2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

山陽本線 宮島口駅

 【27//2016】

前回のつづき。


大竹から次は外すわけにはいかない宮島口にやってきました。
DSC00818_convert_20160912070408.jpg







ホームは全面的に上屋が長く1975年に新幹線が開業するまでは
特急停車駅であった名残が残ってますが
それでなくても広島近郊内の中で大きな駅の一つに上がります。
ただ2005年のダイヤ改正を迎えるまでは寝台特急「あさかぜ」の停車駅であったので
日中の特急は無くなったものの寝台特急が11年前まで停まってたのが信じられない位です。
DSC00813_convert_20160912070730.jpg



さっき降り立ったホームには広島行きの快速列車がやってきました。
日曜ということもありますがホームにはたくさんの人が待ってました。
DSC00820_convert_20160912075929.jpg


数分後には普通大野浦行きがやってきました。
どちらも227系で広島も過度期から新しい時代に入ろうとしています。
大野浦は朝に訪問しましたが折り返し列車が設定されて運用上の拠点駅の要素が強いです。
DSC00822_convert_20160912082024.jpg



ここも古い駅舎がある駅同様古い跨線橋が健在であります。
反対側にエレベーター付きの新しい跨線橋がありまして
これに細工せずそのままの状態を保ってくれたことには感謝です。
DSC00823_convert_20160912070940.jpg


岩国方面の一角には開業100周年時に付けられたモニュメントがありました。
明治30年=1897年に開業した駅で1997年に出来たということですね。
俺が中学3年であの時から日本は景気悪いと言われ続けてます。
この先の未来はどんなのが待ってるか気になりますが楽観的要素は殆どない感じがします。
DSC00819_convert_20160912083316.jpg


ホームの一角にはたこ焼き・お好み焼きが売られてるお店がありました。
立ち食いうどんだけでなくこうしたお店があるのも嬉しいですが
お好み焼きもご当地らしくそば入りでここでも広島焼きが食べれ
さりげなくもみじまんじゅうも売ってます。
DSC00817_convert_20160912083301.jpg



改札を出ると至る所に「ようこそ宮島」の名がありました。
そうここは宮島へと繋ぐアクセス駅です。
海上にある朱色の鳥居と厳島神社が一番の見所ですね。
DSC00825_convert_20160912083402.jpg
DSC00828_convert_20160912083421.jpg
DSC00829_convert_20160912083515.jpg



構内の一角には宮島行きフェリーの自動券売機が設置されてます。
DSC00830_convert_20160912083551.jpg


宮島のアクセス駅に相応しい立派な駅舎が建ってます。
駅前交差点が目の前にあり至近距離からとれるのはこのくらいでした。
しかも歩道専用ではなく地下道で結ばれてて一見面倒くさそうで・・・(滝汗)
岩国・大竹駅を巡ってる時よりは雨脚が弱くなってくれてよかったです。
ただこの日のような天候の時は傘ささずに行けるという利点もあるんですが・・。
DSC00832_convert_20160912083607.jpg


駅前通りを散策しながら宮島フェリー乗り場まえに来ました。
右がJRフェリー左が広電グループの宮島松大汽船・宮島口桟橋駅が建ってます。
この反対側には広電宮島口駅があり広電の車両が見れますが
訪問しただけで写真は撮りませんでした。
DSC00834_convert_20160912083629.jpg



この広場にも宮島に建ってる鳥居がここにもあり雰囲気だけでもということでしょう。
それにしても雨はやや弱まったもののここまで来たのはよかったですが
再び強くなる可能性があり船で宮島に行くのはこの時点で断念しました。
DSC00835_convert_20160912083648.jpg



その後宮島口駅に戻って広島行きの列車に乗るはずが・・・。
目の前に停車中の列車も定刻過ぎても発車しませんでした。
といいますのも大野浦の辺りで安全確認を行ったためです。
ということは広島方面の列車も遅れてるということですね。
これからそのまま戻るか途中もう1駅行くか考えてましたが
予定外の誤算が生じました。
DSC00836_convert_20160912083720.jpg



本来なら15:29に出てるはずの快速広島行きも20分遅れて到着しました。
がとりあえずこいつに乗って向かいます。
DSC00839_convert_20160912083856.jpg


結局この列車の遅れと降り続く雨に嫌気がさしてしまい。
DSC00840_convert_20160912083945.jpg



そのまま広島駅に戻ってきました。
よく見ると駅名標が以前の青で統一されてたのがカラフルになりました。
広島から岩国まで載せた駅名表も大阪環状線と同じ赤色に変わってて
これも広島エリアがシティネットワークとしての決意が見られてるようでした。
DSC00841_convert_20160912084014.jpg





上半期締めの旅も最終回へ



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR西日本

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR西日本 広島県 山陽本線 広電 宮島 厳島神社

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんばんは。


宮島航路と言えば、私が若い頃、時刻表に「国鉄連絡航路」の
記載があったことを思い出しました。

「青函」「宇高」「仁堀」「宮島」の四航路でした。

今は「宮島」しか残存していないんですね。

Posted at 00:17:35 2016/09/28 by ふぐにさん。

Comments

日が落ちてからでした。

私が宮島駅に着いたときはもう日が落ちていました。
広島駅前に宿を取っていていて、広電でまず宮島駅へ行って、帰りはJRと考えていたのですが、途中 広電が事故で運転取りやめになり、人の流れにそってJRの駅まで行ってなんとかたどり着きました。 日が落ちるまでに行きたかったなぁ。
宮島も明るい時間には行ってないのに再訪したいです。

Posted at 20:10:51 2016/09/28 by yume

Comments

Re: タイトルなし

ふぐに さん

おはようございます。
いつおありがとうございます。

国鉄時代は「青函」「宇高」はメジャーなので聞いたことありますが
「仁堀」は全く知らなくて調べたら「宇高」の保管というのを聞きました。

JRで現役なのは「宮島」しか残ってませんが青函航路は民間が運営してます。
フェリーターミナルと最寄り駅までちょっと遠いのが難点ですね。

Posted at 05:34:02 2016/09/29 by burning s

Comments

Re: 日が落ちてからでした。

yume さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

過去記事拝見しましたが夜の宮島の風景も日中にはない雰囲気ですね。
雨の中宮島口駅前歩いてましたがさすがに止まない雨に嫌気がさして(苦笑)
フェリーターミナルまでやってきたのに断念しました。

広電の事故で運転取りやめになったとはいえたどり着いてなによりで
今度は明るい時間帯での訪問ですね。

Posted at 06:13:28 2016/09/29 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks