2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

夏の長良川鉄道の旅-5 終着北濃駅

 【10//2016】

前回のつづき。


郡上大和駅をめぐり再び北上します。
最初乗る前ローカル線で沿線の住宅地には古い古民家が集中してるだろうと
思ったんですが割と新しく建て替えられた家もありました。
DSC01118_convert_20161003061215.jpg



1時間ぶりに再び美濃白鳥に戻ってきましたがそのまま列車にいます。
DSC01124_convert_20161003061632.jpg


DSC01125_convert_20161003061644.jpg



さっき見たスタフをつけて長良川鉄道最後の区間へ向かいます。
DSC01126_convert_20161003061700.jpg


長良川の風景の先に見えるのが油阪峠道路の高架橋です。
この先の国道185号線と油阪峠を超えると福井県に入り九頭竜湖へと繋がります。
が険しい道で現在はバスもコミュニティ形式ので運行してない日もあるので
あの時の廃止以降たどり着くのが困難になりました。
DSC01130_convert_20161003061733.jpg



郡上大和駅を出て約30分。正午過ぎ長良川鉄道の終着駅北濃にやってきました。
DSC01134_convert_20161003061800.jpg








ホームは島式分ありますがここから見て左側のホームは使われてません。
レールも錆び付き使われることがないまま今に至っています。
DSC01135_convert_20161003061813.jpg
DSC01139_convert_20161003062907.jpg



ホームを降りてその先には線路終端へ行きます。
計画ではこの先の越美北線終着九頭竜湖駅と結ばれ越美線となる予定でしたが
国鉄末期の巨額の負債により幻に終わりました。
今回の電車旅の中でテーマに挙げていた幻に終わった越美線全通の全容を
この目で見届けたいという気持ちがあり降り続ける雨の中眺めてました。
もし全通が叶ったとしてもこの先は険しい峠が待ってて
越前大野駅から九頭竜湖駅間のように1日5、6往復程度の末端区間だったかもしれませんし
当時の鉄道公団が建設した直線と長いトンネルで費用も相当かかったでしょう。
DSC01143_convert_20161003063310.jpg


目の前にポツンと置かれた枕木がすべてを物語ってるようでした。
美濃白鳥から油阪峠で行こうがこの先の県道を通ろうが険しい道が待ってます。
DSC01145_convert_20161003063323.jpg



ホームから駅舎とは反対側に転車台がありました。
2000年代中盤に突如現れたといわれそれまでは藪の中にいたのでしょうか。
説明には発掘・保存されてるということですが翌年2005年登録有形文化財に指定されました。
周りを見渡したらストッパーがついてて手動式であることがわかります。
DSC01146_convert_20161003063508.jpg
DSC01147_convert_20161003063532.jpg



未使用のホーム側から構内踏切を渡り駅舎が見えます。
それにしてもついて列車からホームに降り立った瞬間強い雨が降ってて
長良川鉄道の終着駅に足を踏んだ喜びも吹き飛ぶほどの降りっぷりであります。
↑(自虐的に言わんといてや・笑)
DSC01150_convert_20161003063642.jpg



無人化されて久しく窓口も壁でふさがれています。
終着駅が無人の駅はどことなくですが寂しい雰囲気が漂ってきます。
DSC01153_convert_20161003063719.jpg


北濃駅の簡単な紹介が載ってて美濃太田から72.1キロ
海抜446mに位置する駅であることが書かれてます。
googleの地図で見たら高山線のメジャー観光地の下呂や高山よりも
南に位置してるんでこの辺りの土地勘のない俺にとって?という感じがしました。
DSC01156_convert_20161003074652.jpg



1934年開業。いつ竣工したのかわかりませんが古い木造駅舎が建っています。
これで4駅目を制覇し長良川鉄道はひとまず完乗したのであります。
隣には「花まんま」という軽食のお店があります。
実はこの日俺が来る2時間半前に当ブログでもお世話になっている
りえてつさんが友人の方と一緒に大雨の中訪問されました。
訪問された時の記事はこちらをご覧下さい。
http://rietetu.blog95.fc2.com/blog-entry-2961.html
DSC01162_convert_20161003064156.jpg
DSC01165_convert_20161003080251.jpg


駅前は国道156号線が走ってて雨の中車が往来しています。
北濃駅の記憶は大雨の中にいたので朝郡上八幡にいた時と似たような光景でした。
DSC01161_convert_20161003064139.jpg



昼ごはんはどうしようか考えましたが駅舎内に「花まんま」という軽食屋があり
乗ってきた列車出発が迫ってきつつも冷たいそばをいただきました。
IMAG0874_convert_20160825024549.jpg


店内には長良川鉄道の列車が走ってる風景の写真が展示されてて
頼んだものが来るまでの間じっくり見てました。
DSC01163_convert_20161003064209.jpg



折り返しの美濃太田行きが12:40発で待ち時間35分程とやや駆け足で回って
この駅とお別れし南下することにしました。
DSC01168_convert_20161003064239.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 長良川鉄道

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 長良川鉄道 越美南線 越美北線 九頭竜湖 未成線 岐阜県 奥美濃

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんにちは。

いつも楽しみに拝見しています。
当ブログを御紹介いただき、深く感謝申し上げます!!
10月8日から木曽の山奥に行っておりましたので、
コメントが遅くなり、申し訳ございません。
雨の北濃駅でしたが、行けて良かったですね。
そば美味しそうですね!

Posted at 12:58:00 2016/10/10 by りえてつ

Comments

私が訪れたのは3月でしたが、ここまでくるとやはり、あちこちに雪が残り、転車台も雪の中でした。
駅を出ると 険しい山が立ちはだかり、「これを越えるのは大変だ」と実感しました。 ここを越えていたら、周辺の町の状況も変わっていたかもしれませんが、やはりここは 終着であるべき場所なのかもしれないと。。思いました。

いくつもの終着駅を訪れていますが、ここほどに、終着駅らしい駅はないように思います。

Posted at 22:43:24 2016/10/10 by yume

Comments

こんばんは。

Googleマップで北濃駅周辺を眺めていましたが、
越美北線と結ぶコース。
実現したとしたら流石に難工事になっていたでしょうね。

乗り通す人、あまりいないだろうなあ・・・

この時、駅からかなり峠寄りの山奥の道まで、
ストリートビューが使えるのに驚きました。
Googleの作業車も大変だったろうなあ・・・

Posted at 00:20:47 2016/10/11 by ふぐにさん。

Comments

Re: タイトルなし

りえてつ さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

まさか同じ日に北濃駅に訪問されたとは思ってませんでした。
雨が降り続いてましたが訪問できてよかったです。
冷たいそば本当美味しかったです。

木曽の山奥と言いますと毎年この時期に行かれるあの場所ですね。
今年行かれた時のお話楽しみにしています。

Posted at 07:06:47 2016/10/11 by burning s

Comments

Re: タイトルなし

yume サン

おはようございます。
いつもありがとうございます。

3月は奥美濃と言われる地域は雪が残ってましたね。
美濃白鳥を出てすぐの油阪峠に向かう道や駅前の山を見ても
本当に険しくここを超えるのは大変だと思います。

北濃は中間駅として認められず終着の方があってたかもしれませんが
もし実現してたなら街並みも変わっていたかもしれませんね。


Posted at 07:28:50 2016/10/11 by burning s

Comments

Re: タイトルなし

ふぐに さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

北濃駅周辺と越美北線を結ぶルートはどこを通ろうと周りは難所続きで
鉄道公団お得意の直線続きの高規格でやっても難工事になるのは確実です。

間違いないと思いますが乗りとおすのはよっぽどの列車旅好きな人くらいで
ほとんどいないと思いますね。

googleマップで山奥の細い道まで使える時代になるなんて驚きですが
ここまで再現できてしまうので相当進化して便利すぎる世の中になっちゃいましたね。

Posted at 07:38:06 2016/10/11 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks