2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

予讃線 北伊予駅

 【27//2016】

前回のつづき。


大手町のダイアモンドクロスを見届け3日目の電車旅が始まります。
DSC02482_convert_20161110062906.jpg


1番のりばの広い構内は特急列車が発車した後ということもあってか閑散としてましたが
ターミナルとしての風格は十分です。
DSC02490_convert_20161110062922.jpg


これから乗る列車を待ってたら四国ディーゼル特急2000系の基礎となった試作車
TSEという愛称がついた車両が側線で停車中でした。
松山から宇和島の「宇和海」に岡山~土讃線へ向かう「南風」が活躍していますが
彼が頑張ったから今があります。
が登場から間もなく30年が近づいてますがリニューアルしながら
8600系のディーゼル版が登場するまでは頑張ってほしいですね。
DSC02491_convert_20161110080900.jpg


これから乗るのは9:45発八幡浜行きです。前の日下灘に行ったときに乗った
愛ある伊予灘線経由の列車であります。
DSC02493_convert_20161110090657.jpg


今度の相棒はキハ54でこの形式を聞くとどうしても北海道の極寒区で
雪に負けず走ってる姿を思い出します。
四国版はコーポレートカラーの水色を纏ってるので穏やかな印象が強いです。
DSC02500_convert_20161110090712.jpg


前日下灘へ向かった時と同じく西へ向かいますが
その途中新しい線路が敷かれてて複線化と共に切り替えを行うのでしょうか。
DSC02502_convert_20161110090726.jpg



松山を出てから最初に停まるのは市坪駅。
反対側のホームは2002年に新たに付けられて上屋も新しく感じます。
DSC02503_convert_20161110090736.jpg


この駅を出てすぐに見えるのが「坊ちゃんスタジアム」でヤクルトスワローズ
年に1度公式戦と秋季キャンプを行っています。
来年も恐らく公式戦が行われますが2年連続トリプルスリーを達成した山田や
2013年に60ホームラン放ったバレンティンが豪快なアーチを描くか楽しみですね。
DSC02506_convert_20161110091128.jpg



次に停まるのは北伊予駅です。
DSC02507_convert_20161110091143.jpg







ここで対向列車と特急の通過待ち合わせの為8分停車。
その時間を使って駅をめぐります。
DSC02510_convert_20161110091157.jpg


前日列車越しで見たように松山行きの列車とすれ違いました。
DSC02511_convert_20161110091321.jpg


ホームは2面2線。ホーム長からして千鳥配置のように見えまして
こちらも屋根なしの跨線橋で結ばれています。
DSC02521_convert_20161110091342.jpg

DSC02518_convert_20161110091408.jpg



無人化され久しいですが板で塞がれた所にかつてきっぷ売り場があったと推測出来るも
塞がれてる事実に寂しさは隠せず目の前にポツンと簡易の券売機が設置されてます。
DSC02519_convert_20161110091501.jpg



瓦屋根の木造駅舎が建っていますが外壁はきれいに補正され
駅名もJR四国オリジナルのが付けられてるので四国らしい改造がなされてます。
左右にあるソテツとのアンバランスさが何とも言えませんね(苦笑)
DSC02516_convert_20161110091436.jpg


構内の中には古い駅名盤がありまして懐かしい雰囲気を残してるようです。
DSC02515_convert_20161110091422.jpg



宇和島行きが停車してるホーム隣には新しいレールが敷かれ
松山駅高架事業の改良により2番のりばの隣にかつてのりばがあり
島式2面3線だった頃の名残が残ってますが今後伊予横田の間に
現在松山駅にある松山車両所が移転することになれば行き違い増強の為
3番のりばを復活させる可能性が高くなり
北伊予駅構内の未来はどうなるか今後の動向を見守っていきたいと思います。
DSC02509_convert_20161124085206.jpg



待ち合わせは松山行きの普通と特急宇和海8号通過後再び列車に乗ります。
8分間でしたが2日目の端岡や伊予寒川で慎重になり過ぎたのもありましたが
今回は余裕があり思い切って反対側のホームに行きいい駅舎を撮れたのが一番の収穫でした。
DSC02524_convert_20161110092925.jpg



北伊予を過ぎますが松前町中心は伊予鉄道郡中線松前駅で
こっちはのどかな田園風景が続いていました。
松前と書き「まつまえ」と言いたいですが「まさき」と読みます。
漢字を見ても北海道最南端に位置する松前町があり
漠然的ながら親近感が沸いてしまいます。
DSC02526_convert_20161110093832.jpg




つづく。
DSC02528_convert_20161110093011.jpg




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR四国

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR四国 予讃線 愛媛県 松前町 坊ちゃんスタジアム ヤクルトスワローズ

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんばんは。

>TSE

現役なんですね。
気がつくと30年選手・・・

制御付き振り子という特色もそうですが
2000系という形式名からも、国鉄流儀から一歩踏み出した
という印象を与えてくれた車両でしたね。


>愛ある伊予灘線

こういう名付け元の自己満足のような路線愛称って
未だに慣れません。
そもそも言いにくくいし、長いし、口にするのが恥ずかしいし。

Posted at 00:07:25 2016/11/30 by ふぐにさん。

Comments

Re: タイトルなし

ふぐに さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

当時最新と言われた制御付き振り子をはじめ
形式名も国鉄色から踏み出した印象が強い車両ですね。
この7年後にN2000系も登場し更に進化しました。

愛ある伊予灘線は悪い愛称ではありませんが
最近流行の長い名称で言いにくいです。
もっといい名前があったんじゃないかなと思いますね。

Posted at 02:20:16 2016/12/01 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。