2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

四国オレンジフェリーで本州に戻る 東予港~大阪南港

 【15//2016】

前回のつづき。


四国の電車旅は終わり今夜はフェリーで一夜を過ごします。


壬生川駅からタクシーでオレンジフェリーのターミナルがある東予港にやってきました。
夜8時半過ぎ目の前にはお盆のお休みから帰省する車の行列がありました。
DSC03005_convert_20161128064228.jpg



目の前には今晩お世話になる船舶が停まってましたが大きな船ですね。
DSC03001_convert_20161128064250.jpg



乗船手続きを行うカウンターには手続きをするため必要事項を書いてる人の姿がいて
お盆の多客期で予約はネットから行ないことをHPで知り2ヶ月前当日に
直接電話で予約をとり乗船書も印刷し記入済みで出すだけにしたので順番を待ってました。
この日は満席御礼で予約開始から1週間経たない内に完売になったのを
後日オレンジフェリーの空席を調べてわかりました。
DSC03002_convert_20161128064212.jpg


東予港を出るのが22:30で大阪南港に着くのが6:10ですが
20時から船舶に入れ朝8時までゆっくり休憩出来るのがありがたいですね。
DSC03003_convert_20161128064237.jpg


手続きを済ませて券を発行してもらい乗船します。
フェリーに乗るのは3度目の北海道に行った時以来であります。
船内がどんなのか楽しみにしながら向かいましょう。
DSC03006_convert_20161128065743.jpg


中に入るとホテルのロビーを思わせる造りでとても豪華ではありませんか。
DSC03010_convert_20161128065805.jpg

DSC03012_convert_20161128065943.jpg



フロントでカギをもらって部屋に直行し荷物を置いた後
時間もたっぷりあったので船内の客室を見ることに。
DSC03011_convert_20161128065815.jpg


客室図を見ると3階建てですが3階がエントランスで5階が最上階ですね。
DSC03016_convert_20161128070337.jpg


最初に来たのは2等室。いわゆるざこ寝のお部屋ですが夜間の航路なので
1席分ずつ枕と布団が用意されてます。
DSC03015_convert_20161128070404.jpg


次に向かったのが2等寝台。かつてあった寝台列車のB寝台を思い出すんじゃないでしょうか。
2等寝台料金が6690円です。JRの寝台乗ろうと思うなら寝台券だけで6500円ほどし
これに運賃やらと上乗せされるので乗車率低いのも納得です。
DSC03023_convert_20161128070620.jpg


今夜寝泊まりするのは特等室Aシングルルームであります。
おれんじ7と8との一番の違いは仮にこの日が8だったら2等寝台にしましたが
運行スケジュールで7に当たるのがわかった時点でここにしました。
DSC03017_convert_20161128070508.jpg



特等室Aとはいえ1人部屋なので間取りは広くはないものの
1人旅するには十分なスペースですね。
DSC03019_convert_20161128070520.jpg


浴衣やアメニティーなども完備され10800円でしたが個室のお部屋で
ゆっくり出来るなら十分なお値段です。
出発の時はベッドで横になりながら大阪南港に着くまでゆっくり出来そうかなと思いました。
DSC03018_convert_20161128070548.jpg


満席だったとはいえ一応おれんじ7の部屋タイプの種類を紹介しておきます。
特別室は本当にスイートルームそのものでお高いけれどゆったりと船旅を満喫出来そうですね。
DSC03025_convert_20161128070348.jpg


フェリーには大浴場があることを忘れてはいけませんね。
この長旅の疲れを少しでも癒しておきたいのでひとっ風呂浴びてきました。
DSC03027_convert_20161128070654.jpg


寝台に乗った経験は一度だけでしたがフェリーは施設も充実してます。
シルバーフェリー乗った時はオートレストランでしたが
こちらレストランが併設されメニューも豊富であります。
DSC03013_convert_20161128070001.jpg


昼ごはんを2時過ぎに食べて以来何も食べてなかったのですが
とりあえずカツ丼とうどんをいただきました。
中でご飯食べてる時ビールなど酒飲みの人達が出来てたのを覚えてます(苦笑)
俺は全く飲めない人なのでご飯が食べれれば十分でした。
IMAG0999_convert_20161128064058.jpg


出港まで時間はまだあるので最上階の展望室に行きましょう。
DSC03028_convert_20161128070716.jpg


最上階はラウンジのような席が並んでて売店等で買ったものを
飲んだりして歓談する人達がいました。
この日も好天でデッキ上の空も雲がなく綺麗な夜空を眺めれました。
DSC03031_convert_20161128070733.jpg



対岸にあるのはこれは工場地帯でしょうか。
夜の工場の風景で思い出すのは苫小牧の工場群の風景ですね。
DSC03029_convert_20161128070814.jpg


この先にあるのが西条市東予の町の灯りのようですね。
感度を高い設定にしシャッタースピードを1秒で撮る時は集中力が必要で
撮れるまでに切らすと手ブレの酷い画になるので奥が深いと思いながら撮り
画見ても甘いと己の腕がまだまだだなと知らされました。
DSC03030_convert_20161128070903.jpg


いよいよ四国とのお別れが近づいてきました。
想定外の大混雑により瀬戸大橋通過が遅れたことから始まり
ことでん一宮駅での夕暮れ、四国鉄道文化館に寄ったこと
下灘駅・伊予鉄大手町のダイヤモンドクロス。愛ある伊予灘線の素晴らしき風景と
走馬灯のように4度目の四国は猛暑の中でしたが素晴らしい出会いがあったと振り返ってます。
5回目の四国巡礼が出来る日を楽しみにしながら東予港を22:30出港しました。ありがとう四国。
DSC03035_convert_20161128070935.jpg



夜10時半に出て途中1度だけ目覚めたものの再び睡眠をし気がついたら
部屋の中で疲れが抜けないのか慣れない船旅を想定して持ってきた酔い止めの薬が
強すぎて思うように起きれずの気がついたら大阪南港に着いてました。
朝風呂済ませロビーに出たら船内休憩可能な時間が後10分位でした。
DSC03037_convert_20161128070958.jpg



ホテルのような素敵なエントランスを持つ階段も朝の日差しが入ってますが
疲れが溜まってて足取りも重いまま着いてしまったようでした。
DSC03038_convert_20161128071522.jpg


楽しみにしていた朝食バイキングも入場時間の最終が7:30までで時既に遅しでした(泣)
DSC03040_convert_20161128064653.jpg



フェリーから外に出たのは8時直前。
ギリギリ・バタバタ感満点の中おれんじ7とのお別れをしました。
DSC03046_convert_20161128071611.jpg


フェリーターミナルの建物に向かう途中にはコンテナが並んでます。
貨物の取り扱いも多く大型サイズの物も停まってました。
さすが関西の物流の拠点という感じがしますね。
DSC03047_convert_20161128071634.jpg



南港フェリーターミナル内の出口にやってきました。
椅子はたくさんならんでますが数を数える位の人数しかいなく寂しさが残ります。
DSC03050_convert_20161128064643.jpg



四国から本州へ3日ぶりに戻ってきました。
大阪南港は初めて訪問しまして大きなフェリーターミナルであることは
隣に停まっていた名門大洋フェリーの船舶を見れば一目瞭然でした。
とはいえ帰るにはここから大阪中心部まで戻らなければなりません。
戻って来たとはいえお盆の暑い旅はまだまだ続きます。
DSC03053_convert_20161128071728.jpg



最終日へつづく。
DSC03055_convert_20161128064627.jpg
(記事更新時載せ忘れた為12/17追加しました。)


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: フェリー旅

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : オレンジフェリー フェリー 愛媛県 大阪府 大阪市

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

オレンジフェリー

暫く、ネットには軽く入っていただけで、久しぶりにゆっくりこちらにお邪魔したら、あら? もうお帰りだったんですね(笑)

オレンジフェリーは、新居浜へ行く時に、大阪南港~東予港まで乗船したので懐かしく拝見しましたよ。
私は2等寝台でしたが、ゆっくりと寝る事ができました。
やはり体をのばしてゆっくり眠れるので夜行バスよりずっといいです。
来年は、九州三日間のバースデー切符の旅でもしようか。。ならフェリーがいいかも。。なんて 考えます。

オレンジフェリー本当に豪華でしたね。友達は出航直前にしか到着できなかったので、私は早々とお風呂に入り船内をうろうろしていました。

フェリーに乗ると、どうしても 日の入り、日の出がみたくなって(笑) いつも寝不足になるんですけどね。。。

Posted at 18:21:11 2016/12/20 by yume

Comments

Re: オレンジフェリー

yume さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

はい(笑)しばらくご覧頂いていない間に四国からの帰郷へと入りました。
運良く1人個室のある船舶に当たったのですが仮に当日入ってなかったら
2等寝台にしていたのかもしれません。
疲れは残ったもののゆっくりフェリー旅の時間を過ごすことができました。
11月に夜行バス乗りましたが道中カーテンが閉まり消灯してる車内で
自由に動けないのでやっぱりフェリーって考えますね。

そうですね。
エントランスから入ってすぐのロビーは本当に豪華な造りしてまして
一瞬ホテルに来たのかと思ってしまいました。
中入ってからは時間もあったのでゆっくり船内散策できたのが一番でした。

Posted at 04:01:51 2016/12/22 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。