2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

夏の長良川鉄道の旅-8 みなみ子宝温泉駅・帰路

 【16//2016】

前回のつづき。

素晴らしき水の街・郡上を駆け足ながら散策し再び駅に戻りました。


時間は夕方4時。7月は日照時間が長く時間はたっぷりあったので
次はどこで降りようか考えながらホームにいました。
DSC01291_convert_20161006065521.jpg



美濃太田に戻るまでは1駅寄れることはわかってたので停車中の列車に乗ります。
DSC01289_convert_20161006065540.jpg



車内は3度目ですがボックスシートが並んでました。
今回の旅で2回当たりましたが2回とも席は埋まってたので
ロング部分で我慢してましたがやっと座れる機会がやってきました。
DSC01286_convert_20161006065559.jpg


が発車直前でバスツアーと思われるグループが乗り込んできたため
混雑した車内でゆっくり出来ないストレスを抱えながら下っていきます。
この日の予報では雨は昼に上がりこの時間はもう心配なくなりました。
DSC01294_convert_20161006065611.jpg



大矢駅では2分ほど対向列車の待ち合わせがあります。
DSC01296_convert_20161010010915.jpg


美濃太田からの列車は越美南線80周年記念のラッピング車と交換しました。
DSC01295_convert_20161010010851.jpg


本当は外に出て見たかったですが時間切れとなり列車越しから
古びた木造駅舎をみるしかありませんでした。
通しで見ても長良川鉄道は本当に古い木造駅舎が残ってる路線であることがわかります。
DSC01298_convert_20161010014459.jpg



どこにしようかと考えてましたがみなみ子宝温泉という駅にやってきました。
DSC01304_convert_20161010014836.jpg







郡上八幡から乗った列車と別れましたが先の方で人がいましたが
ここからバスにのるツアー客のグループでとんだ災難にあった俺でした。
DSC01302_convert_20161010014849.jpg



ホームはいたってシンプルな構造ですが他の駅と比べて建物も新しく
2002年開業の長良川鉄道で一番新しい駅です。
ここから見ると右にカーブしてるのがわかります。
DSC01308_convert_20161010014905.jpg



先には赤い橋が見えますね。長良川の風景を今回の旅でどれだけ見たのか
この場で確かめてるようでした。
DSC01315_convert_20161010015652.jpg



周辺に何があるか見たら川があることから川の駅があります
373=みなみ(美並)と読むそうですが郡上市が誕生するまでここは美並村だったそうです。
DSC01313_convert_20161010025622.jpg



本題この駅で降りたのかと言うと温泉があるからやってきたのです。
通常600円の所が今回の旅で長良川鉄道を利用し下車の際
運転手から発行してもらった割引券200円とレンタルのタオル合わせて300円で入れました。
がこの日曜日は3連休の真っただ中で駐車場も車がいっぱい停まり混んでたものの
次の美濃太田行きが来るまでの間旅の疲れを癒してました。
DSC01311_convert_20161010030319.jpg


館内にはこんな面白いものが設置されてました。
普段鉄道を利用してるとこのような信号機を見ることもありますが
これは接近案内のものです。
赤ランプが付いたということはもうすぐこの駅に列車が来るということです。
DSC01316_convert_20161010030332.jpg
DSC01320_convert_20161010030556.jpg


外に出ると列車が来ましたが俺が向かう反対方面の列車でした。
赤い車両が多い中、白と青い車両がやってきてさっき乗ったのと同じ色でした。
DSC01323_convert_20161010031422.jpg


その5分後に美濃太田へ戻る列車に乗ります。
一番最初に乗った車両が今回の長良川鉄道の旅で最後に乗る列車であります。
DSC01327_convert_20161010031441.jpg



午前雨の道中眺めた風景も青空が戻り本当は最初に見たかった風景を眺めがら下ってました。
DSC01328_convert_20161010031507.jpg



夕方6時を過ぎ家路に向かう車の流れも活発でした。
この風景をもう一度見る機会を得る日が来るまでしっかり焼き付けてました。
DSC01337_convert_20161010031527.jpg



美濃太田に戻る前最後の長良川の風景も清流にふさわしい透明感が戻っていました。
DSC01339_convert_20161010031540.jpg


途中関で対向列車と交換があり1本前に乗ったでした。
窓側にはかわいいペイントが塗装施されて長良川の川をイメージしてるものですね。
地域と一つになって支えてるローカル線という印象が強く感じました。
DSC01355_convert_20161010031608.jpg


これまた珍しいローソンの看板に駅名が入った関口駅。
ここも次乗る時は訪れたい駅の一つに上げてます。
DSC01357_convert_20161010031621.jpg



6時半を過ぎ空は夕焼けが見えてきました。日帰り旅もフィナーレは目の前。
DSC01364_convert_20161010031636.jpg


18:48スタート地点の美濃太田駅に戻ってきました。
7月後半の梅雨明けの時期は夜7時頃まで明るく撮影時間に余裕がありました。
本当はもう少しここにいたかったんですが・・・。
DSC01367_convert_20161010031648.jpg


着いたのもつかの間の記念撮影も出来ずJRのホームには
岐阜行きの列車が既に入ってて5分後には発車するので急いで
改札へ向かい長良川鉄道の旅は幕を閉じました。
DSC01368_convert_20161010031702.jpg



スタートは曇り空で北上してる間に雨が降ったりやんだりと波乱の展開が続いてましたが
郡上八幡で落ち着き子宝温泉では青空も見れましたが序盤で見れたらと
悔やむこともありましたが無事に終えることができました。
初めての長良川鉄道は正直言いますと日帰りでは物足りない位の魅力があり
列車越しからでしか見れなかった木造駅舎やホームもたくさんありました。
郡上八幡の街も奥の方も見れなかったので再訪に期待です。
夏の梅雨明け前に行きましたが季節問わずにまた行きたいという気持ちが強く
またの訪問を楽しみにしつつお開きとしたいと思います。



いつものように最後までのおつきあいありがとうございました。
おしまい。



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 長良川鉄道

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 長良川鉄道 越美南線 岐阜県 郡上市 長良川 温泉

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

近くていらっしゃるから、再訪の機会はありそうですね♪
私も、ずぅっと読ませて頂いて、再訪したくなりました。
「みなみ子宝温泉駅」は下車しなかったので興味深く拝見しました。
電車の接近がわかるから、いい時間にお風呂からあがれますね。

団体客さんと、一緒になってしまう。。 時々ある事です。
四国の予土線に乗った時は、最初から最後までロングシートに団体客さん。
うーん。。 多分静かな景色のいい路線のはずなのに。。
再訪と行っても、なかなか機会がないので困ったものです。

友達とのと鉄道に行ったときは、団体客さんを察知して(笑)下車する駅を変更してなんとか 遭遇せずにすみました。

一番 満足できる シチュエーションは、ボックスシートに一人。
同じ車両にもあと2.3人。 これが一番です。 写真も自由に撮れます。食事もできます。。(笑)

Posted at 22:32:12 2016/10/16 by yume

Comments

おはようございます。

長良川鉄道の旅、お疲れ様でした!
団体客が来るとがっかりしますね。
私も廃止真近の名鉄谷汲線で団体客がどっと
押し寄せ、通勤ラッシュ並みの混雑
で泣いたことがあります。

Posted at 06:34:18 2016/10/17 by りえてつ

Comments

Re: タイトルなし

yume さん

返信遅くなってすみませんでした。

美濃太田までは近いので再訪の機会はあると思ってます。
みなみ子宝温泉駅は駅自体が温泉施設なので次の列車まで時間があるので
残り時間使ってひとっ風呂出来接近時間を利用できますからね。

これは全く予定外でした。
僕も小海線で清里から野辺山で団体ツアーの人たちの巻き添え食らって
ゆっくり車窓を楽しめなかった記憶があります。
あの時は車内が大混雑してかなり苛立っててウォークマン聴きながら
気を紛らわせてました(苦笑)

車内で自由に撮れるのは乗客が少ない時に限りますね。

Posted at 06:40:04 2016/10/18 by burning s

Comments

Re: タイトルなし

りえてつ さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

もうこればかりは仕方ないようですが
団体ツアーのグループが来ると本当にがっかりで落ち着かなくなりますね(泣)

名鉄谷汲線も廃止直前はたくさんの人が来て
ギューギュー詰めだったのを聞いたことがあります。

Posted at 07:06:43 2016/10/18 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks