋の駅が立地し
上の階からはこれから見る橋を見ることが出来ます。
DSC00692_convert_20160905081735.jpg



流石岩国のメジャーな観光地とあってお土産屋も並んでます。
DSC00694_convert_20160905081810.jpg


山のふもとには岩国城がそびえ立ってて1962年に現在の場所に建てられました。
城の展望スペースから岩国の街を一望できるスポットで
地上からあそこへはロープウェイで登って向かいます。
DSC00700_convert_20160905082107.jpg


交差点から見ることもできますがいよいよ国の名勝と言われる
錦帯橋とのご対面の時間がやってきました。
日本三名橋の一つに上がるこの橋は江戸時代の1673年吉川広嘉が
橋脚の鍬初めが行われ翌年から幾度となく改良を続け橋を守り続けてきました。
1950年に起きたキジア台風により不落を誇ってた橋も流失に遭いましたが
そこから3年かけ再建工事が行われ蘇りました。
現在かかってる橋は2001年に平成の架替工事により出来たものです。
DSC00702_convert_20160905082357.jpg



DSC00704_convert_20160905082434.jpg



この橋を流れてるのはそう清流・錦川であります。
天気は曇り空で流れは速いものの瀬戸内海へ注ぐ川は透明度も高く
夏場には鮎釣りも楽しめる川です。
DSC00705_convert_20160905082632.jpg



DSC00707_convert_20160905082704.jpg


川の一角には駐車場があり何台もの車が停まってて
この日は日曜日ということもあり観光バスも停まってました。
DSC00708_convert_20160905083330.jpg



いよいよ待ち望んでいた橋を歩きますが入口には小さな事務所があり
ここで入橋両300円を支払います。
と言いましても片道ではなく往復でこの値段ですが
これは将来橋の架け替えや日々の管理費に充てられてるのでこれは納得ですね。
この秋も台風が上陸し大きな被害をもたらしてるのでその時の貴重な財源で
素晴らしき橋が守られるためにも必要ですから。
DSC00709_convert_20160905083343.jpg



8年前に来た時は雪が降る中渡りましたが
今回は持つかなぁと思ってたらパラパラと降り始めてました。
それでもまだ大丈夫と言い聞かせながら渡っていきます。
DSC00710_convert_20160905083357.jpg



強くなる前だったからまだマシですが登って下るときが一番怖く
足を滑らせないかと思いしっかり地に足をつけて歩いてました。
このアーチ形が錦帯橋の一番の特徴ですね。
DSC00712_convert_20160905083607.jpg



DSC00713_convert_20160905083641.jpg



みなさんこの日曜の貴重なひととき使ってこられた人も多く
錦帯橋は岩国一の観光スポットというだけありますね。
DSC00717_convert_20160905083749.jpg


歩くこと10分で対岸の方に着きました。
行きで買ったチケットは帰りの時この場所で見せれば良いので
とりあえず次はどこ行こうかなと考えてました。
DSC00719_convert_20160905083711.jpg


と川岸の方へ足を向けましてそこにある
槍倒し(やりこかし)松は、江戸時代の大名行列の先頭には「槍持ち」がいて、
街道では槍を垂直に立てて進むが、他の大名の城下では槍を倒して通るのが礼儀とされました。
ところが、岩国を通る大藩の中には、槍を立てたまま城下を通過する者がいて
これに憤慨した岩国の武士が、槍を倒さなければ城下を通れないように、
わざと邪魔になる松を植えたのだと言われてます。
DSC00721_convert_20160905083733.jpg


そしてもう一つ見たのが巌流ゆかりの柳で
燕返しで名を馳せた佐々木小次郎ゆかりは岩国で生まれ
その技は錦川の河畔で風に揺れる柳の枝を切り
水辺を素早く飛び交う燕を切り落とすことで編み出したと伝えられ
吉香公園側に、錦帯橋の袂の柳古木を「巌流ゆかりの柳」とし碑が建てられています。
http://kankou.iwakuni-city.net/ganryu-yukarinoyanagi.html
DSC00725_convert_20160905084444.jpg



小雨が降る中錦帯橋を渡り対岸に着きましたが
雨が強くなるまでに周辺の見れそうな所を散策したいと思います。
DSC00722_convert_20160905084455.jpg


つづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 山口

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 山口県 岩国市 錦帯橋 錦川

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

錦帯橋

西岩国駅まで来たら、やはり錦帯橋ですね。私もバスを利用して行きました。
結構 関東以西ならあちこち行っているのに「観光地」なるところは殆ど訪れていない状況。
この錦帯橋を目の前にした時の感動。。 あぁ。。これがいつもテレビや写真で見るあの橋なんだぁ。。 こういう感動もなかなかいいものです。
川から、錦帯橋の橋げたを見上げた景色もなかなか良かったです。

錦帯橋近くで宿泊しましたが、観光地なのでなかなか適当なところが見つからず苦労した記憶があります。

Posted at 14:04:17 2016/09/21 by yume

Comments

Re: 錦帯橋

yume さん

おはようございます。

ありがとうございます。
そうですね。西岩国駅の後に錦帯橋行くと決めてまして
今回が2回目でして前回は山陽新幹線・新岩国駅訪問後に行きました。
観光地はほとんど手つかずで街歩きに没頭してしまいますが・・・(苦笑)

錦帯橋はテレビ・雑誌でよく取り上げられるメジャーな所で
橋や両方の端から見る風景も良かったですよ。
錦帯橋周辺は泊まる所が殆どなくこの辺りは岩国駅前にあるくらいなので広島が無難ですね。

Posted at 06:36:17 2016/09/22 by burning s

Comments

こんばんは。

錦帯橋、こんな風になってんですか~。
アーチの角度が想像以上に急で吃驚です。
そして300円の渡し料にも…
でも、良くよく考えればタダで渡れる方が
おかしい訳で、修繕や維持管理に使われるのなら
納得ですね。

お次の記事の話題で恐縮ですが、錦帯橋、「むさし」
という「小次郎商店」のライバル的な店もあって、
そこはスッポン赤まむしとかハバネロとか、キワモノ系
ソフトクリームを置いているそうです。

Posted at 21:59:19 2016/09/25 by KZ-1

Comments

Re: タイトルなし

KZ-1 さん

おはようございます。

いつもありがとうございます。

そうなんです。
アーチの角度が急で上るときは良くても下るときは足を滑らせないようにと
注意しながら渡ってました。

この300円は小さいように見えても維持費や万一の時の費用として納めてるので
永続的にこの素晴らしい橋が見れることを考えると必要ですね。

ハバネロにすっぽん赤マムシソフトなんてあったんですか!(驚)
僕が見てる限りミントとかベタものばかりでしたが珍味系があったなんて
初めて知りました。
再訪問した時は自分の目で確かめたいと思います。

Posted at 07:58:36 2016/09/26 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks