2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

予讃線 松山~三津浜駅・粟津駅

 【09//2016】

前回のつづき。


3日目も夕方5時半を回り今夜フェリーで本州に帰らなければ行けないので
余った時間を使い行ける限り駅めぐりをします。


コインロッカーに入れていた荷物を出しホームへ戻り17:57発まで待とうか考えてましたが・・・。
DSC02864_convert_20161124080343.jpg


目の前に17:40発多度津行きが停車中でしたのでこれに乗り駅訪問後に来る
今治行きに乗ろうとこの場で考えました。
DSC02865_convert_20161124080406.jpg



松山の街も広い構内を持つ車両区も再訪実現までのお別れであります。
また会おう。See You Next time!
DSC02866_convert_20161124080429.jpg


列車は出てからさっきまでいた伊予鉄高浜線と少しだけ並走しまして
西衣山駅の辺りでクロスして別れます。
DSC02873_convert_20161124080553.jpg


5分後三津浜駅にやってきました。
DSC02875_convert_20161124081031.jpg








といいましても到着してすぐに発車せず対向列車の待ち合わせの為2分停まり
その後松山行きと交換が行われました。
夕方の時間帯に入り日中ワンマンだったのが車掌もいての運用でした。
DSC02880_convert_20161124081702.jpg


対面式のホームはホーム長も広いですがかつて2面3線はあったのではないかと
推測できるだけの広さを持っています。
松山寄りの所に安定の屋根無し跨線橋がありました。
DSC02882_convert_20161124081724.jpg

DSC02886_convert_20161124083402.jpg



反対側のホームには半オープン式の待合室があり
これも今回の予讃線電車旅で幾度となく見た風景です。
よく見ると古い長椅子が3つ用意されてる所でまたいい味出してますね。
DSC02878_convert_20161124081818.jpg


窓口があった場所はカーテンで閉められており一度無人化され
民営化後何年か経って再度駅員配置されたものの2010年再無人化されました。
DSC02896_convert_20161124083047.jpg


大きな木造駅舎が建ってましてロータリーも整備され目の前にはタクシーが在中してます。
お盆休みが終わるのが早い人達の帰省ラッシュが始まった時期いうのもありますが
自転車の止めてる台数を考えても利用者が多い駅という印象が強いです。
DSC02887_convert_20161124083110.jpg


建物の左半分はうどん屋さんがあります。夕方を過ぎ晩ごはんどうしようか
考えてしまいここで食べていってもいいですがそうすると駅めぐりが出来なくなるので
泣く泣くあきらめました。
DSC02888_convert_20161124083136.jpg



17分後当初の計画で松山から乗る予定だった今治行きに乗ります。
DSC02898_convert_20161124083417.jpg


道中には愛媛県といえばこれというほどの「ポンジュース」の工場を通過します。
噂で聞いても愛媛の家庭にはポンジュースが蛇口から出るという都市伝説もいわれてますが
製造元であるえひめ飲料では本当にジュースが出る蛇口を造ったのです。
ホテルで食べた朝ごはんでもしかすると飲んだかもしれませんが
駅構内や空港の一角でお目にかかれたらグビっと飲んでみたいです。
DSC02902_convert_20161124083440.jpg


堀江駅は箕浦駅以来久しぶりに貨車を使った駅舎を見ました。
保存状態も綺麗でまだまだ活躍できそうですね。
目の前では車掌が改札業務を行ってました。無人駅で降りる人達も
地元に住んでるものと思われワンマン化が進む中鉄道の日常の風景の一つで
1日も長く見れることを祈りたいです。
DSC02906_convert_20161124083513.jpg


堀江駅を出ると夕暮れの海の風景を眺めることが出来ます。
前日昼は暑さからくる疲れで見れずに行っちゃったのでリベンジを果たせました。
DSC02907_convert_20161124083625.jpg


次に停まるのは粟井駅です。
DSC02911_convert_20161124083642.jpg






ここでは7分停車しまして乗務員の人達も反対列車が来るまで
雑談をしてました。2人ながらチームワークの良さというのを感じました。
DSC02913_convert_20161124083728.jpg


こちらも対面式のホームで三津浜同様屋根無し跨線橋と
反対側に古びた待合室がありました。
四国の無人駅の標準な設備だけはこの時点ではそろってるようでした。
DSC02914_convert_20161124083741.jpg


到着直後特急しおかぜ17号が通過しました。
思えば特急しおかぜは幾度となく見てますがほとんど8000系ばかり見て
8600系は初日夕方の高松と松山の車庫でちらっと見たくらいです。
考えてみるとこの時期は多客期で高松始発の列車は多度津までしか行かなくて
8両すべて岡山まで乗り入れてるのでそら見ないですねぇ・・・(苦笑)
DSC02915_convert_20161124083757.jpg



四国では珍しいレンガ調の駅舎が建ってました。
一見簡易のように見えますが事務所らしき跡もあってかつて駅員が配置されてたのでしょうか。
それにしてもおしゃれな外観の建物が建ってるように見えました。
DSC02917_convert_20161124083825.jpg



駅前にはタクシーが数台停まってて町の中心という感じがしますが
夕方の帰省の為待機してるという方が合ってるかもしれませんね。
DSC02919_convert_20161124083903.jpg


7分後文字通り松山行きがやってきて短いながら駅巡りは時間切れです。
停まったホームが駅舎側であったこともありいい建物を見ることが出来ました。
DSC02922_convert_20161124083917.jpg



松山を出て幸先よく2駅訪問することが出来
日が暮れるのは7時過ぎ後1駅は訪問できそうな感じがすると
言い聞かせながら次の場所へ向かいました。
DSC02925_convert_20161124085129.jpg



つづく。



ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: JR四国

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : JR四国 予讃線 愛媛県 ポンジュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks