2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

予讃線 伊予西条駅

 【09//2016】

前回のつづき。


観音寺から普通列車に1時間程揺られやってきたのは伊予西条であります。
DSC02116_convert_20161027061949.jpg







2面3線あるホームは予讃線の主要駅の風格漂う雰囲気がマッチしてました。
隣のホームではこの後来る特急列車に乗るためたくさんの乗客がいました。
DSC02120_convert_20161027075809.jpg

DSC02112_convert_20161027074444.jpg



2・3番のりばの上屋は高く古レールを使っています。
のりばのサインも国鉄時代のが残っていました。
DSC02133_convert_20161027074512.jpg



古い跨線橋もこれまた大きな駅らしく立派な建築物です。
この駅も本当にいい味出してると感じながらめぐっていきます。
DSC02110_convert_20161027074335.jpg



とそこへ10:29発の伊予市行きがやってきました。
ワンマン・単行運転で発車前から混雑してましたが俺はこれに乗らずこの後の11:51発に乗ります。
DSC02122_convert_20161027074932.jpg


隣のホームには同じ7000系の観音寺行きが停車中で隣のホームに停まってた
列車から乗る為に来た人もいました。
高松近郊でも見かけますが本来のホームグラウンドは観音寺から西でしょうね。
DSC02132_convert_20161027080024.jpg



ホーム構内には湧水のモニュメントがあり手洗い用と
実際に飲用もでき飲んでみましたが腹壊して旅程に支障を
きたしたくないので1口だけ飲みました。
DSC02118_convert_20161027075831.jpg



3番のりばから先には側線が何本もありそこには運用を終えた車両もいました。
DSC02115_convert_20161027075846.jpg



そこには観音寺から乗った列車が次の運用に出るまでの間休息をとってます。
DSC02129_convert_20161027074905.jpg



いかにも古い小屋のような建物は乗務員・保線員の詰所なのでしょうか。
それにしても味のある風景が連続してますね。
DSC02127_convert_20161027081716.jpg


観音寺方面には古い給水塔が建ってました。
かつてSLが走ってた時代ここで補給するための役割をはたしてたようで
往時を偲ばせることが出来ます。
DSC02128_convert_20161027081539.jpg



駅舎内のスペースは大きくなくコンパクトにまとまってる印象が強く
有人ラッチはあるもののこの時間帯は駅員は窓口側にいました。
DSC02136_convert_20161027074825.jpg



行先案内が改札上にありませんでしたがこちらは希少価値の高い
電照式がついてました。このレトロ感半端ないっすね。
DSC02134_convert_20161027074843.jpg



その駅舎はまさしくザ・国鉄の色濃き建物がありました。
建物自体は3階建てで昭和の時代に建てられたものの立派ですね。
DSC02138_convert_20161027063756.jpg



駅前ロータリーは整備されてるものの街の中心部は少し離れています。
さっきの写真を見ても愛媛県東予地方の代表駅に相応しく風格が漂ってました。
DSC02137_convert_20161027074608.jpg


ホーム内にはこんな看板がありました。
計画上では新居浜かここかで悩んでましたがここに鉄道博物館が
あると知りこっちにしました。
その博物館へ向かいたいと思います。
DSC02130_convert_20161027074537.jpg



つづく



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR四国

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR四国 予讃線 愛媛県 西条市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

往時のにぎわい

長いホームに、何本ものレール、広い構内。味のある跨線橋。
さらに給水塔も。 往時の賑わいが十分に漂ってくる駅ですね。
都会並に人が多ければ、そのせいで、全体像がつかめないけれど、日中に訪れば、目をつむれば往時の姿が見えてくるようで。
駅弁の立ち売りさんの姿も見えてくる。。

そんな駅に出会えた時も、幸せ気分になれます。

Posted at 21:30:25 2016/11/12 by yume

Comments

Re: 往時のにぎわい

yume さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。

伊予西条駅は列車運用の関係もありますが
構内が広く側線も何本もあって跨線橋も古いままで味がありますね。
給水塔があるのはかつてSL機関区があったのではと推測出来
往時を偲ばすだけの雰囲気は持っています。

四国内でまた素晴らしい駅に出会うことが出来ました。

Posted at 05:30:02 2016/11/13 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。