2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ことでん琴平線 仏生山駅

 【01//2016】

前回のつづき。


夕方6時半すぎて日の入り前に訪問できるのはあと1駅と思いまして
次は仏生山駅にやってきました。
DSC01865_convert_20161020041444.jpg








降り立ったホームは対面式で列車交換が可能です。
DSC01879_convert_20161020042804.jpg



全景を見るとこれに折り返し・切欠きホームもあり2面4線分あります。
この駅始発の折り返し列車もありホーム長も長いです。
DSC01887_convert_20161020043606.jpg



とそこへ高松方面へ行く臨時列車が入りましたがなんと車体は
志度線で見かける車両でした。琴平線の路線色が黄色なだけに
名古屋の地下鉄で走ってたのを思い出してしまいます。
志度線以外で見たのは初めてですが・・・びっくりしました。
DSC01868_convert_20161020053149.jpg



ホームの待合所は造り付けの長椅子に座布団がつけられてます。
天気の悪い日とか濡れたりしないか心配ですがこうした雰囲気はいいですね。
DSC01874_convert_20161020053306.jpg

DSC01881_convert_20161020045635.jpg



構内はとても広くここは仏生山検車区が併設され所属する琴平線・長尾線の
車両が検査や留置され運用上重要拠点の場所であります。
この日は四国上陸時から何度か紹介しましたが高松まつりが行われて
フル稼働してる状態でしたのでガランとしてましたが
日中であったら恐らく留置してた風景を見れたのかなと。
DSC01871_convert_20161020045735.jpg



みんな動いてる中ある車両がポツンと寂しく停まってるようでした。
DSC01888_convert_20161020045835.jpg



その側線には長尾線の車両が止まってましたが
これも名古屋の地下鉄でかつて活躍した車両やないすか!
日中見ないということは朝晩の通勤時に増車しての運用時に
出番が来るということでしょうか。
DSC01885_convert_20161020045817.jpg



全体を見ると一見大きな駅舎のように見えますが実態はほとんどが自転車置き場のスペースで
左端にわずかにあるのみです。建物の大きさだけ見れば利用者は多い証ですね。
DSC01893_convert_20161020050050.jpg



こうしてみると本当に僅かなスペースで営業してるみたいに見えます。
それでも高松市中心街3駅(高松築港・片原町・瓦町)以外で一番の利用者を誇っています。
DSC01892_convert_20161020050026.jpg




駅の外を歩いていたらレトロ電車の1両が止まってました。
前回は瓦町駅で運行する姿を見ることができましたが
今回も留置中だったとはいえ見れてよかったです。
DSC01894_convert_20161020043635.jpg



7時を過ぎきれいな夜空が見えこの日の駅めぐりはここで終わりです。
DSC01899_convert_20161020052929.jpg



滞在時間は30分とじっくりと見物し19:13発の列車で
ここでも(笑)お祭り見物組と共に高松方面へ戻ります。
DSC01900_convert_20161020052942.jpg


13分後高松市中心部にして繁華街のある瓦町駅に戻ってきました。
DSC01901_convert_20161020053011.jpg


ホームはビルの中に立地してて降り立った所には琴平線と長尾線の列車が往来し
志度線はここが起点ですが長い通路で連絡するのですがちょっと歩きます。
DSC01902_convert_20161020053026.jpg



2年前訪問した時はその年の春に天満屋の営業を終えた瓦町ビルでしたが
去年10月に今の名で再オープンを果たしました。
DSC01911_convert_20161020053046.jpg


そういえば栗林公園から一宮で乗った列車の車内にこんな面白い広告がありました。
FLAG=旗なので旗揚げから1年経過しまして高松中心部を引っ張ってってほしいですね。
DSC01819_convert_20161020055817.jpg



戻ってきたのでこれから晩ごはんを食べるためライオン通りという高松の商店街を歩きます。
さっきいた瓦町駅やここに来る途中花火が上がってる音がして
打ち上げ花火がドドーンと響いてました。
DSC01916_convert_20161020053111.jpg


前回来た時は深夜の名店「鶴丸」さんでしたが今回は別の店にしました。
讃岐の名店は山ほどあるので色んなお店の味を楽しまないかんですね。
DSC01919_convert_20161020053124.jpg



冷たいぶっかけや天ざる等いっぱいありますがカレーうどんにしました。
鶴丸さんはシンプルな感じでしたがこちらは具がいっぱい入ってて
夜のさぬき名店めぐりの際は食べ比べをまた楽しみたいです。
IMAG0943_convert_20161020041624.jpg



夜9時を過ぎてもアーケードにはお祭り見物客で人の流れが止まらず
早朝から夕方までの大移動とことでんミニ電車旅で初日は終わりました。
DSC01922_convert_20161020053133.jpg



2日目へつづく


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: ことでん

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : ことでん 香川県 四国地方 名古屋市交通局 讃岐うどん

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

懐かしい。

burning sさんの、ことでん記事。
もう何年も前になる(2008年でした)旅を懐かしく思い出します。
仏生山駅。 見通しのいい大きな検車区のある広々したところでした。
明るい車両が似合っていました。

駅界隈は落ち着いた町でした。


高松まつりの日だったようですが、宿はすんなりと取れたようですね。

何も知らずに長岡花火大会の前夜祭の日に長岡の宿を取る時、どうしてこんなに取りにくいのだろう?と思いました。
駅を降りるなら、多くの人で溢れていて驚き。。駅前の賑わいに驚き。。
食事をする予定だった店に行けば、満員。。
お祭りに遭遇って。。鉄道旅の者にとっては、いいような悪いようなです。。

Posted at 16:47:59 2016/11/01 by yume

Comments

Re: 懐かしい。

yume さん

返信遅くなってすみませんでした・・(猛省)

仏生山駅は検車区があってとても広い構内を持ってて
見ごたえのある駅でした。
当日は祭りの臨時輸送もあってフル稼働状態で留置してる車両の
姿がほとんどなくポツンとさみしく停まっててこの日は運用がなかったのか
何かのトラブルがあったのかわかりませんが寂しく見えました。

そうですね。
高松の宿は3月位にとって行くのわかった時点で速攻でとりました。
花火大会等大きなイベントがあるとどうして取れないだろうと
考えてしまいますが岡山で時間押してマリンライナー乗る時間を
間違えたのも初日の反省点と記事にして自分なりに振り返ってます。

Posted at 06:52:26 2016/11/04 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks