2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

予讃線・内子線 伊予大洲駅

 【03//2016】

前回のつづき。


伊予灘と肱川の風景を満喫し伊予大洲にやってきました。
DSC02685_convert_20161121045406.jpg






松山から乗ってきた列車はここで8分停まりますがこの列車とはここまでです。
DSC02686_convert_20161121045418.jpg


反対側のホームには伊予大洲停まりの列車がやってきてこの後来る列車の
待ち合わせの乗客がいました。
DSC02691_convert_20161121050633.jpg


その数分後特急宇和海がやってきました。
アンパンマンの塗装がされてない2000系が停車中でした。
DSC02695_convert_20161121050616.jpg


ホームは2面3線。ホーム長も長くさっき停まっていた特急も停車する駅です。
DSC02696_convert_20161121051817.jpg



ホームの上屋は古レールを再利用してていい味出していますね。
DSC02699_convert_20161121052742.jpg



宇和島方面寄りに古い跨線橋がありこちらも立派な物が建ってました。
DSC02689_convert_20161121052711.jpg


ホームの一角には鵜飼のオブジェがありまして
鵜飼と聞き真っ先思いつくのは岐阜の長良川が一番有名ですね。
ここ大洲市も夏場に鵜飼が行われ川下りしながら堪能しています。
DSC02697_convert_20161121051835.jpg


改札口には木製のラッチが設置されてます
事前にネットで調べたのと何か違うなと感じましたが
2014年度に改装工事をしたとのことで綺麗になりました。
ラッチ上には大洲市内中心を鉄橋で渡る伊予灘ものがたりの
大きな写真パネルが展示されてます。
DSC02700_convert_20161121053703.jpg


行先表は四国・・・北海道の端の方で見かける吊り下げ式でした。
こちらも伊予灘ものがたりデビューに合わせ変えられたのでしょう。
DSC02701_convert_20161121053727.jpg


伊予の小京都と言われ古い町並みをもつ大洲に合わせ白壁の武家屋敷風の
KIOSKは残念ながら閉店されました。
予讃線の大きな駅同様セブンイレブン-キオスクとして生まれ変わるのか気になります。
DSC02702_convert_20161121053757.jpg



比較的大きめの木造駅舎が立ってて駅名看板も新しくなったようで
ロータリーも整備されてて特急も停まる主要駅の風格が漂っています。
DSC02706_convert_20161121053846.jpg



駅前通りは小さな商店街が形成されていますが
それにしても真ん中辺りにある鳥居が気になります。
この近くに神社かお寺でもあるのでしょうか。
DSC02705_convert_20161121053818.jpg


次の列車の出発時間が近づいてる中跨線橋から先には大洲城が建ってます。
駅から歩いて20分と結構遠くにあります。
本当はこの先の八幡浜・卯之町・宇和島も行きたかったんですが
今夜のフェリーのことや松山中心部や伊予鉄道のフリーパスの
元を取ることを優先する為ここから引き返しますが
四国で一番西にやってきまして正直ここまで行けるとは思ってませんでした。
DSC02709_convert_20161121053934.jpg


一角には伊予大洲から伊予市までの路線図があり
内子経由とさっき乗ってきた伊予長浜経由があります。
伊予長浜経由はかつての本線で旧線と呼ばれ内子経由が新線と呼ばれています。
DSC02714_convert_20161121054007.jpg



滞在時間25分ほどで伊予大洲とお別れの時間が近づきました。
次の乗るのは11:45発松山行き。内子線経由かつ現在の本線回りで松山に戻ります。
DSC02712_convert_20161121054026.jpg


伊予長浜方面の線路とお別れし内子線へ入ります。
DSC02717_convert_20161121054102.jpg


内子線に入って最初の新谷駅で2分ほど停車します。
その間を利用して駅を駆け足でめぐってました。
DSC02724_convert_20161121054118.jpg



その通過した宇和海の車両はアンパンマン列車でした。
四国内にはアンパンマン列車をどこでも見ることが出来
一昨年9月に徳島線特急剣山に乗ったときはアンパンマン編成も入り
家族連れの乗客で賑わってたのを思い出します。
が俺は途中で寝落ちしてしまうという醜態をさらしてしまったので
いつの日かのリベンジ乗車できる日を待ち焦がれています。
DSC02727_convert_20161121054145.jpg


愛ある伊予灘線と打って変わって内子線は山沿いの風景が連続します。
旧線が海線、内子・新線が山線という言い方の方が合ってるかもしれませんね。
DSC02730_convert_20161121054248.jpg



20分後線内中間駅では唯一特急が止まる内子に着きます。
DSC02736_convert_20161121054325.jpg



列車越しから駅前の風景を眺めますが内子はさっきまでいた
大洲同様白壁の街並みで有名でここも降りたかったですが先を急ぎます。
DSC02735_convert_20161121054342.jpg




内子を出たら内子線から予讃新線という現在の予讃線区間に入ります。
1986年今の愛ある伊予灘線区間に変わってバイパスルートで開業しました。
規格も高く鉄道公団が造った新線の雰囲気を感じます。
DSC02740_convert_20161121054447.jpg


伊予立川を過ぎると松山自動車道の高架橋と小さな川を挟み
国道56号線・大洲街道と共に進んでいきます。
DSC02746_convert_20161121054541.jpg



伊予中山駅は特急停車駅として造られたためホーム長が長い駅です。
目の前には地元の物産が集まった特産品センターがあります。
DSC02751_convert_20161121054556.jpg



国鉄末期に造られてこともあって無機質な感じで窓口跡には
例外なく板で塞がれてますが実際には特産品センターできっぷの委託販売してるそうです。
DSC02752_convert_20161121054606.jpg


伊予中山を出ると四国内で一番長い犬寄トンネルを経て伊予長浜経由の
線路と前日から通算し三度合流します。
DSC02758_convert_20161121054634.jpg


1時間弱要し12:53松山駅に戻ってきました。
日を跨いで愛ある伊予灘線・下灘・伊予大洲・内子線を訪問しました。
夕方松山出るまではフリーなのでとりあえず市電に乗ることにします。
DSC02762_convert_20161121054650.jpg


つづく。
DSC02793_convert_20161121054826.jpg




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR四国

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR四国 予讃線 愛ある伊予灘線 内子線 予讃新線 愛媛県 大洲市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

東京の京急電鉄と相模鉄道ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに京急・相鉄では美少女戦士セーラームーン、京急ではフレッシュからGo!プリンセス、魔法つかいまでのプリキュアとキラキラプリキュアアラモードの電車を走らせるそうです(京阪と富士急との間で機関車のトーマスの対決はあるがアンパンマンの対決は無く、1994年と1995年に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)で8000系や今はなき6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急や相鉄がアンパンマン列車を走らせる予定はない(京王や相鉄の8000系電車は特急の他に急行・快速・各駅停車としても走っている))。
理由として、やなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少していることと、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつての京急1500形電車や相鉄8000系電車の事故廃車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセラムンやプリキュア、相鉄沿線にはアンパンマンがきらいでセラムンが好きな人が多いためです。

Posted at 18:23:03 2017/01/07 by まいndo

Comments

Re: タイトルなし

まいndo さん

コメントありがとうございます。

そうなんですね。
鉄道会社ごとによってイベントで使うものがことなってるので
これはまた面白いですね。

自分も一昨年夏京阪で8000系はじめ機関車トーマスのイベントをやってるのを見ました。
今年やるかどうか確認してませんが見れることを楽しみにしています。

Posted at 07:47:07 2017/01/09 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks