2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

予讃線・愛ある伊予灘線 伊予上灘駅

 【29//2016】

前回のつづき。


北伊予を出て単行ディーゼル車は向井原から再び愛ある伊予灘線に入ります。
DSC02530_convert_20161110093852.jpg



前日同様獣道を進んで行きますがこの日は全区間を通しで乗ろうと考えてました。
言い方を変えれば伊予大洲まではこの列車に乗っていくということですね。
DSC02537_convert_20161110093909.jpg



愛ある伊予灘線の愛称名がつく区間の最初に停まるのは高野川駅。
掘割に緑が覆われてますが5月になるとツツジの花が咲き乱れ
鉄道撮影スポットとしても有名だとか・・・。
DSC02541_convert_20161110093923.jpg


高野川駅を過ぎると前日夕方訪問した時同様伊予灘の海が見えました。
DSC02545_convert_20161110093937.jpg



高野川を過ぎ海岸沿いの風景が見えた所で伊予上灘駅に着きます。
DSC02550_convert_20161110094025.jpg








ここでも対向列車の待ち合わせの為10分の停まるのでその間駅巡りをします。
DSC02555_convert_20161110094207.jpg



対面式の2面2線のホームがあり構内はカーブしています。
DSC02556_convert_20161116110210.jpg
DSC02561_convert_20161116110227.jpg



配置が若干ずれていていわゆる千鳥配置のレイアウトで
構内は踏切で結ばれてますがかつてここに急行・特急が行き来してたのが
信じられない寂れ方をしてるもののいい味を出してるように見えます。
DSC02558_convert_20161116105943.jpg


構内には使われなくなった廃レールや枕木が留置されてました。
それにしてもここも広い構内であるのは何か関係があったのでしょうか。
DSC02553_convert_20161121021813.jpg




無人化され久しく例のごとく窓口は板で塞がれています。
DSC02575_convert_20161116111856.jpg


伊予灘ものがたりの暖簾と共にあるラッチがかつて駅員が配置されてたことを知る
唯一の手掛かりで在りし日の伊予上灘を偲ばせてます。
DSC02576_convert_20161121013741.jpg



開業当時からある瓦屋根の木造駅舎が建っていますが
伊予市駅同様入口に鉄骨のアーチが付けられています。何の意図があるのでしょうか。
DSC02568_convert_20161121021136.jpg

DSC02564_convert_20161116111838.jpg



駅前には商店が1店構えてて小さいながら元気に営業してました。
現在は伊予市に編入されてますが旧双海町(ふたみ)の代表駅でありました。
DSC02572_convert_20161121021200.jpg



主要県道に面してるこの先に国道378号線と合流します。
この近辺も小さな集落が形成され生活感が出てるような感じでした。
DSC02573_convert_20161121022843.jpg



10分と待ち時間としては長めの時間を活用して駅をめぐりまして
反対側のホームに松山行きがやってきたので列車に戻って次の駅に向かいます。
DSC02582_convert_20161121021750.jpg




つづく。
DSC02583_convert_20161121022859.jpg





ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR四国

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : JR四国 予讃線 愛ある伊予灘線 愛媛県 伊予灘

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks